死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2007.03.31 23:24

 植木等が亡くなったということで、追悼番組とか内容が結構あるようである。

 真面目な人だったというコメントばかりが目につく・・・・そうだよねぇ、本当にいい加減な人なら「飽きた」といってどっか消えてしまうよね。

 やりたいことをするってのは結構難しい。だから大人になるとみんな妥協を覚えていくんだろうけど、彼の場合は妥協というよりも、一つの、挑戦だったのかもしれない。

 植木等と言えば「名古屋嫁入り物語」という世代(つーか場所)なので、そういうイメージの方が強いのだけれど、「スーダラ節」のイメージで見られたことが多かったというのは、とにもかくにも、若い世代の声をもっと聞かせてあげたかったようにも思う。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2007.03.30 23:59

 仕事終了ということで、たまにはぐっすりとと思っていたのに意外と早く起きる。
 というか、腰から背中にかけてバリバリで寝ていても心地よくもない。

 とりあえず新しい仕事には住民票がいるということで区役所まで歩いていったわけだけれども、これが後悔。ひさびさのお散歩ということで面白いモノを見つけたりとかしていたけれどもだ、歩くのがツラい・・・・・なるほど、病気になった人たちの気持ちはもっときついんだろうなぁと入院もしたことのない私はほんのちょっとだけ人の痛みがわかった気になる(中小企業の職場体験をする総理大臣みたいなもんだ)。

 うん、いつもより切れ味爽やかな皮肉。

 そんな私はマッサージをしてもらい、やっぱマッサージって高いなと思いながらもその技術があるのにそれを金にしない私は、隣から聞こえる他の客と店員の会話を聞いていて、こういうのめんどくさいよなぁ・・・と思うほど人と話すのがおっくうな人間。まぁ合えばいいんだけど、合わないとほんと、難しい。

 そんなディスコミュニケーションのプロである私は今日面白いモノを発見したワケよ(だから前フリ長いよ)。思わず外国人の人が買い集めてしまうぐらい凄いやつよ。

 書いても消せるボールペン!「フリクションFRIXION」

 しかもインクで消すとかじゃなくて、ペンの後ろについているゴム部分でこするだけ。

 うそ~と思うかも知れないけど、これホントよ。摩擦熱で消えるんだとさ。だから、寒冷地だと文字が出てくるという・・・・悪口書いても消せるけど、寒いトコもってったらばれちゃうという・・・・←どんな使い方やねん!

 蛍光ペン版もあるよ。マーカーだらけの本が恥ずかしくなっても大丈夫。

web拍手 by FC2
2007.03.29 23:59

 仕事最終日。
 まだ、お仕事は残っているけど、給料をもらう仕事はこれで終わり。ということであいさつ回りをするけれど、辞めること知らない人がいたりとかで、どことどこが繋がっているのかという人間ネットワークが見えて面白いと思ったりもするが、人と接しない私もきっと同じような目に遭うのだから人のこと言えない。

 さて、プロ派遣が称賛されるように世間は自分のためのドライな仕事をこそ礼賛するけれど、私の場合はあえて時間外(しかもバイトなので越権)にもかかわらず、自分が「これをするべきだ」と思ったことは金になる・ならない関係なく仕事することにしている。

 確かに体はすぐボロボロになるのできっと早死にするだろうが(生き急いでいると言われることもあるが)、少なくとも「私が」したいと思ったことなので、ストレスはたまらない。むしろ、感謝されたり尊敬されたりするわけだから、思った以上に得るものはある。そういう意味では凄く善人のように見えて、凄く強欲なのかもしれないな。

 もちろん私がすることで狙ったように(店舗の運営方向として)いい方向に向いてはくれないがそこまで求めるのは酷だろう。世の中、理想と現実の絶妙なバランスは必要だ。・・・・っと話がそれたが、そんなこんなで、皆から引き留められたり深々と礼を言われたりしながらも、この先があることを知っているので、それを応援しながら感謝し、送り出される私。

 かなりの贅沢だと、思うがどうだろう?

 それでも人々は、そういうようなことを「したい」とも思わず、こう「してほしい」ばかり言うのだろう。給料が努力に見合わないだとか、他の会社がどうだとか。自分のために働いているくせに、いつしかそれを会社に求めている。女性なら会社じゃなくて男にだろうか。
 まぁ、それも理想と現実なんだろうな。どこまで人に求められるかわかんないとね。

 そうだよね、「自分を~」と思ってる時点で理想とはほど遠いもんね。みんな神様がいると信じているんだねぇ。

もし強い右腕をつくりたければ、右腕を何度も使うしかありません。どうやって右腕を強くするのか知りたければ、鍛冶屋の腕を見てみればわかるでしょう。(ナポレオン・ヒル←実は鍛冶屋の息子)

 今の自分が大切か、将来の自分が大切か、それだけなんだろうな、違いは。
 それが出来る/出来ないは、ちゃんとした大人の背中を見て育ったか否か、なのかもしれません。

 自分のため、それは周りの中にいる自分を知ることから始まる。

web拍手 by FC2
2007.03.26 23:51

 新人が二人入ってきたということで、あと数日の私が教育係・・・でいいのだろうか。

 まぁいい。嫌いじゃないし。向いてないとは思うけど、さんざやってきたことだから、別段難しいことでもない。

 ・・・・しかし、こういうの好きかもしれないとか思って、今度の職場はそんなのと無縁(小学校だけど)だろうから、名残惜しく感じもする。でも、一度決めたことを、一時の気持ちでズルズル続けるのもいけないのよね。今が良くても、先がダメだからね。

 とにかく、あと二日か。すべてを残すことは無理だけど、カケラぐらいは残しておかないとね。若い連中が(私も若いつもりだけど)、今後の人生において、自分で自分の道を選んで歩いていけるように、ね。だからここできっちりと終わらせておかないといけないのよね。

 人生とはそういうことの積み重ねであり、だからこそ、「別れ」が淋しくもあり、同時にもう一つの気持ちを感じさせるものなんだろうね。


 たまにはちょっとしんみりと。

web拍手 by FC2
2007.03.25 23:58

 勤務地が決まった。

 今までの職場よりもうちょっと向こうだけど、方向がまったく同じってどうよ!?

 ますます「辞めないで」と言われそうだ・・・・ああ、世の中って何でこう、ネタだらけなんだろうか!

web拍手 by FC2
2007.03.23 22:35

 DSを買って、マリオにハマってしまった。

 どれぐらいはまってしまったかというと、夜中の四時までやってたとか、そんなのよりも、「屋上にある丸い給水タンクがゴロンゴロン落ちてきたらジャンプでかわさなきゃな」と思うぐらいハマった。

 私は実はファミコン持ってなかった人で、いわゆる『スーパーマリオブラザーズ』はほとんどプレイしたことはなかったんですよね。友達のウチでちょっとやらしてもらうとか(でもヘタだからすぐ死んで交代させられる)。なので本格的マリオデビューは『スーパーマリオワールド』でしたね、スーパーファミコンの。

 そんな『スーパーマリオ』の想い出と言えば、ファミコン買ってもらえなかったので、その、マリオの全面ステージマップが載っている攻略本を買って、色々と想像を巡らせていたイタイ小学生時代を思い出します。

 今の子供や私と同世代の人間でもまぁ、ヤヴァイ人にしか見えないでしょうけど、おかげさまで今、常人が想像もできないことを想像できる人間になりました。そのおかげで「書ける」のだから、「他人の作ったもので喜んでるな」と厳しく教育してくれた父には感謝しきりです。

 でも、マリオは面白いなぁ・・・(汗)

 

web拍手 by FC2
2007.03.22 23:59

 昨日労組の会合に出たおかげで、ひとつまたアイディアが浮かぶ。労働組合に参加する人の悲哀を描いた完全なるコメディ。

 なんで「完全なる」とつけたかというと、『サムライ・ダディ』の方のコメディー感が弱い気がした(理由は色々あるのだけれど)のと、手塚治虫と山田洋次のチャップリンについての対談を読んでいて、ピーンと閃いたのよね。

 まぁ、視点が普通じゃない人間なので、こういった草稿となるアイディアだけは腐るほどあるのですけど、同時に飽きっぽい性格でもあるため(笑)、実現化はどうなるか不明。とりあえずメモがてら日記にしたためておこう。

 ちなみにこの記事タイトルから、チャップリン的な味付けがされる作品を書こうとしてることはわかりますよね。色んな意味でね。あーでもこれは売れねーか。まぁいいや、面白くしよう。

web拍手 by FC2
2007.03.21 23:59

 (辞めるくせに)労働組合の会合に参加してみた。

 そういえば以前の会社は組合なかったからなぁ・・・・あってもなくても一緒のように思うけれども、なきゃないでこれまた違うのよねってことがわかるのがだいたい30前後ぐらいだと思うが、しかしこの、なんていうの? 組合を運営する側の人間は、「身の程」をわきまえて必死にその社会の中で自分に出来ることをしているという点で彼らは美しくもある反面、自分の人生そのものにしか興味がない人も多い時代だからはかなくもあり、華やかさに憧れる常識が支配する現代において労働組合をやる人ほど報われない時代もないような気がするが、彼らの心的にはどうなのだろう?

 いや、だからこそ、春闘の「結果」こそが重要になり、ますます組合に意欲的な社員とそうでない社員の温度差というのが際立っていくのかもしれない。そう考えると、ますますみんな労働組合に積極的にならないのかもしれないなぁ・・・と感じたりした。

 組合に出来ることと出来ないことは区別して、さらに自分に出来ることをするって考える人はあんまりいないからねぇ・・・・それが私にはわからんのだけれど、勝ちたいのならやっぱ戦略が必要だと思うんだけど、染まっちゃうと目の前の戦闘だけしか見えなくなるのかなぁ。そういう戦闘を無駄にしないために必要な戦略があると思うのに・・・それが出来る人間は自らの人生を優先するから、ますます悪循環なんですよね。

 人のこと言えないか。遺産は残すけど。

web拍手 by FC2
2007.03.18 23:59

 ゆとり教育の見直しを八割が賛成なんだというニュースが。

 そもそも、ニュースのカテゴリに「学力低下」がある以上、たぶん永久に学力は上がらないんだろう。人々が「世界が平和になればいいな」というように、ないものを人は具現化しようとする。その方が頑張れるから。

 ちょっと話が飛んだが、ゆとり教育。

 個人的には「アイディアはいいと思うけど実現は無理だろう」というものの典型なんですけど、やっぱり実現は無理でしたね。そもそも、学力偏重だから生まれたゆとり教育ですが、結局「学力」低下という言葉につぶされた格好。

 しかし、なんでしょうね? 世論が教育を決めるのもどうでしょうね?
 まぁ、教師を「聖職者」と思わないからこれまた現代的なことなのだろうけど、そもそも、指導力に問題がある教師なんて、昔からいたじゃん? むしろたくさん。戦時中なんてどれだけの無茶が教えられてきたか・・・・。

 それにしても、「教育」というものの考え方が物凄い狭いですよね。「教育」=学校的教育(塾も入る)というのが、ゆとり教育の始まる前も後も変わってない感じです。

web拍手 by FC2
2007.03.17 19:51

 図書館の書籍検索で「手塚治虫」と検索すると、これが結構出るわ出るわ。活字本だけでなく、本職のマンガ本でね。

 でも、ほとんどが「書庫」。まぁ、倉庫よね。

 それだけ、手塚作品というのは古典と同じような扱いなのかもしれないけど、マンガが図書館に入ることが苦難だった時代を考えると、時代は変わったなぁ・・・と30歳にもならない若造が言うのはおかしいですけど、結局、あーだこーだ運動するよりも、「マンガで育った」という世代が増えればそれが「常識」になるようなもんですよね。
 ゲームだって、今の親が完全にゲーム否定する人ばかりじゃない、みたいな感じですかね。それに携帯電話やテレビのリモコンとか、ゲームのコントローラーのユーザビリティを大いに参考にしてますからね。

 あれこれ考えるのが現代人のクセですけど、結局、やりたいことやった方が、世のため人のためになるんですよね。いや、「する」のかな。他の人の、そう、「善意」がね。それを刺激することができたからこそ、そうなるわけでね。

 手塚作品も勧善懲悪なストーリーばかりでもないけれど、その中に含まれる手塚治虫の「善意」が、多くの人に伝わってる、ということかもしれません。

web拍手 by FC2
2007.03.16 23:18

 この度、全国市民オンブズマン連絡会議(事務局・名古屋市)が、自治体の情報公開度をランキングして発表したらしい

 都道府県では一位から順に、長野、宮城、岩手で、最下位は下から、沖縄、福島、岡山だったそうな。ちなみに、今知事選で話題の首都東京は、「自治体の情報閲覧に手数料が必要」という、これが日本の文化人の集まる場所なのか(笑)と思わず笑ってしまうような仕組みのため「失格」らしい。ちなみに香川県も。
 同じく政令指定都市とかのランキングがあって、最下位は名古屋市だったそうな。・・・・・まぁ、こういうオンブズマンの本部があるってことは、そこが一番ダメってこと多いからね。よかったら誰もそんなのやらないしね。「原因があるから結果がある」みたいな。名古屋市の水道水は綺麗だから、水質改善運動団体がないとかさ。

 さて、なんだかんだで色々あった田中康夫元知事のいた長野県が一位とか、そのまんま東こと東国原知事のいる宮城県(ちなみに今回都知事選に立候補した浅野氏が前々職)は優良都道府県であるという一つの証になったかもしれないが、それにしても東京都の「失格」ってどうよ。聞けば10年連続らしいし・・・・そりゃ、ガラパゴス諸島に出張するのにン百万も使えちゃうよね。
 東京って関心があるようで無関心なのね、政治行政に。というか、半ばあきらめてるのかもしれないね。土着の人より外部からの人が多いからでしょうか? ・・・と思って調べてみたところ、

 現都知事である石原慎太郎知事は

「公開請求の55%は都外の人で、東京での業務展開に必要とする人が多い。都民の税金を使うわけにいかず、『失格』というのは、とんちんかん」

 といっていたらしい。なるほど、個人情報閲覧で儲ける悪徳業者も(以下略)。でもそれって都内の業者ならいいのかと。
 と言うかそれ以前に、有料にすれば業務展開がなくなるのかと思ったりしたのは私だけでしょうか?

 まぁ彼は自分の気に入る努力以外は下に見る人ですからねぇ。都民のためを言い出したら知事の嫌いな国同様共産化してしまえばいいわけで・・・・と思ってしまうのは「とんちんかん」という最近聞かない言葉を聞いた若者の、「くるしまぎれじゃないの?」と思う疑問でしょうか?

 

 最初の話に戻るけど、東京都は日本のメディアが集まってるということは、それだけ見せたくないモノがたくさんあるということかもしれませんね。自然なことです。
 ということは、「情報公開」を望まない知事選択をするのか・・・・・・なぁ。

web拍手 by FC2
2007.03.15 21:48

 ニンテンドーDSを買うことにした。
 理由はまぁ、めんどくさいので省略。

 で、悩んでるのがソフト。まぁ、趣味的にDSのソフトよりPSPのソフトの方が合いそうな気がするのだが、ほどほどにしておかないと、ホラ、私ゲームはじめるとハマってハマってさあ大変♪状態なのでね(どっかで聞いたフレーズだな)。PSPじゃたくさんありすぎて困る、みたいな?選ぶのがね。

 で、聞くところによると、今、『シムシティDS』が人気なんだってね。というかメーカーの生産がおっつかなかった理由は知らないんだけれども、これを買おうかどうか考え中なワケよ。

 知らない人は知らないのだけれど、実は私、世界でも珍しい「シムシティーを教育に利用できないか」というのを研究していた人間なんですよね。ええ、一時SimCityのファン世界では有名だった・・・のかなぁ。
 都市シミュレーション学研究会というのを作って、そのサイト『SimLabo』に色々公開してたのよね、今見たらひどい出来だけど。中途半端で止まってるし。

 でも、そんな時代ももはや五年以上も前のことになり、すっかりSimCityから縁遠い生活を送ってきたわけですけど、まだ、そのサイトが残っている身分としては、「やらなきゃ、まずくね?」と思ったワケですよね。

 そんなこっちゃで、サイト見てみたら、なんと、あの、ヤンキー先生こと義家弘介氏が、浅草キッドと一緒に、シムシティDSを使って、「世の中の仕組みを勉強しよう」という、私がまんまやろうとしてたことをやったらしいのだ
 まぁ、正確にいえば彼らが「ゲスト」と書いてあるので、考えたのは、今回のイベントで得たものを発展させて作った教材を抽選でもらえるという、「[よのなか]科と『シムシティ DS』コラボレーションキット」を考案した藤原和博氏(なぜか前述サイトでは和田になってるので訂正依頼をかけました)なのだろうけど、ああ、そうか、そういうのがニュースとして取り扱われる時代になったんだな、って思った。有名人の力もあるけれども、ちょっと、嬉しくもあり悲しくもあるような、不思議な感じがした。

 さすがに凹んだ。
 あのまま続けてれば、形になったかもしれない、もしかしたら力になれたかもしれない・・・・とか思うとね。でも、可能性があるはずなのに誰もやらないから仕方なくやってた部分があったから、これも仕方ないことかな、と思う。だって、本当にやりたかったら、素直に社会科教師になればよかったんだもんね。まぁ、それじゃ、続かないけどね。「ただSimCityを利用したいだけだろ?」と思われちゃうしね。

 何にしても、私が思い描いていたものが形になるのなら、やっぱり『SimLabo』は残しておかないとなぁ、と思った。本当に誰かの役に立つかどうかなんてわからないけれども、年に数千円払うだけで、未来の資産になるのだから。
 そういう意味では、そういうのは本だけじゃないのかなって思うよね。

 

 ということで久々に、その、『SimLabo』見てみたら、メール先を変えてない!!
 そりゃ、ダメだろ・・・いくら更新をやめていてもさ・・・・・・訂正に大わらわだわ。

web拍手 by FC2
2007.03.14 23:59

 ホワイトデー・・・・だったのか?
 というぐらい忙しかった。棚卸し前だから仕方ないよね。

 ・・・・・というか、卵がなきゃ鶏もないか?

 にしてもあれよね、年とればとるほどこういう「イベント」に対する感覚が麻痺してくんだぁ・・・・と思ったり。若者のイベント好きを揶揄する人もいますけれど、若い内だけなのかもしれないなぁ・・・・・・と思ったり。

 逆に盛り上がるかどうか、という存在としてのイベントであることにこだわらず、そのもの自体を楽しむ人は、そういうイベントを(義務的にではなく能動的に)ずっと続けていけるんだろうなぁ、とか思ったり。

web拍手 by FC2
2007.03.13 23:59

 を読みました。
 風呂沸かしておいて、最後の方は沸いてからもかまわず一気読み。
 なので感想も一気書き。

 さて、知らない方も多いだろう、小川洋子『密やかな結晶』です。
 小川洋子と言えば第一回本屋大賞に選ばれて、映画化もされた『博士の愛した数式』が有名ですが、この作品も『博士の愛した数式』に出てきた設定と似たように、「記憶を無くす」ことが書かれます。もちろん発表は順序逆なので、『密やかな結晶』から『博士の愛した数式』に応用転換していったんでしょうが、なるほど、『博士の愛した数式』における記憶を無くすことに対するポジティブな流れは、『博士の~』が一般受けしたのも頷けます。

 しかし逆に、この本、『密やかな結晶』は読み手を選ぶ作品でしたね。

 作品の説明もする気もありませんが、カバー自体がもう、読者を選んでるとしか思えない(笑)。

 内容はさらに(以下略)。

 ・・・・というと、最近はやりで周防正行も新聞コラムで言ったような「サークル的な、読者の選び方」をしているのではなく、「どうだっ、ついて来られるか!」ってな感じの、そう、読書感想文がみんな同じにならないような作品でしたね。こういうのを偉そうに「読者を置いてけぼりにしてる」という人も結構(特にネットには)いますけど、そういう人が黙りを決め込んでしまいそうな、精錬された文脈なので、そういうのは余計な心配でしょうね。
 Amazonレビューを見てみると、まさにそんな感じでちょっと笑えました。

 個人的には、秋の夜長に、じっくりと腰を落ちつけて読んだり、
 物質的・社会的に何かをなくしたというより、精神的に何かをなくしたときに読む本じゃないのかな、と思いましたよ。

 わかりやすく言うなら、本屋の店員はオススメしないけど、大学図書館の司書はオススメするような作品?

密やかな結晶
密やかな結晶
posted with amazlet on 07.03.14
小川 洋子
講談社 (1999/08)
売り上げランキング: 79685

web拍手 by FC2
2007.03.12 23:59

 今まで雪が降らないと嘆いていたスキー場で豪雪だそうで。

 だけども昨日スキー場の営業をやめたところなんかあって、嬉しい悲鳴というか、むしろ苦痛・・・・という経営者と、かたや営業をやめないで、こちらは嬉しい悲鳴をあげてる経営者・・・というようなニュースをやっていた。

 こういう話題というのは、経営コンサルタントなんかよく参照するかもしれない。

 「ここが明暗をわけるんです。未来を予測しておかなければなりません」みたいな。

 確かに、天気予報で寒くなるのはわかってたから営業しておけばよかったという見方も出来るし、だけどそうじゃなかったらどうするんだということも考えなきゃいけないのが経営者。だけど、「やらなきゃ始まらないんです」と経営者に頑張りを促す人たち。

 こういうのは「運」で片付けられそうで――少なくとも現代では――片付けられない。

 そう、企業努力が足りないとか、経営能力がないとか言われてしまうのだ。

 資本主義が加速するとまぁ、こんなアメリカナイズな考え方が増えていくのもまぁ、別段おかしなことではないのですけれど、その論理で一丁地球温暖化対策もしておいた方が・・・・いいような気がするんですけど、それは「運」らしい。

 寒いのでオチなしで。

 

web拍手 by FC2
2007.03.11 23:59

 『オール読物』を読む。
 直木賞受賞者がいないとかで、「緊急鼎談 小説を志す人たちへ」ということで、五木寛之、井上ひさし、渡辺淳一の直木賞選考委員歴二十年以上の三人(以下御三家)による、直木賞の受賞についての討論が載っていた。

 なに、見方によっては誰かみたいに「うるせー、老害どもが」という見方も出来るんだけれど、やっぱり「なるほどなぁ」、と思うのは「これは確かに直木賞だ!」って作品がなかった・・・・という言い分は納得できる。ええ、まぁ、もちろん、候補作を読んだわけではないですけど、そう言ってしまうってことは、そうなんだろうから。それに誰も「異議あり!」と言わなかったわけです、この御三家の中では。

 じゃぁなんで納得できるのかというと、その後に載っていた直木賞候補になりながら落選した三崎亜記による、『廃墟建築士』を読んで、納得した。これは候補とは別の作品なのだけれど、読んでて、確かに面白いは面白くて、絶妙と言えば絶妙で、上手いと言えば上手いのだけれど、なんて言うのだろう? アクセントが聞いていないというか、毒がない。というか、パワーがない。というか、人に勧める気も起きない。残念ながら。

 別にこの作家だけがこうじゃないよ、という現在の状況を御三家もわかっているようで「怖いと感じる才能がない」とか「この作品と心中するほどではなかった」とか「ジャンキーだけど強烈なジャズプレイヤー、みたいなのがない」とか、ハッキリって「お前らダメだよ話にならねーよ」ということを実にオブラートに包んで話されてるんですよね。

 これのどこがオブラートなんだと言う人もいるかもしれませんけど、たぶん、そこがこの御三家がやってきた「作」家的行為と、現在の作家たちの「こうあるべき状態に至るだけのストーリー」の職業的な作成とのきっと違いなんだろうと思います。

 なんて言うの、戦い? 世間に対する挑戦みたいな? そういうのがない感じ?

 私も人のこと言えませんけど、単純に言えば「エンターテイメント」を意識しすぎているというか、そんな作品がやっぱり多いですよね。文学目指しても文学っぽくないのも、また違う意味でそういうことなんでしょう。下心があるからでしょうね。

 結果のための書いちゃダメですよね。きっと、そういうことでしょうね。
 まぁ、「バカになれ」と言うことなんじゃないかな、と思います。ちなみに、「バカにプロレスは出来ません」と言ったのも猪木です。これは二律背反しているようにも見えますけど、実は凄く的を射ているんじゃないのかあ~と思います。大多数の人は間違って解釈しますけどね。「時にはバカになれってことだな!」って。そういう作家がきっと今は多いんじゃないかと思ったりします。ええ、憶測ですけど。

 そういう意味では、猪木は作家だな、と思います。ジャンルは違うけど、間違いなく彼は「作り出す人」だった。こういうのは、小説だけじゃないでしょうね、きっと。

web拍手 by FC2
2007.03.10 23:10

 また性懲りもなく、二十日で原稿用紙300枚分の小説を書き始めてしまった私。

 ・・・体をこわさないように頑張りたいと思います。

 今度はもう、完全なエンタメなので、書いてて楽しいからいいんですけどね。

 えっ? それじゃダメ?

 だって、止まらないもん。この作品は、わりかし一般受けすると思うけどなぁ・・・完成することを祈って、お風呂に入ります。

web拍手 by FC2
2007.03.09 23:59

 街を歩いていたら、なんと「セグウェイ乗れます!」という広告に惹かれて、かねてより機会があったら入ろうかと思っていた、日本初のロボット博物館『ロボットミュージアム in 名古屋』(~名古屋まで正式名称)に行きましたよ。
 ミュージアムショップ(ロボット未来デパートメント)は何回か足を運んだことがあるのですが、肝心のミュージアム部分(ROBOTHINK)には入館したことがないので※、今回「これを気に」ということで、入ってきました。

※だって入館料が大人1300円って・・・ちなみに今の企画展だけ、家族割引(4名以上の場合子供一人無料)、カップル割引(1100円、性別問わずw)、あと、ユリカ割引などあり

セグウェイ乗りました 2/10~5/13まで「近未来乗りもの展」ということで、セグウェイに乗れるんですよ。たった三分ですけど(笑)。しかも18歳以上、体重45kg以下118kg以上の人乗れないらしい・・・女性は要注意(というか子供乗れないよね!)

 ちなみに、平らな、一部屋ぐらいのスペースをぐるぐる回るだけで、操作する以外の楽しみはありませんよ(;^_^A。セグウェイだけでこの値段は払えませんね。空いてても、3分だって。
 セグウェイ自体は静かで、倒れそうもないのが不思議ですね。あと、結構敏感なので、ちょっとした反応で動いてくれるのでちょっとそれがビックリ。

 1分ほどスタッフのレクチャーを受け(たぶんバイク乗れる人はすぐ慣れる)、その後スタッフの「セグウェイ、スタート!」という照れ笑いの入ったかけ声(笑)と共に、2分間のフリータイム。いくらスピードを上げようが構いませんが、狭いし、亀モード(スピードが上がらない)なので、そんなに爽快感はないです。まさに「試乗」。この写真のモデル(私)だと小さく見えますが、女性にはかなりでかく感じますよ。私、185cmありますから・・・・

 誓約書へのサインと、ヘルメット着用義務あり。女性用のサンダル貸し出し(無料)があるので、ヒールを履いた方でも大丈夫。平日はそんなにいないからスグ乗れます。

web拍手 by FC2
2007.03.08 21:34

 明日は世間で不評のバリウム初体験ですよ奥さん。

 いや~どうなるんだろね~? マズイだけじゃなくて後が大変らしいけど、その後牛丼食べる予定だけど問題ないよね?

 だったらもっと考えろってか?

 まぁ、前日に消化の悪いお茶漬けなんて食べてる私に言っても無駄なことよ。

 

 まったく関係ないけど、スパイウェアをまったく検知できないポンコツウィルスバスター2006から、2007にアップデートしたのですが、なんなんだこの重さは!! ネットに繋がる時間が遅いならまだしも、普通のソフトでさえ重い。すべての動作まで監視しているってことなのかもしれないけど・・・・ちょっとこれはいただけないレベル。

 やたらウィルスバスターの「なんとかパック」が目立つのは、こういうジレンマに陥ってしまったからなんでしょうねぇ・・・・

 もう、ウィルスバスターの時代じゃない気もしてきました。そりゃ、「ウィルスセキュリティゼロ」とか「ウィルスキラーゼロ」とかが人気ですよ(まだ様子見だけど)。そりゃね、性能は落ちるかもしれませんけど、衝突安全基準がAAAで、自動回避装置がついていても、燃費が5km/lじゃ誰も買わない、みたいなもんですよ。

 そんなことより、自分で気をつけて運転した方がいいことってありますもん・・・・ってのが、大多数の「普通のユーザー」の考え方なんでしょうね。 

web拍手 by FC2
2007.03.07 23:57

 今日、電気料金のお知らせが入っていた。

 見ていてちょっと混乱したのだが、ようやく理解できた。

 先月と今月の利用料がまったく同じなのだ。

 ちょっとラッキーな気分だった。

web拍手 by FC2
2007.03.06 23:12

 私tkiyotoはこの4月から仕事(business)を変えますね~。

 今度は学校ですよ~。

 でも先生じゃないですよ~。

 

 ・・・・・にしてもどうしてこう、いわゆる「社会的地位」の低い方を好んで選択するんだろうなぁ(笑)
 たぶん、自分が気にしないだからだろうけどね。職業に貴賎はないからね。

 それに、能力が高ければどこにいようが認められるって知ってるからかな?
 人を信じていないようで、信じている、ということかもしれないね。

 まぁいいや、とりあえず四月から、用務員さんです(笑)

web拍手 by FC2
2007.03.04 23:58

 先日新聞にある映画の紹介がされていた。『日本の青空』という映画である。まだ公開されていないが、インディーズ扱いなので、知らない人の方が多いまま終わるかもしれない。というか、若い人はまず観ないだろうからあえて紹介しておく。

 内容は、「日本国憲法」の草案についての実話を元にしたドラマである・・・というと、「理想主義者の若い外国人の女が作った憲法だろ?」みたいな反論が生まれそうなんですけど、そうじゃなくて、日本の知識人たち(憲法研究会)が政府案とは別に作った(←ここポイント)憲法草案をGHQに提出して・・・・・というお話です。

 個人的には「若い外国人の女が~」という論議は、小僧の論理としか思えないので(そんなに世の中簡単に出来てないはずなので)、割愛しますが、「押しつけられた憲法」というイメージを変えさせる、貴重な目線(←ここもポイント)だと思います。

 にしても、『日本の青空』はまんまインディーズなので、企業からの収入とかはいっさいなくて、制作協力金(一口10万円=100人分のチケット)で制作費を回収するんだとか。しかし10万円は・・・どうせなら高校生でも申し込める額の単位の方が関心を得られたんじゃないかなぁ・・・とか思ったりなんかり。それじゃ、お金が集まらないか。どちらにしろ集まってないらしいけど・・・。
 まぁ、「市民的」ではあると思うが。この言葉をまともに取る人と、ちゃんと「深い意味」を推察できる人と、その深い意味を間違って解釈する人がいるから、言葉って難しい。

web拍手 by FC2
2007.03.03 23:59
 「形態は機能に従う」という言葉がある。

 デザイン論の話だ。

 だが、コンテストということに限ってしまうと、こういう言い方もできる。

 「称賛は問題に従う」とも言えるのかもしれない。少し前、そんな出来事があった。南アフリカ、ケープタウンで。

 詳しい話はロイターのニュース記事を参照してもらうことにして、 簡単な説明だけ。

 2007年南アフリカはケープタウンで開催されたデザイン博覧会で、もっとも美しい「モノ」の栄冠を勝ち取ったのはなんと・・・・・「コンドーム装着器」!
 このコンドーム装着器は、なんと「わずか3秒で装着可能」にすることができる、画期的な代物らしく、デザイナーは制作に6年物歳月をかけたんだそうな。これでHIV感染率が10%を超える!南アフリカなどでの予防にも貢献できるとまで言ったそうな。

⇒なぜかGIFアニメーションの装着動画(ZIPファイルなので要解凍)

 ニュースとか動画まで見ているとはただのバカニュースに近いモノがありますが、私はあえて、これをバカニュースじゃなくてマジメに取り上げようと思います。いつもの如く18禁で。

web拍手 by FC2
2007.03.01 23:59

 あー、やっと終わった。(理由→詳細

 やっぱ無理よ、35%ぐらいしか完成してないものを10日ぐらいで書こうなんて・・・・頑張って書いたけど、全然推敲してないからかなりヒドイ

 さて、こんな日は画面を見るのをやめて、マンガでも読みながら寝るかなとも考えたが、目に、なんて言うの? あれが飛びこんできたわけよ、「Yoshi原作ドラマ」

web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。