死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2007.10.31 23:59

 いやぁ、中日勝ちましたね。

 さて、昨日ですけど、えらいことになりましたよ。

 実は私、普通自動二輪小型AT限定(以下原付二種)という、わかるようなわからないような免許を運転免許試験場で一発でゲットしようと企んでいるのですが、その為には試験場の審査官(警察官)のお眼鏡に適うように教科書的な乗り方をしないといけないので、この一週間は普段乗っている原付を使って、交通教則もきっちりと守りながらも、原付二種になるということで原付にはない、車線変更とかもきっちり出来るようにならないといけないから、意識して運転しないとね、と心にしていたわけですよ。まぁ、車線変更ぐらいどうってことないのですが・・・。

 そんな中、仕事から某所に寄るときにいつもと違う道を通ったところ、「あ、ここ一時停止あったの?」というようなふいの一時停止無視。

 私は基本的に信号無視だとか一時停止違反とかしたことないのですが、そうしたときにはなぜか、そう、目の前にポリ公警察が! そう、昨日は30日、ゴミゼロ(530)の日ですよ!(←違うぞ)

 ・・・・・・なんでこうついてないかなぁとか思いながらも、まぁ、これでしっかりと交通教則を意識して運転するようになるから試験もうまく通るかもね、などとプラスに考えないとね、やってられないよね。

 しかし、人道橋に繋がる横断歩道があるからってだけで一時停止って、見たことないけど、あるんだなぁ・・・・・地域の政治力なのか? それともそれだけ事故が多いってことか? 自分の住む地域じゃないところには予測不能なことがたくさんありますね。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2007.10.30 23:25

 中日、勝ちましたね。なんというか、落合監督じゃないけど、「ペナントレースの最初っからこうやれよ」と言いたくなるような展開というか・・・・・だけどまぁ、世の中そんなものなのでしょう。数々のプレッシャーやら相手やら巡り合わせやらなんやらが色々あって、今があるわけで、それをあーだこーだ言うのはやっぱり素人なんでしょう。人はその身になってみないとその苦労はわからんもんですよ。「もっと給料あげてくれよ、社長さんよ!その方が賢い経営者だぜ?俺が社長になったら……」と言ってる人が万が一(笑)社長になったら、こんなこと言うんですよ「お前らもっと働いてから言えよ!」って。

 さて本題ですが、そんなこんなでなんというか、やっぱりそういうプレッシャーやらがない状態のプロスポーツ選手ってのはホントに超人的ですよね。いや、確かに普段からわからんでもないんですけど、ホントにゲームのキャラクターを動かしているように完璧にこなしてしまうんですよね。
 1アウト3塁。6点差あってもやや前よりの中間守備をしいてショートゴロをホームで刺す井端の送球は、精神面でも肉体面でも最大のパフォーマンスを見せるための非常にいいバランスが取れていたと思います。もちろん肉体面でのボロボロがあるのは知っているのですが、それを踏まえた上でベストなプレーができる、というのがやっぱりその辺のアマチュアと天と地ほど違うところなんでしょう。

 まるで去年の日ハムを見ているような、プレッシャーをうまく力にしている中日が、このまま勝ち続けそうな気がしている人が多いでしょうねぇ・・・・・でもその波に乗れない人ってのが現れるとそれも一気におじゃんなので、本当に厳しくなるのはここからなのかもしれませんね。

web拍手 by FC2
2007.10.29 23:59

 「ジャンボ」の愛称で親しまれた鶴田じゃなくて旅客機、ボーイング747-200Bがこの度引退することになったらしい。おもな理由は原油高だそうで、今どき珍しいエンジン4機のジャンボは大飯ぐらいとして航空界から追放されることになったわけだ。

 なんでこんな言い回しをするのかというと、最近のあれよ、省エネならなんでもOKみたいなイメージがあるのでちょいとそれは違うんじゃないのかと思うワケよ。

 結論から言えば、こういうのはようするに「経営上の最大合理化」の一環であって、別に、次の選択が必ずしもベストとは限らないわけよね。だって、このジャンボは、「システムがシンプルで故障が少ない」らしいから。

 確かにCO2削減という目標があった方が世のため人のためにもなりそうですが、世の中人の中そんな善人だらけということもなく、結局、省エネとかいいながら要するに単なる合理化ということも多い世の中、合理的で効率化を進めた輸送システムを作ったことによって、運用者(主に操縦者)のストレスがたまりまくってしまう、というのは、長距離トラックとかタクシーの運転手を見てもわかるよね。タバコを数量が増えるとか、勤務時間が長くなることで車で寝泊まりしてCO2排出が結局増大するとか。
 省エネ冷蔵庫を「生産」して、古い冷蔵庫を「廃棄」することで、目に見えない不合理があるってこともあるし・・・・そういう積み重ねが「マイナス6パーセントなんてちっとも出来てないじゃないか」ということに繋がっているのだろう。

 人が生きていく中で取捨選択があるのは仕方ないにしても、好評だったものを他の理由で止めるほどのメリットって、ホントにあるのだろうか? とも思ってしまう。

 時代の流れというのは結局、価値観(尺度)の変化であって、結局は何も新しくなっていないのだろう。

「ぼくらはすべて、いまだに新しい玩具がおもしろくってたまらない野蛮人の子どもたちなのだ。」(アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ『人間の土地』)
web拍手 by FC2
2007.10.28 23:59

 今日はさすがに疲れた。
 そんな当たり前の文章すら「漬かれた」とか変換しちゃうATOKにキレそうになりながらも、もうどうでもいいぐらい漬かれています(ああ、もう!!)疲れています。

 言葉も話せないような子供と遊ぶのって大変だなぁ・・・・・それに運転とかしたりとかするわけだから、世のお父さん達(と働くお母さん達)はそうとう大変だろうなぁ・・・・そんな現状があるのに少子化対策は結局本気じゃないわけで、移民流入を防ぐための少子化対策をするフランスみたいになればいいとは思わないけど、これじゃ、ストレスと過労と将来への不安で一向に増えないような気がします・・・・

 まぁ、ほったらかして死んでも仕方ないって風潮ならそんなことないんですが、それはムリだしね。関係のないメディアまでしゃしゃり出てみんなに告げ口するぐらいだからね。

web拍手 by FC2
2007.10.27 23:38

 日本シリーズ第一線。場所は札幌ドーム。

 1回表、中日ドラゴンズは日本ハムの先発投手、エースのダルビッシュ有投手からいきなりランナーを一人置いて森野が先制の2ランホームラン! 続くウッズもソロホームランで立ち上がりに不安のあるダルビッシュから3点を先制し、続く二回にも二得点をあげてダルビッシュをノックアウトする

 ・・・・・という、「こんなの夢だろ」と思いながら、他の人が「夢じゃねーよ」という話をしているという夢を見た(滝汗)

 さて、実際はどうなったかというと、まさに逆夢で初回に三点を取られた中日ドラゴンズは、ダルビッシュに日本シリーズタイ記録となる1試合13三振を献上・・・・・・結構正夢見る方なんだけどなぁ・・・・・う~ん、また次の登板の時にあるよ、きっと。

web拍手 by FC2
2007.10.22 23:59

 中学校で演劇の鑑賞会を観てきました。題目はシェイクスピアの『ヴェニスの商人』。古典中の古典ですが、実は私、見たことないんですよね。

 観ててなるほどと思ったのですが、テーマ性といい、伏線の張り方といい、キャラクターの配置といい、ストーリーテリングといい、後味といい、非常に高いレベルで完成され調和されている作品ですね。なんて言うんでしょう、種明かしをちらつかせるような絶妙のさじ加減というか・・・・・「どうだ、俺スゲーだろ?」みたいな毒々しい天才気取りの勘違いストーリーじゃなくて、なによりもまず、「観て、良いと思えるモノ」であることを重視した造りというか・・・・2時間ドラマのルーツとでも言おうか、そもそも我々の思う「娯楽作品」のベースを作ったというか・・・・。

 さて、肝心の中学生の反応はどうだったでしょう?
 それが拍手ですよ。ちゃんとした拍手。タイミングがばっちりの拍手。

 仕込みじゃねーの? とか思いもするが、たぶん、純粋に、ストーリーが納得いったから拍手できたのだろう、すんなり。そういう意味でも、シェイクスピア作品が好まれて演じられる理由もわからないでもない。

 今度原作に触れてみようと思います。もっと勉強しなきゃねぇ。

 

web拍手 by FC2
2007.10.21 23:47

 結婚式の二次会に参加してまいりました。

 なんでも120人(!)ぐらいいたそうで、当然ワンフロア貸し切りなのですけど、なんか、あれですね、凄くムリがある作りのような・・・・もともとレストラン用に設計されたわけではない細長い変な造りの建物(ダイビングスクールが元だった、確か)なのでしかたがないのですけれど、主役が目立ちにくい、スクリーンが見にくい、丸テーブルなので座りにくい(客数が多すぎだからと思うけど)と、あんまりよくなかったですね。内装は中世ヨーロッパ風でゴージャスに見えますが、もちろん二次会の会場なので雰囲気だけです。料理も・・・一皿に10人分ですが、少ないように感じました。前菜とかはわかるんですけど、メインもこの量かという感じ。

 司会者がカミカミだったり、ケーキ入刀が花で見えないとか(笑)、一生に一度のことと考えれば、色々と「物足りないなぁ」という感じでした。注文がなくなるということはなかったですけれど、遅かったりするのは人数の影響もあるでしょうけど、チグハグ感がいっぱいでした。

 ビンゴが毎度のように当たらなかったから言ってるわけではないですが、ちょっと「ここで二次会やるといいよ」とはあまり勧められないとこだったかな、と思いました。

 

 「たかが二次会だろ?」って言われそうだけど・・・・そうなのか? それでいいのか? 本人達がよければいいんだろうけど、それならどこだってよくならないか? 自分たちの仕事の完成度を高めようとしないのか?
 商売はほどほど感が時流に乗るコツなのはわかるけど、私だったら納得しないなぁ・・・・・そんなこと言ってるからビンゴが当たらないんだよと言われそうですが(/_・)/

web拍手 by FC2
2007.10.20 23:29

 中日勝ちましたね。
 なんか凄く盛り上がったのは、日本シリーズに行けるということよりも、今季全然なかったスッキリした「らしい」勝ち方で、連勝したからでしょうね、今季苦戦した阪神・巨人相手に。去年の日ハムが新庄引退のために盛り上がってた部分が大きいなら、そのために引き立て役になって情けない試合をした去年からのうっぷんが、今年、日本シリーズに行ける直接のチャンスになったこのクライマックスシリーズで晴らされた感じです。

 ・・・・・ってなことは周りの問題であって、当人達は、日ハムやロッテのようなアメリカ人監督が作った短期決戦に強い「プレッシャーを楽しむ」チームに対抗して、「プレッシャーを跳ね返す」チームになったような気がします。

 そうだよねぇ、中日が日ハムみたいになるわけないもんなぁ。

 でも、そういうダブルスタンダード的な価値観がやっと成立したということは、こういった短期決戦というのも、日ハムやロッテだけの独壇場じゃなくなるという意味で、今後が楽しみでもあります。

 でもまぁ、変なルールだけどなぁ。確かに日ハムやロッテにはプラスだったけど、ホークスには完全にマイナスになったルールだと思うし・・・・プロスポーツってのは相手だけじゃなくルールとも闘わなきゃならないんだから、大変な仕事ですよねぇ。

 それで収入は社長とかよりずっと少ないんだから・・・・好きじゃなきゃ、できないですよね。

web拍手 by FC2
2007.10.19 23:59

 中日、勝ちましたね。やれば出来ますね。やろうやろうとしすぎずに、今自分にできる最大限のことをするだけと思えば、地力が出るもんです。昨年の日本シリーズはその逆でしたからね。経験から学ぶというのは結構なことです。

 しかし相変わらず原監督はギャグなのかよく分らないことを言っていますね。

 「(先発投手の読み違えをしたのは)中日スポーツを信じたのが間違いだった・・・」

 (笑)

 中日スポーツというのはその名の通り中日ドラゴンズの親会社中日新聞のスポーツ誌ですから、この情報はかなり有力と捉えたのでしょう。・・・・え?

 この間、デイリースポーツでこんな記事ありましたよね「阪神・桧山戦力外、引退へ」

 ・・・・スポーツ新聞を使った情報戦っていつの時代の考え方だよ?
 とも思いもしますが、それ以上に、いかに普段中日スポーツを読んでないかわかるシーンですよね。だって、中日スポーツも親会社の新聞なのに、落合監督の徹底した情報漏洩対策によって、記事にするネタがなくて毎回困っているぐらいですから。

 なにごとにもその場その場じゃなく、しっかりとした準備が必要ですよね。

 そうそう、意外にビックリしたのが、ラジオでの横浜ベイスターズ仁志の解説です。
 てっきり「お客さん」としてのゲスト解説かと思ったら、本職の解説者(いわゆるOB)なしの、現役選手が解説をするという不思議な放送でした・・・・・が、内容は、顔ぶれもマンネリ化して話すことも毎回同じような「気持ちがみたいっすよね」「このままじゃ明日につならがないですよね」「この采配はおかしいですよ」などという、今どきの玄人野球ファンなら失笑してしまうような、自分の考えを言うだけで解説しない、コーチにもなれない、OBというだけで仕事してるような解説者の面々なんかよりずっとまともだし(暴言)、一球一球の意味と、試合の流れだけでなくチームとしての動きを考えながら試合というものを説明してくれるというのは、さすが「野球」に人生をかけている現役選手の姿勢が出ててよかったです。野球人のプレイ中の思惑の奥深さを感じますよね。

 しゃべりも結構軽やかで、テレビに出たり、「Number」や「週刊ベースボール」等メディアで仁志が連載を持っているなんてことも知らなかった私は大いにビックリしました。昨日もテレビで解説していたらしいですね。ニュース23にも出ていたり・・・・さすがにテレビ映りはまだ慣れてない感じでしたが、最近ぬるさが激しくなってきた野球評論家に新しい風が吹くのかなぁ、とかちょっと思いましたよ。

 ん? それはぬるま湯の東海ラジオを聞いているからか?

 ただの目立ちたがり屋とも見えるかもしれないけど、大したこと言ってるわけじゃないんだけど、あまりにも「解説者」という仕事をしようとしすぎてその試合試合の解説をしていない解説者になれているのでよく見えただけかな。それでも、解説ってやっぱ視聴者のためのものじゃない? それは押さえていたと思いました。

web拍手 by FC2
2007.10.18 23:59

 今どきは高校の学園祭の出し物であるお芝居にも、著作権料を徴収するというのをニュース23でやってましたね。

 高校のお芝居(しかも演劇部じゃなくてクラス対抗とか)にまで真面目な顔して「権利を侵害しているから著作権料を払え」というのは、亀田父の手紙よりずっとイタイ状況なんですけど、まぁ、想定の範囲内ですよね。

 なぜかって、こういうこと言う人って、権利を持っている人ではなくて、それを管理する人なんですよね。高校生が脚本通りに演技すれば作品が再現されると思っているアマチュアの発想で、いかにもクリエイターの発言じゃない。実際そうだから仕方ないけど。

 これが一番問題とも言えるんですけど、あまりにも権利を守る手間が煩雑なために存在している彼らに、存在するなと言うことを言ったところで通用するわけでもなく、彼らはいかようにも理由を考えてくるんですよね。理念がいつか思想になるというか。
 新聞者は新聞教育を、著作権協会は著作権教育を、「教育」の名の下に教育現場に入り込んできます。形こそ善意ですが、その「真意」のどこかしかに自分たちの批評者がいてもそれを「間違ってる」と処理することがあります。

 確かに「学校ならばなにをしても許されるというものではない」というのは事実なのですが、だったら「権利があったらなにをしても許されるというものではない」という反論も生まれるんですよね。そしてそれを議論する手間を「著作権なんかに!」惜しみたくないから、権利側は「啓蒙」をし、学校側はそれを避けて、結果、演劇というものがどんどん小さなモノになっていく・・・・自然、自分たちの存在価値は、多くの金を落とす演劇者に寄り添う形になる・・・・・現在問題とされている「二極化」というのは、実はこういうところから来ているのかもしれません。哀しいことですね。

 しかし、次の世代のやる気や才能がある人間が、そういうバカバカしさからアングラな社会や、力が伸びそうもない狭い社会に内向していくのは、結局業界としてはマイナスなのではないだろうか?

 人を感動させる作品を管理していると、その作品で訴えていることも、管理されてしまうということかもしれません。打開策はないんですかねぇ? まぁ、そういうネットワークを作るしかないのかな、協会と違うネットワークを。

 あ、あと問題なのは「俺の作品は高尚だから演じないでくれ」という作家意識かな。わからんでもないけれど、そういう作品がファシズムを批判していても、それこそがファッショな気がするのは私だけでしょうかねぇ。ま、人間なんてそんな矛盾な存在ですが。

web拍手 by FC2
2007.10.16 23:59

 うう、目が……

 感想文なんか真面目に書いちゃダメかな、いい歳して。しかも自分の為じゃないし。

 でもまぁ、しょうがないよね、書く手が止まらないのだから。

web拍手 by FC2
2007.10.15 23:59

 亀田親子の処分が出ましたね。

 聞けば反則行為してるときに内藤に「いい加減にしろよ!」と言われたら「ハイ……」と力なく返事したらしい。

 そこから見えるのは今回「金玉いっとけ」と言ってセコンドライセンス無期限停止を受けた父や、「肘入れたれ」といった兄という存在だろう。亀田家は負けるわけにはいかない。勝つしかないのだ。そういう役割をまかされたというのも言い分としてはあるだろうけど、自ら望んでやった部分が大きいだろう。

 今まではその「ノリ」でやってきた、そしてそれが上手くいっていた。そこまではよかった。だけど、今回、次男大毅は、王者内藤と闘って、思うように試合を運べないフラストレーションだけでなく、自らが持っていた自信とか、こうであるべきというイメージを思いっきり崩されるほど、自分の弱さを痛感していたのだろう。

 いくら指示されたと言っても、あそこまで投げてしまうというのは相当な精神状態に追い込まれてしまっていたのではないだろうか? 「倒せ!倒さなきゃ負け犬だ!」そんなプレッシャーに追い立てられ、だけど「勝てない、でも勝たなきゃ」そんな思いばかりが先に立ち、「倒す」というのを文字どおり「押し倒す」ことでしかできなくなってしまった……。

 そんな亀田兄弟がほとんどヤンキーのまま大人になったような父親から離れるというのは、他人が言うほど簡単じゃないだろう。なにせ、彼等にとって親は父だけなのだ。父と(こういった)教育方針が異なり袂をわかった母を親と思えるだろうか? 今の自分そのものを作ってきた偉大なる父(子供から見たらね)・・・・それが、「ずっと黙っとれ」と指導者失格の烙印を押されるわけだ。

 亀田大毅は一年のライセンス停止処分を受けた。しかし、一年で父を捨てられるのだろうか? 自分というボクサーを作ってきたモノ全てを捨て、新しく作り直す・・・・確かにそういう意味では、この無様な敗戦、そして一年の停止処分、親離れはプラスに働くだろう。だかれど口で言うほどその道のりは簡単ではない。なぜなら、彼は亀田親子で売ってきたから。亀田兄弟でやってきたから。

 今後この兄弟はどこに行くのだろうか?

 ・・・・・・てなこといって、WBCは肉親のセコンドを禁止していたのに余裕で出ていた親子だから、これも違反の自宅のボクシングジムで父親は三男とボクシングに励むのかも・・・・しれない。

 どちらにしろ、いかにも「自分とその周りだけが正しい」というヤンキー臭い考えから脱却するいい機会だろう。でもそれって、ちゃんとした保護者が必要かもしれない。そしてそれは、かなり難しいことかもしれない。朝原の四女が保護者のジャーナリストから逃亡したように

web拍手 by FC2
2007.10.14 22:49

 今日はなんか久し振りに家から一歩も出ない一日。いや、そうじゃないかもとか思ったりするが、そういうことにしておこう。

 でも今日は何してたかなぁ・・・・・う~ん・・・・・あ、中日、勝ちましたね。阪神は安藤先発にしなかったのが「悔いが残る」所なんじゃないのかなぁ? 藤川を使わなかったのはまだしも、ルーキー上園の「勢い」を期待したのかもしれないけれど、こういうシチュエーションでは荷が重い気もするよなぁ・・・・ま、それが岡田監督の特徴かもしれないけれど。それだから藤川が育ったわけだし。久保田の来季が心配ですが。

 さて、そんなわけで野球がまだまだ続くということで、相変わらず手の抜いた生活が続きそうです。なにを? やるべきことすべて!

 これで悔いが残らないのかなぁ(笑)

web拍手 by FC2
2007.10.13 23:45

 中日がウソみたいにきれいに勝ちましたね。よかったよかった。

 ・・・・書くことないなぁ。

 そういえばコント(?)観に行きました。しかしあれですね、やっぱ私、厳しい目しか持ってないなと思いましたよ。なんかこう、満足しないというか、どこかに足りないものを見出すというか。よく言えば圧力を掛けることでより強い反発を期待しているというか、鬼コーチ的な考え方をしているかというか。

 まぁこれも性格だから仕方ないよね。(いいのか、それで)

 やっぱ教師にならなくてよかった(笑)。
 一人の超人は育てられるけど(ホントかよ)、万人のいい子は育てられないもん。

web拍手 by FC2
2007.10.12 23:48

 なにやらテレビを見ないもんだからあれなんですけど、世間では亀田vs内藤の試合が話題になっているようですね。たぶんニュースにもバーンと出ているんでしょうが、私にはテキストでしか想像することしかできません。

 ・・・まぁ、今どきゃYouTubeみたいな動画サイトがあるから全然問題ないだろというツッコミも受ける気もしますけど、こういう時、文化が進化する、すなわち人の価値観が変わるときというのは、行動の選択肢が増えて、それを実感した瞬間なのかもしれないと考えたりしたのは世界広しといえども私だけでしょう。

 ・・・・・・だからどうした(。ヘ°)ハニャ

 と思ってYouTubeを見てみたらTBSから著作権主張されたから消されたっていうからさぁ大変。見られないじゃん!

 ・・・人は結局進化しないのかもしれません。

 

 (追記)しょうがないのでニコニコ動画で見てみました・・・・えーと、内藤って選手は外国人ですか?? なんか実況聞いてると、デストロイヤー扱いだね、昔のプロレスのガイジン悪役レスラーのような。
 こりゃYouTubeに削除依頼出すわ。内藤側に失礼だもん。「おーっと内藤、押し倒した」って・・・・。
 それに比べて、ラジオ実況は冷静でよかったですね。ボクシングを知ってる実況でした。「ダッキング」「ローブロー」「月収12万のチャンピオン」など、当たり前の単語が出てきたし(笑)。あ、ちゃんと亀田選手を冷静に見ていたのも評価できますね「亀田選手は打たれ強いですね」と。確かにそれは凄いからねぇ、若いのに。そうとうボコボコスパーをやっているのかもしれない。にしても、これが国際大会じゃなくてよかった・・・・。

 なんか、「肘で目を狙え」なんて兄が言ったらしいから問題になってるけど、その真偽はさておき、この、亀田一家が一日で凋落していく姿を見てるとなんか、ホリエモンを思い出します。
 よく考えたらそういう見方してる人って取り上げられなかったよね?(もちろん、そんなコメントがテレビに出ても面白くないからですが!)賛成か反対かしか問題視しない、それを取り上げることが報道だと思ってるのは昔からだから、仕方ないのかもしれませんがね、哀しいですよね。

web拍手 by FC2
2007.10.11 22:46

 また倒れ寝してしまう日々・・・・そのせいか口内炎が(※歯磨きしないから)。

 さて、世間を賑わしてるのは「亀田が負けた(←なんか竹藪焼けたみたいに聞こえるのは私だけ?)」かもしれませんけど、ネット社会なら間違いなくこのニュースだろうな。「児童買春の教頭がいたのを配慮してアニメ放映中止」

 いわゆる「は?」系のニュースなのですが、簡単に言うと、「おませな女の子」が「新人教師」に「過激なアプローチ」をする、ドタバタコメディ(?)の中に実際の教育現場での問題をリアルに盛り込んだ・・・・というアニメをですね、児童買春した教頭が逮捕され懲戒免職した事件を「受けて」、放映中止にしたという・・・・・えっわからない?

 私も正直「よくわからない」のだけれど(そのアニメ知らないし)、この記事の文章を読む限り「起・承・転・結」の「転」がだいぶ飛躍しすぎていて、たぶん誰にもこの「事情」がよくわからない。制作者がグチをこぼしたくなるのもわからんでもない

 たぶん、「イメージ的に」よくないから、ということなのだろうけど、別に買春をしているわけでもない(恋愛感情みたいなものが生まれそうに見せる作品だからかもしれないが)、このようないいかげんな「読解力」を持つ大人たちがたくさんいるということは、「ゆとり教育」を受けた方がよっぽど賢いのかも、とか思ったりもします。ほら、色んな事知ってれば色んな風に解釈しますからね。自分にいいように。特に自分の出世のために勉強してきた人は特にそう。

 そういえば、生の教育現場で思うのは、世間は騒ぎすぎだよね。うん。教師が日本国内にどれだけいるのをご存じかなぁ? こういう事件があるたびに騒ぎ立てるけれども、大企業に勤める変態より絶対少ないと思うな。

 

 他人の事なんてどうだっていいのにねぇ・・・・・。日本にもしヒトラー二世が生まれるとしたらこういうの利用していくんだろうなぁ、やだやだ。

web拍手 by FC2
2007.10.07 23:58

 さて、今週はほとんど更新していなかったわけだが、それはひとえに巨人が優勝したからと言うわけではない(誤用)。

 いやね、確かにあれですよ? 何回「阪神優勝!」って書いたかわからないですよ? 中日が優勝しそうだとも書いたですよ? でもなんで巨人優勝って書かなかったってそりゃ、書きたくないからに決まっているじゃないですか・・・・・・というのはまぁ、巨人が優勝した日に書くネタだったのだが、毎日疲れて寝ていたのでついぞ書く暇がなかったというのが真実だ。

 さて、そんな中日ドラゴンズですが、消化試合だけれども最終戦ということでラジオ中継があったので聞いていたんですけど、なんと、逆転のチャンスなのに「時間だから」と終了してしまいました! 結果として逆転しなかったのですからまぁ、苦情は予想よりは少ないと思いますが、せっかく、わざわざ中継を入れたのに逆に怒られることになるというのは皮肉なものです。それもこれもわが中日ドラゴンズが最初からリードを守っていればこんなことはないわけで、結局こんな試合ばかりの今年なので、日本シリーズどころかクライマックスシリーズもホントやばいなと思ったりするわけであります。

 今日のネタですけど、その、ラジオ中継が終わってからYahoo!のネット中継に切り換えたときに表示された、2番柳田のときの摩訶不思議な記述です

ワンバウンド珍プレイ?

 ワンバウンド 珍プレイ!!

 ・・・・・・ああ、ラジオが聞きたかった!

web拍手 by FC2
2007.10.06 23:58

 めちゃイケで、恒例の岡村隆史ライブ参加ルポをしていました。

 いや、やっぱりあれだね、岡村は、すげぇな。

 見てない人への説明は省いて申し訳ないんですが、とりあえず、毎回のことのように、人々の想像を超えるパフォーマンスを見せて、感動(主に笑いだが)させてくれる。

web拍手 by FC2
2007.10.01 23:08

 さて、この10月1日から色々変わるんだそうで、世間は大変そうだ。

 一番大きいのはもちろん、郵政。民営化したおかげで、同じ建物内の部署が、今日から別会社ということで、むしろ合理化から離れているんじゃないのか、なんてこともあるわけですけど、とりあえずなにより「合理化」なんてのは、本当の合理化じゃなくて、実行者から見た「合理化」でしかないので、こんなシーンはこれからどんどん出てくるのでしょう。その流れで行けばとりあえず、郵政三事業を一手に引き受けてきた田舎の郵便局なんかは、まったくもって不合理なので、合理化されていくでしょう。消えろ、と。

 さて、そんな民営化の先輩にNTTがあります。NTTといえば民営化されてもまったくサービス精神が変わらない悪しき代名詞みたいなところでもありますが、それはなにより競争がないからとも言われております。

 ですがどうなんでしょうね? 私の使ってるメールは、NTT系列の会社「NTT PC」のレンタルサーバ「WebArena」なのですけれど、これを解約しようと思って調べてみると、なに?

 解約書類に判を押して郵送orFAXで提出しろと?
 しかも、クレジットカード払いだというのに?
 解約日はそれが到着した、次の次の料金締め日だと?

 ・・・・・・このデジタル社会にあって、なんというアナクロな。他のレンタルサーバがどうなのか知らないからあまりおおきな声では言えないが、少なくとも、そこには、ITのカケラもない。ビルのオーナーならわかるよ? でもね、あるのはデータ(と書類)だけでしょ? なんでこんなにかかるんだよ?スタッフ一人なのか??
 いや、なんでもそうって言えばそうだけど、技術の最先端を気どっているところほど、考え方が古い!テレビ業界とか。解約率1%未満という宣伝も、実は解約しにくいからみんなめんどかったりするんじゃないの?(正確には、安定・高速だから企業が動かそうとしないだけかもしれないが)

 

 最下位相手にアップアップになって、結局去年の日本シリーズのように大事なところで力を出し切れない情けない中日ドラゴンズを見てかなりイライラしていましたが、このふざけたサービス精神のレンタルサーバ会社よりずっとましなように見えてきました。彼らは、彼らなりに一生懸命やってるもんね。でも、この会社、どうよ?

 月額3千円以上の料金と、このサービス姿勢・・・・
 まぁ、金があるってことかもしれないけど、民営化したところで合理化されないといういい証明かもしれません(リストラという合理化はしやすいですが)。

 結局、民間とかなんとか関係ないのよ、そういうものを真剣に取り組める「制度」と「システム」が確立されているかどうかなんだよね。みんな、根源的な問題からは目をそらすのよね、大変だから。だからいくらJPが『涙そうそう』流そうが、誰もそれを信じられないんじゃ、ないのかなぁ?

web拍手 by FC2
2007.10.01 00:07

 NHKの朝アニメ『風の少女エミリー』を観ました。

 えっ知らない?

 知らないだろうなぁ、私も前回初めて知ったぐらいだし。しかも今日、最終回。
 『赤毛のアン』で有名な、L.M.モンゴメリの、小説家を目指す少女の物語、いわゆる「エミリーシリーズ」の少女時代のアニメ化なんだけど、知ってる人いるかな?

 私は知らなかったんだけど、これが観てみたら結構オーソドックスなストーリー展開(というか現代の物がそれに追従しているという言い方のほうが正しいのか?)でしたけど、ちゃんと押さえるべきポイントが押さえられていて、特にその、小説への姿勢が、なんかこう、世俗的な『立身出世』ばかり考えがちな作家志望者が多いのをまるで戒めるかのような、純粋な「創作意欲」に従った上での作家行動をする姿に、ある種新鮮みを感じます。

web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。