FC2ブログ

死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2005.12.24 23:40

 「刃(やいば)を返す」という言葉がある。

 日本人なら誰しもが日本刀には「刃」と「峰」があり、峰の方では人が斬れないことを知っているでしょう。「峰打ちじゃ、安心いたせ」は時代劇には欠かせないワンシーンですね。そしてこれは、実に日本的な考え方と言われ、手に入れた駒をまた戦力にすることができる日本の将棋と、手に入れた駒は二度と使えないヨーロッパのチェスや中国の将棋との差異などに象徴されているとも言われています。
 今日はそんな日本刀の二面性を、「逆刃刀」という特殊な日本刀を使い、ストーリー内で表現した作品の『表現術』を見ていこうと思います。

 とりあげる作品はこちら

るろうに剣心―明治剣客浪漫譚 (巻之1)
和月 伸宏
集英社 (1994/09)
売り上げランキング: 57,813

 ご存じの方も多いかもしれませんね。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。