死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2005.04.23 18:37
タイトル注:TMR、西川貴教が言いたかったために再現された名セリフ「ザクとは違うのだよ!ザクとは!」※のパロディ。
※Gacktは困ったときに頭に浮かぶセリフらしい。
zakutoha1.jpg
再現VTR(ハイネ貴教「ガンダムSEED DESTINY」)
zakutoha2.jpg
元ネタ(ランバ・ラル「機動戦士ガンダム」)

さて本題
榊原機械という会社で二足歩行ロボットを開発したそうで、それを3600万円で販売してもいいよ、というニュース記事を見つけた。

元記事:YOMIURI ON-LINE
 空気砲2門も装着し、外観はアニメ「機動戦士ガンダム」に登場するロボットそっくり。同社は「体感型のゲームロボットとして普及させたい」と話している。

く、空気砲?
ひょっとして、でんじろう先生の?
それとも、ドラえもんの?

まぁ、空気砲はさておき(いいのか)、外観だ、外観。
榊原機械はひとこともガンダムとは言っていないが、記者はガンダムに登場するロボットを想像したらしい。・・・というかガンダム登場以降ロボットはなんでもガンダムになったから(ゲームをファミコンというようなもんだ)、マジンガーZと言わないというだけで年齢が絞られそうだ。

どうも、足を見る限りザクかドムと思われるが、体がどう見てもダグラムかアーマードコアにでもでてきそうな形状だがなぁ・・・。ロボコップのED-209とかにも似てるかもしれない。
zakuasi.jpg
参考:ザク改の足


榊原機械(動画、壁紙、BBSまであります)のサイトに詳しい情報が。
 今の大人たちが、小さい頃、憧れていたロボット・・・
 【いつか、自分で操縦できるロボットに乗りたい!】を実現させた
 リアル体感ロボット『LAND WALKER』


どうやら、本気で少年のような夢を持って開発したらしい。ガンダム雑誌とかでは、すぐ大型ロボット開発者にガンダムなどのロボットを意識してないかと質問して「ロボットは産業用機械であってそれ以上ではありません」とか鼻で笑われることがよくあるが、榊原機械の技術者は意識してるらしい。
世間は腐るほど出るガンダムゲームでそれを再現しているが、それは気にしないことにしよう。


空気砲を銃に変えるだけで大量殺戮マシーンのできあがりなんだが、まぁトラックだってミサイル載せりゃミサイル発射台になるからな。個人的には好きな流れではないが止まらない流れなのも事実だから、平和な国以外には輸出しないという決まり事でも作ってくれた方がいいかもね。

価格が3600万円と、軍事用機械(戦車)として考えればそう高くないかもしれないが、ホビーとして買うには少し高めですな。
しかし、世の中色んな人がいるから買う人がいるかもしれないし、梅沢春人漫画の新たなリンチプレイ(※)に使われるかもしれません(←ないない)。
※スタンガンで相手を逃げる様を楽しむ「スタンガンダンス」やハリガネムシという寄生虫を爪の間に入れる「ハリガネムシプレイ」など、少年誌の割に強烈な拷問。

意外とブッシュ大統領が買ってテキサスの荒野で乗り回すかもしれない(←なぜに)。

今のところスペックが
 動力:250ccガソリンエンジン
 燃料タンク:7リットル
 移動方法:すり足歩行
 移動速度:時速1.5km/h

と、とても戦闘で使える代物ではないだけにまだまだ安心ですが、10年後にはイランで実戦テストが行われていないことを祈ります。

 近いうちロボット対戦(ゲーム)が、現実のものに・・・!?
という榊原機械の言葉を信じて、富士急ハイランドあたりで配備されるのを待ちましょう(←だからなぜに)。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。