FC2ブログ

死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

2006.06.28 23:29
 パソコンのテレビをつけたら、NHK総合がついて、いきなり永井豪(マンガ家・代表作『デビルマン』)の絵が、井上陽水のヘンな歌をバックに流れていた。どうも『あの歌がきこえる』という15分番組のようだ

 なぜいきなりこのデジタル放送時代に70年代のマンガ絵のパン&ズームなのかとビックリしたが、それよりもなによりも、この歌にこの絵はなんだ?

 永井豪(とダイナミックプロ)が、懐かしのレコードを聴く絵とか、ラブレターを書く絵とか見ると、物凄く違和感がある。で、そのバックに流れる井上陽水の歌『氷の世界』というのが、また、気持ちよい気持ちにさせる歌ばかりの昨今ではお目にかかれないくらい、個性的な歌詞(褒めてる)。
人を傷つけたいな 誰か傷つけたいな
だけど出来ない理由は やっぱりただ自分が恐いだけなんだな

そのやさしさを秘かに 胸にいだいてる人は
いつかノーベル賞でももらうつもりで ガンバッてるんじゃないのか

 で、その歌と、読者からのその曲にまつわる思い出エピソードを、「あの頃の雰囲気をもった」マンガ家に絵にしてもらう、という、ある意味、凄い贅沢な番組。しかも、かなり質が高いんだこれが。まぁ、でなきゃ有名マンガ家(永井豪・赤塚不二雄など)が参加しないだろうけど。
 誰だ、どうせアシスタントが描いてるんだろとか言ってる人は?

 ちょい見だったので笑うしかなかったが、これはきっと感動的なエピソードなはずだから、次回からはきっちり見てみようと思う。

 ナビゲーターが佐野史郎なんだけど、なぜか得体の知れないコスプレをしていて、雰囲気台無しだと思うがどうなのだろうよ?

 思い出と思い出のコラボレーションとでも言おうか、そんな番組だった。
スポンサーサイト



web拍手 by FC2