死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2005.05.31 23:52
 レビュー1:パビリオン概要
 レビュー2:シアターの作品としての評価
 レビュー3:観たあと...万博での「体験」
 レビュー4:「忘れられない体験=万博」への示唆

【概要】
 このパビリオンは、赤十字国際委員会、国際赤十字・赤新月社連盟、各国赤十字社・赤新月社によるパビリオン。赤新月社というのは、赤十字社と同じ組織である。赤十字の十字が十字軍を思い起こさせるという理由で、イスラム圏ではトルコの国旗に使われている月のマークを反転して用い、赤新月と呼んでいる。万博であるので、国際赤十字・赤新月という表記を取っているのだろう。
 場所:グローバル・コモン2
 収容人数:(たしか)40人単位(並んでいるときにリーフレットを配られ、渡された人だけ入るという仕組み)。ギャラリーとシアターの間でさらに待たされるために、正確にはギャラリー40人+シアター40人+αということになる。


【内容】
 このパビリオンは「ギャラリー・ゾーン」「マインド・シアター」「メッセージゾーン」「スーベニア・ショップ」の4つのエリアによって構成されている。メインは映像を眺める「マインド・シアター」になるのだが、このシアターは秀逸であるが語り出すと長くなるので、次回にその詳細を譲る。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。