死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2008.12.31 23:59

 年越しそばのかわりに皿うどんを食べてましたよ。

 ・・・・・え? いらぬ情報???

 それにしても、今年一年いろいろあったなぁ・・・と思いながら掃除してましたよ。日も落ちてから風呂掃除したり・・・・寒ッ!

 まぁ、冗談はさておきですけど、あれですよね、ひとり暮らしだと、こういう時、「意識」しなければ、こういう区切りというか、イベントを忘れちゃいますよね。

 そう考えると、仕事にかまけて、結婚式に遅刻するとかっていう話とかも、ありうるなぁって思ったりしますよ。

 ・・・・・・・・一年の終わりがこれ?

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2008.12.30 23:21

 あー首痛い。

 しっかしあれだなぁ、結局この一年、イス変えたり、こまめに医者行ったり、マットレス買ったりいろいろしたけれど、根本的解決になってねぇなぁ。無駄金だったかもしれんと思っても後のまつりだし。

 まぁ、わかってるんだよ、ホントは、画面の前に貼り付く割に体を動かしてないから筋肉が緊張してこうなるんだってことは。意識しても治らないし、性格で割りきるのもあれだし・・・・やっぱ、時間で強制的にスリープ状態になるように設定しなきゃいけないのかなぁ? 休憩メッセージが50分おきに入るようになっているのに、速効消すからなぁ、無意味だろうけどなぁ。

 もう、パソコンやめようかなぁ。ホント。

web拍手 by FC2
2008.12.29 23:06

 さて、仕事お休みになったわけだが・・・・携帯の目覚ましはそんなことも知らずに鳴るわけだよ。ええ、まぁ、それに従う私じゃないけれども(だって寒いもん)。

 しかし変な感じだなぁ。まだ、休みが始まったばっかだというのに、なんか、リズムがおかしいと感じる。時間はたくさんあるはずなのに、ゴロゴロとムダな時間を使いながら本読んだり、ぐーたらな日々を送る。世間の派遣切りとはまったく無縁な生き方。だが、大多数はこんなものだろう。だからこそ、派遣切りについても「怒る」よりも「自己責任だ」と思う人が「多い」。

 人間、やっぱ、いつも感覚をシャープにしていないと、人として堕落していくのかもなぁ・・・って思ったりする。

 ああ、2か月まったく働かなかった日々を思い出す。時間がたくさんあっても、メリハリがないからやれない、みたいな。人間は欲深い生き物ですね。

 でも、その欲もないとまた、病気になっちゃうんだよねぇ、人って。ま、だからこそ、欲に溺れる人がいるんだけども。

web拍手 by FC2
2008.12.28 23:26

 今日? 今日かぁ? なにしたかなぁ?

 また甥っ子の面倒みたり、兄嫁と買い物行ったり、そこで、婚約者を亡くした男が美人と結婚しただとか、そんな話をしていた。そういうわけで、特になにもない一日と言えばそうだけど、現実はそんなもんである。

 っていうのを、リストカッターのメールが収録された本

 ロブ@大月『自殺するな!生きろ!』

・・・という読み手を選びそうな本を読んでいて思った。

 世の中、自分の思ったとおりに行かないのが当たり前って思ってた方が楽よね。でも、そういうことがないように「見えちゃう」から、それを感じられずに、そして実際自分の身に起こっているその「当たり前」に苦しめられちゃうんだろうね。だいたい、親がその原因だったりするのよね、当たり前に大切にしてくれる親が、実はしてくれてないのが当たり前だと気づかない現実・・・・怖いね。

 ああ、幸せな家庭で生まれ育ってよかった、俺。お金ないけど。でもまぁ、精神科とかのお世話になることはない家だからなぁ・・・。ありがたやありがたや。

web拍手 by FC2
2008.12.27 23:29

 私の日記を最初の頃(もう9年ぐらいかな)から読んでいる友人と忘年会しましたよ。

 あれですよね、人っておもしろいですよね。自分ではすっかり忘れてるような自分のことを、覚えているんだから。

 やれ、旅日記はいつ書くんだとかはいつものことなんですが、ビリーズブートキャンプとかの話になり、「そういえば、一日一回ずつ回数を増やす試みはどうなった?」と言われたので、はて一体なんのことやらと思ったけれども、確かに私、昔、そんなこと言ってたわと思い出した。

ご存じのない方のために解説

2005年の年末に「来年の一月一日から、一日一回ずつ回数を増やす筋トレをしよう!そうすれば一年後には365回も出来るようになっている!・・・・ハズとして始めた企画。4月ごろにはほぼ挫折。
 決意その1その2その3

 ・・・とまぁ、こんな感じでいつものように挫折したわけで、そんなこともすっかり忘れていたが、あれから二年も経つというのに、本人はすっかり忘れていたというのに、見ている人の方が覚えているっておもしろいよね。まぁ、こういうことを考えること自体がおもしろいからおぼえていたんだろうけども。

 ネットで公開する日記ってのは、普通にパーソナルに書く日記と異なり、不特定多数の人が見ることを想定して文章を書くものだ。それはつまり、「日記を書くことでストレス解消になる」という部分をある程度抑えなければならないという時も出てくる。書いちゃいけないこととかもあるからね。

 だけど、そのかわりじゃないけれど、ただの日記であるはずなのに、普通に会話してたりすることのように相手が自分の「思った」ことをおぼえていてくれる、ということもまた発生する。つまりそれは、自分を客観的に見られる機会がより増えるということだろう。

 ネットの日記がなんの意味があるのか。

 ブログの浸透により、そんな議論も最近は成されないぐらい一般的なものになりつつあるが、やっぱりネット日記を書くってことは、「自分」という存在をわかってもらいたい、そういう想いがなきゃ、続かないものなのかもしれないし、それだけでも続かないものなんだろうと思う。難しいけれども。

 なんだろうね?

 とにかく、ネット日記で「しか」得られないものがある、それがあるからこそ人は、ネット日記を続けられるんだろう。そして私もそうして、そのうち10年なんていう大台に届きそうになってきた。ブログにしてからもすでに1000件の記事数を超えたし(笑)・・・そんな書いたんか。

 まぁ、そのためにはある程度理想ばっか追っていられないんだけどもね。旅日記書かなかったり。あまり自分に負担がないことも大事よね。そして、メリットもあるって感じないとね。バランスよね。

 某元野球監督は途中で挫折したけど。メリットがデメリットを下回った・・・ってことかな。日記はパーソナルなものだからこそなおさら、そういう選択をしがちなのかもね。

 「ファンサービス」だけじゃ絶対続かない。本当に、「ファンに感謝している」って人なら続けられる。今はたくさんの芸能人、スポーツ選手がブログや日記をしてるけど、いつまで続くことやら・・・という気もする。続きそうな人もいるし、続かなさそうな人もいる。ずっと続いてきている人もいる。そこを分けるのは、「自分の日記を見て『くれる』こと」をどう思うかってところだろうね。

 それは、普通の日記とは明らかに違うところだろうね。そこを間違えちゃうと、「俺の日記を『見せてやってる』のに」って気持ちになっちゃう。それじゃ、閉鎖するしかなくなるよね。日記を見せるのは自由だけど、見せるってことはつまり、人がどう感じるかに対してのある程度の責任が生まれるからね。物書きとしての礼儀みたいなものかな。まぁ、そんなん意識して書いてる人はいないから、結局人間的資質に行き着くんだろうけども。

web拍手 by FC2
2008.12.26 23:25

 東海テレビ開局50周年記念ドラマ「長生き競争」を見てましたよ(フジテレビ系ね)。

 76歳になった老人たちが、誰が長生きできるか賭けをしようじゃないかということで、冗談のように人がポンポン死んでいくんですが、その中で生きることの意味というか、価値を探す・・・みたいな同名小説が原作のドラマです。

 なかなか面白く見られましたが、演出としてあまりひねりがなかった気がして残念ですね。もっとこう、訴求力のあるドラマづくりをした方がよかったような気がします、開局50周年というのなら、テレビ技術の集大成みたいな。
 なんか、ただ、大物俳優を使って、割といいストーリーを「なぞった」だけに見えてしまいましたよ。もっとよくできる作品だと思うのに、残念だねぇ。結局大物俳優が生き残るとか、実写ドラマにすると読めちゃうのも、「テレビの作法」としての配慮が足らないよねぇ。

 終わってから番組表見てたら、他の局もおなじように記念番組をやってましたね。しまったなぁ、せっかくだから比較すればよかったかもな。まぁいいけど。

 全然関係ない話ですけど、この前にやっていた女子フィギュアスケートの、中野友加里の演技は抜群によかったですねぇ。一言で言うと「美」だね。

 そういう意味で、「長生き競争」は明らかにそれに負けていた。面白いお話なのに、残念。「いい話」に甘えてたんじゃないかな? 本来持っている「物語」を、活かしきれなかった感じがする。厳しい見方をするとね。

 やっぱね、表現者は努力しなきゃ。ライバルは他社じゃなくて、自社にいるかもしれないんだから。

web拍手 by FC2
2008.12.25 23:59

 最近、別ブログのために、資料ということで本をハイペースで消費している。まぁ、ほとんど借りてるんだが。死にそうだ。なぜって? 今はだいぶましになったが、私はもともと活字を読むのが好きじゃないから。

 ・・・・こんな長文書いておいてか。

 逆に言うとあれかもなぁ。若い頃に本を読んでないから、想いを言葉にしてしまって、「文章」の作法に則ってないから長くなる。いやまぁ、マンガは死ぬほど読んだんだけどね。だから、書けるのは書けるんだけど、ヘタクソ・・・と。

 そういうことで、今度のブログは、そんな活字に弱い私でも読めるものにしようかなぁと考え中。そのためにたくさん本読んでどうすんだよと言われるかもしれないけど、それをわかりやすくするってことがまぁ、今のしたいことなんだろうな。だから、読めるんだろうね。

 でも、それには修行が必要だわ。だって、慣れてないもん。ハイペースにもなるさ。

web拍手 by FC2
2008.12.24 23:59

 24日、今朝見た夢は、非常に不思議な夢だった。
 というのも、芸能人が夢に登場してくるなんてはじめてだ。芸能界に憧れもないし、テレビが大好きというわけでもないから今までそんなのなくてもごく自然なことだと思うのだけど、今日はなにか特別な気がした。

 私はよく夢を見る。正夢も結構多いほうだ。だけど、他の人もそうだと思うけれど、夢なんて、起きたすぐのときしかおぼえていないものだ。だから、正夢があったとしても、ふとした瞬間に「この光景見たことある!」とその時の夢のことを思い出すことがあるけれど、普段の生活ではほとんどの夢を忘れてしまっている。きっと、そうしないとメモリがパンクするからだろう。

 今朝見た夢は、実に不思議な夢だった。なにせ、特別な意識をもっていない「飯島愛」さんが夢に出てきたからだ。出てきたというか、飯島愛のストーリーにも見えた。私は、その中の一登場人物、傍観者でしかなかった。

web拍手 by FC2
2008.12.23 21:12

 松本サリン事件で、被害者なのに容疑者扱いされた河野さんという方がいるんですが、その人の家に毎月剪定に来る日とがいるんですって。で、その人って誰って、松本サリン事件に使われたサリン噴霧車を作った、元受刑者なんですって。

 新聞記事によると、刑務所内で身につけた剪定技術を、せめてもの罪滅ぼしとしてやろうとしたそうですよ。山口から長野まで月一で、もちろん無償。

 ドラマとかではよくありますけど、でもあれですよねぇ、なかなか出来ないですよね。

 だって、マスコミは何した? 「謝罪」しただけじゃない? あと、「これからも気をつけないと」って言ってるだけのような気がする。食品偽装の「謝罪」とか、政治家の「謝罪」は鬼の首をとったようにとりあげて、「謝罪よりも他にすることあるだろ」って言うのに、自分たちの謝罪は・・・何?

 と、思ってしまうんだけど、元受刑者が身につけた剪定技術が活かすのをおなじように、メディアも自分たちが河野さんの名誉を守ろうという報道をしてるのかも、しれない・・・・と大人風に考えてみたよ、天皇誕生日だしね(←関係あらへんよ)。

⇒河野さん宅で剪定作業(中日新聞)

web拍手 by FC2
2008.12.22 23:59

 ども、tkiyotoです。

 突然ですけど、私、ゆずの香りが好きなんですよねぇ。

 冬至が近くなるとゆずがスーパーの店頭に並ぶので、その香りを嗅ぐと嬉しくなってしまいます。将来は庭にゆずを植えたいぐらい好きです。まぁ、実際そうなったら飽きるのが人間というものでしょうが・・・

ゆずを転がす猫

 ちなみに今年は、ミニゆずを買いましたよ。ゆず湯入ってきまーす。冬至は昨日ですけど。

web拍手 by FC2
2008.12.21 23:48

 なにした? うーん・・・・

 マッサージチェアの上で寝てたら、朝というか夜中に起きて、寒くて眠れないからストーブの前で横になって、時々起きて、洗い物しようと思ったけどできなくて、なんだかんだしてるうちに朝になったから仕方なく起きて、朝飯食って、「喝!」見て、途中から「題名のない音楽会」見て、「サンデーモーニング」の特集見て、洗い物して、加湿器のフィルターを洗って、掃除機かけて、ちょっとだけ模様替えして、本読んで、「サンデードラゴンズ」見て、うどん食って、宣伝チックな「バースデイ」見て、ニコニコ動画でBGM聞いて、ブラウザにJava入れて、肉を解凍して、本読みながらガンバの試合見て、次は決勝見て、エクアドル勝ったら格差社会も目じゃないのにと思ったけどやっぱり叶わなくて、皿うどん作って、電話して、本読んで、終わり・・・・・かな? 何してたんだろうねぇ?(いや、たくさんしてるだろ)

 こういうの、くだらないことなのに、文章にするとなんか、凄いことしてるように見えるから不思議だよね。世の中こういう書類がどれほど多いことか!

 ・・・・なんて思ったりしなかったりした一日でした、と。

web拍手 by FC2
2008.12.20 23:59

 やっと日記が現実に追いついた・・・・いや、こっちの話。

 今日はなんか、ひさしぶりに昼寝してましたよ。ひさしぶりか? まぁいいや。

 にしてもスーパーサッカー見てましたけど、ひどくつまらない番組になりましたねぇ、なんか。Jリーグが出来た頃のスパサカ(生島ヒロシ・金田喜稔・ビートたけし・西田ひかる/三井ゆり)はサッカーに興味のない私でもおもしろい、見てみようと思いましたけど、今日見てて、加藤浩次と小倉隆史のつまらないトークもいただけないですが、知らない人からしたら「なんじゃそりゃ」的な話の持っていき方で、サッカーの「魅力」をあまり伝えられないんじゃないのかな、とか思ったりしました。

 個人的感想ですけど。甘えてるなという印象? なんかまるで、サッカーは超メジャーだからなにもしなくても人気がなくならない、と甘く考えている番組に見えました。野球の一チーム応援番組の拡大版みたいな? まぁ、そういうもんか。

 まぁ、サッカー好きのための番組といえばそうなんでしょうけども、だからといってサッカーそのものをマニアックに追求しているわけでもなく、ミーハー的なサッカー番組?みたいな。そういう毛色でいいってことなのかもしれませんけど。取材予算がないのかな? なんかこう、視聴者の想いに応えて発信しいているというよりも、自分たちの好きにしている番組のように感じました。一言で言えば「趣味だろ」みたいな。私だけでしょうかね?

 でもそのおかげで、テレビばっか見てちゃあかんなと、数日前に言った、テレビを見過ぎてしまう私の悩みも、一気に解消されそうです。テレビにはやっぱり時間のムダもあるんだなって。よかったよかった。

 単に、加藤&小倉じゃ二人とも薄っぺらい感じだから、組み合わせが悪いってだけかもなぁ。うん、だから仲良しクラブみたいでつまらないんだろうな。情熱の持っていき方が他にないのかもしれないなぁ。

 そういう意味で、サッカーも野球みたいになってきたってことかな。それがいいことなのか悪いことなのか・・・とにかく、同じ問題が起きるってことだろうね、きっと。排他的というか。

web拍手 by FC2
2008.12.19 23:59

 忘年会でしたよ。

 またカラオケで騒いでましたよ。栄のカラオケ舘の窓からサンシャイン栄が見える部屋で、道行く人に手を振ったりしていましたよ。すごいテンションですよ、毎回ですけど。

 その次にラーメンならぬホルモン焼き行きましたよ。場所は、徳川園近くの、「おおやまホルモン新出来店」。柔らかくて食べやすい、でもおいしい、牛ホルモンから、さまざまなものがすべておいしい。店員さんも感じがよいし、換気扇(?)もハイパワーで、匂いが服につきにくいし(その分外はすごい匂う)、ホルモン嫌いじゃない人にはオススメできるとこでしたよ。ま、ホルモン嫌いな人でも結構いけそうな気がしますけどね。

 でも、ヘルシー♪って感じではないので、そういうのが気になる人は全然ダメかもねぇ。

web拍手 by FC2
2008.12.18 23:59

 マンチェスターユナイテッド×ガンバ大阪を観てました、テレビで。

 おもしろい試合でしたねぇ。日本のサッカーもレベルが上がってんだぞという感じが出ていて。じゃっかん、カミカゼ的でしたね。いや、勝つためには仕方ないんですけど。

 結局、サムライサムライ言うけれど、こういうのが、最近の野球とかサッカー日本代表にない気がする。つまり、個人で勝てないのなら集団でもいいからとにかく斬りかかれと、そんな感じ。

 まぁ、そういうのがサムライじゃないという価値観があるから、そういうのがよけい出来ないのかもしれないけれど(私も言うけれど)、でも、やっぱ実際、まともなやり方では勝てないというとき、とにかく集団で勝つぞというためにチームが一つになるっていうのが日本のサムライ的姿の一つなのかもしれないと思った。

 まぁ、だからこそ選手交代できないってところが、マンUとの大きな違いなんだろうなと思ったけれども。マンUは、選手を替えたら戦術もガラッと変えることができたけど(選手の個性と活かし方をベンチも選手も知っているから)、ガンバはできなかった。
 Jリーグならできたのかもしれないけど、マンUといい試合をしていたから変えられなかったのかもしれないけど、負けているなら戦術を変えるってことをしない限り、勝てはしなかっただろうなと思ったけども、そうしたら、こういう「善戦」も望めなかったかもしれない。難しいところだ。

 相手が相手だけに、長所で勝負して、破れた。

 この試合の本質はそういうところにあるんだろうな。まだまだ、世界の壁は高いってことかな。それでも、着実に進歩してるってことはいいことかもね。だって、試合としておもしろいもの。昔じゃ考えられないじゃない?

 マンUの凄さと奥深さをさらに引き立てさせる結果にはなったけれども、名脇役がいなければ主役が輝かないように、日本も堂々と、世界の「仲間入り」はできてるんじゃないかなって感じた。まだまだライバルにはなれないけども。

web拍手 by FC2
2008.12.17 23:59

 ジャストシステムなんだけど、フリーソフトという、なんか、昔一太郎とかについていた(私も使用していた)メールソフトShurikenみたいなブログソフトがあると聞いて、さっそくダウンロードして使ってみた。個人・非商用なら無料版が使える(アフィリエイトぐらいなら非商用、ドロップシッピングは商用)

 その名も、xfyBlogEditor

 ・・・・読みづらぁ・・・・

 どうもこれ、XMLベースのソフトらしく、様々なハードウェア的カスタマイズが出来るという利点があるけれど、文字の追従性がもっさりしていたり、細かい設定がC言語とかで作ってある市販ソフトほど出来なかったり、使いやすいような使いづらいような、イマイチよくわからんソフトです。

 特徴は、拡張が豊富・・・・なのかな。Amazonアソシエイトやら楽天はもとより、YouTubeの動画とかGoogleマップとか、そういうものを記事にソフトから挿入できる・・・と、現在使ってる「Blog Write」がちっともプラグインが増えないので、その変わりに使おうかなと最近の記事は全部これで書いているんですが・・・・むむぅ。金は払えんな、という感じ。もっさり感がどうもねぇ。

 ま、その分、長い文章書きづらいから短くなっていいかもね♪なんてポジティブに考えてみたけど、しかし、字が小さいぞ、このソフト。設定で大きくならんし。そういう意味で、考えちゃうなぁ・・・・。

 あ、でも便利なのは、投稿日時を選択するときにカレンダー表示されるのと、カテゴリー指定をしなくても自然とデフォ(ここの場合日記)になるし、ブログ「部品」というのが使えるから、たとえば

チーム名

10

合計

ドアラ’s

1

0

0

1

9

6

4

6

4

31

芋けんぴ’s

0

0

0

0

0

0

3

8

0

11

こんなのとか、ボタン一つで簡単に挿入できるってのが便利だよね。使い方によっては確かに、無敵のブログツールになるかも・・・って感じがした。さすがにジャストシステムだねって思った。まぁ、誰にでも勧められないって所もジャストシステムだけど。普通にパソコンを使うだけの人じゃ、表示される言葉一つ一つが不明だもん、このソフト。

⇒xfyBlogEditor

web拍手 by FC2
2008.12.16 23:59

 最近不況ですってね。

 まぁ、毎回言ってるような気がしますけどね、メディアも人びとも。

 だから、今の若い人なんかきっと「景気が悪い」ってのが、単なる大人のグチにしか聞こえないかもしれないのかなとかちょっと思ったり。

 そう言うと大人って「いや、ホントに不況なんだ、大変なんだよ」って語るだろうから、ますます大人のグチっぽく聞こえてしまうんじゃないかと。

 それも若者のいいところだと思いますけどね。だって、大人の言うとおりにしてたらそりゃ、不況になるさ。本当の意味で新しいことしないもん。

 そういうことを考えると、世界的不況って言うけれど、先進国の少子化が引き起こしたってことかもしれませんよ? 新しい力が生まれないから。

web拍手 by FC2
2008.12.15 23:59

 浅田真央がテレビに出てました。グランプリシリーズ制覇と言うことで、さらにメディアの注目を集めるんですけど、いつも笑顔なのがすごいですよねぇ。もともとそういう顔かもしれないんですけど、でもやっぱり、笑顔が人を惹きつけ、味方を生むっていうのは本当かもねぇなんて思いました。

 まぁ、それだけでもダメなこともあるんで、あくまで一つの「要素」でしかないんでしょうけどね。「クールビューティー」で売り出す人もいるわけだし。

 結局は、自分の「色」をどれだけ持って、出せるかってコトなんでしょうね。

 私の色ってなんでしょうねぇ・・・・ま、いいか。

 ・・・・ってところなんでしょうね、きっと。だから日記も続いてるんだろうし。

web拍手 by FC2
2008.12.14 23:59

 テレビをよく観ます。

 なんででしょうかね? 頭がゆるゆるになってきたからでしょうか? かたくなにテレビを観ないで頑張ろうと思うのではなく、観たいと思うならそれを済ませてからやりたいことをしようと。だって観たいんだもんと。

 そんなこんなでブログの更新が遅れてることは良いことなのか悪いことなのか・・・(←悪いことだろ)。

 まぁ、それも人生。

 そのうちテレビにも飽きるさ。

 んなこと言って次はゲームにはまったりね。こうしてるとどんどんパンピーになるなぁ。えっ無理だって!?

web拍手 by FC2
2008.12.13 23:59

 最近、新規ブログの準備で忙しくて、こっちがおろそか。

 なので、この日記も一週間後に書いてるなんてとても言えなくて、でも書いちゃったし、こうやってネタを稼ぐクセは一生直らないんだろうけども、こういうのを読んでいる人は一体どういう気持ちなんだろうとか、ふと考えた。

 「くだらんもん読ませるぐらいなら書くな」

 なんて冷たいこと言う人はきっと私ぐらいだと思うから、それは気にしすぎなんだろうけど、なぜか、つい、くだらないことでも書けばいいのに、なかなか書けない。というか寝てしまう。

 まぁいいか、あとでも、「書きたい」と思ったんなら、書いた方がいいから。そうすると、ストレスってたまらんもんよ、自分のしたいことしかしないから。

 えっ? だから旅日記とか更新しないんだって? まぁねえ。

web拍手 by FC2
2008.12.12 23:59

 久し振りに図書館に行きましたよ。鶴舞図書館。

 ・・・・ホントに久し振りだな。

 思わず、色々と読みふけってしまいましたよ。でもあれだよね、毎日来ようとは思わないのはなんでだろうね? あと、借りていくと読むスピードが落ちるのも。

 まぁ、そんなもんか。

web拍手 by FC2
2008.12.11 23:59

 小学校低学年相手の、合気道授業に参加してみましたよ。というか、投げられ役でしたよ。受け身が出来るので。

 まぁ、最初なので大げさに投げる技は使われなかったですが、おもしろいですね、これ。ずっと興味を持ってたのもありますし。

 私は「合気道はインチキだ」と言うほど格闘技に関して無知ではありませんが、自分の想像していたものとずいぶん違っていた感じ。それはきっと今日やったのが「投げ」より「極め」(一教~三教)が多かったからかもしれないけれど、一般的なプロレス的な「極め」とは根本的に性質が違うものだというものをすごく実感した。つまり「パワー」がないと極められない、という考え方と違う

 でも、やられてみると、「なんで」やられたか不思議だけれども、「なぜ」そうなったのかはわかる。自分の重心、力のベクトル、筋の動きと向き、関節の向き、そういったものを「利用して」、たとえば攻める側が望む動きの想定外の方向に動かすことで起こるようだ。つまり、非常に、科学的なのだ、科学で解明されていないことも含めて、科学的。たぶん、どの格闘技よりもずっと。

 しかしそれゆえ、一般的な「格闘技」とはずいぶん異質というのもよくわかる。科学なんて肉体改造とメンタルにしか用いられない、世間一般の「格闘技」とは、「攻める」ことが賞讃される格闘技とは、根本的に異質だ。

 昔から、「世界NO.1を決める」と騒いでる格闘技イベントが脈々と続いてきたけれど、そこでは「攻めない」=弱さの証ということで、ペナルティが取られるわけで、すごく「マッチョ」な世界だ。まぁ、そういう「イメージ」で商売をしているんだけどもね。信仰とでも言おうか。

 なので、それを支えるたとえば部活動とか、道場とか、「とにかく根性だ!」という空気感とはまったく違う。練習しないとかではなく、そういうのじゃダメってことになるんだと思う。それが隙になってしまう・・・そんなもののような気がした。コペルニクス的発想の転換が必要であると思う。マッチョじゃなくても技は掛けられるし、マッチョである必要はない(ただし、スピードは必要)。
 だからといって合気道ならイジメがない、安全だ、とも言わないが、本質的に異質だと感じたし、合気道の開祖、植芝盛平のいう、「和合」というのもよくわかる気がした。出来るかと言ったらすぐには出来ませんけども。でも、やってみようかなぁ。「マッチョ」信仰が嫌いな私向きだし。

 で、基本的に勉強も出来る、元格闘家・須藤元気が、「表面的な強さを追求しても仕方ない、本当に強い人間は戦わずして勝つ」という考えにいたって、格闘家を引退したのもよくわかるなぁ、なんて思った。

 余談だが、もう「58歳!」の由美かおるは、合気道四段らしいよ。スリーサイズが若い頃と変わらない、あの、お銀が。以下の動画は由美かおるの合気道姿

 由美かおるが、「美しくなるための合気道」という本を昔出していたらしい。この動画より更に前。中古で・・・・5千円? なんか、違う人が買ってそう・・・県内の図書館に一冊だけあるから、見てみようかな。

web拍手 by FC2
2008.12.10 23:59

 職場に、チラシが来た。まぁ、あれよ、ランドセル買いませんかってやつよ。

 ランドセルって高いよね。とか言われて久しいけれど、実際見てみると、案外そうでもない。社会人のオタクがグッズににつぎ込むお金にくらべたら、ホント、微々たるものだと思う。3万もしない。でも、国内産。

 国内産じゃないランドセルも変な感じがするが、きっとどっかにはあるんだろう。まったく関係ないけれど、最近のランドセルはカラフルだって言うけれど、実際95%ぐらいが、男は黒、女は赤、もしくはピンクって感じ。親は自分と同じものを与えたがるもんだ。というか、そうじゃなきゃおかしいと思うもんだ。だから学校制度は何も変わらず、その流れに乗れないと、うつ病の先生も出てくるわけだ・・・・たぶん。

 それはさておき、このチラシ見てビックリしたんだけど、これ、国内産を通りこして、メイド・イン・名古屋だった。

MADE IN 名古屋証拠写真

 ・・・なんか、新幹線のプレートみたいだけど、とりあえず「名古屋」というデカデカとした文字。しかも英文つき。いったい誰に勧めてるの? フィリピン人?
 本文をよく読んでみると・・・

当社の製品は MADE IN 名古屋 であります。

当社の商品は、双子のきんさん、ぎんさんとともに全世界に紹介されました。この商品はよりよく改良された、お子様に大変やさしい健康型ランドセルです。

 全世界に紹介だって? きんさんとぎんさんと一緒に? どういうシチュエーションで? ・・・・ということで調べてみたが、どうも、きんさんぎんさんに、「金のランドセル」と「銀のランドセル」を送ったのと関係があるらしい・・・にしても、かなりランドセルとしてどうでもいい情報。
 それゆえか、あくまでもランドセルのコピーとして「健康型ランドセル」というのを赤波線まで引いて強調している。これが名古屋クオリティだろうか? なんて。

 で、その金銀ランドセルを調べていたら、どうもこの、パルタカヤナギという会社、「ヘンなランドセル」を作ってたびたびテレビに登場しているらしい。純金ランドセルとか、毛皮のランドセルとか(笑)、牛の胃袋で作ったランドセルとか・・・・

情報元

ねたくり町(珍ランドセルリスト有)

エキサイトニュース

パルタカヤナギ

 えっ? 健康型はなにって? いや、ベルトの形状とか、素材とかですよ。子供の頃感じた「ランドセルしょってると痛い」ってのを改善してくれるってことじゃないですか? そっちがどうでもよくなってしまうぐらい、「きんさんぎんさん」に惹かれてしまいました。まぁ、MADE IN 名古屋ですから、そこんとこ一貫して攻めるんでしょう。
 でも、ヘンなランドセル作れるってことは、海外産ランドセル(あるのか?)とかにも負けず頑張ってるってことでしょうね

web拍手 by FC2
2008.12.09 23:59

 名古屋は中区丸の内2丁目にある、文字通り「2丁目カフェ」に行って参りましたよ。なんでそんなとこにって、今日は愛知県図書館行って、そこでスガキヤでラーメンでも食うべさと思っていたんだけど、肝心の図書館が特別休館日ということで、フザケンナバッカヤローテメェ死ぬかなんて一瞬たりとも思わずに、仕方ないなぁということで家路につこうとしたんです。

 で、どっかカフェでも入るかなぁとでも普段通らない道を通ってみたら、巨大な看板が出迎えてくれたわけですよ。色んなメニューがあるよ、ということで。

 まぁ、こういうデカ看板出すのはたいがい味に自信がないところだろうと思ってスルーしようとしたんですけど、一番下の方に書かれているメニューが気になったので止まってみたんです。
 そのメニューとは・・・・「石焼きうなぎまぶし」

 最近は「名古屋めし」なんて言葉があるくらいで、全国的にも有名になった「うなぎのふつまぶし」を、なんと驚くことに石焼きにしてしまったということで、ついつい気になってしまったわけですよ。はい。

web拍手 by FC2
2008.12.08 23:59

 保険証がカードになりましたよ。

保険証がカードになった

 今月の頭から保険自体が切り替えということで、前の保険証を没収され、次のカードのが来るのは15日からですとかふざけた案内が来てましたが、文句を言った人がいたんでしょう、一週間早まりましたよ。

 裏面がドナー登録になってましたよ。

 あ、緑のやつは、保険切り替わり時のボーナスみたいなもんです。医薬品の商品券・・・でも、ドラッグストアとかでは使えないですよん。町の薬局でしか使えないらしい。なぜでしょねぇ。

web拍手 by FC2
2008.12.07 23:59

 試験でしたよ。

 大須301ビル内の中華料理屋で300円でラーメンを食えるというクーポンがあったので食ってまいりましたよ。300円じゃなきゃ食べない感じでしたよ。

 世の中そんなもんですよ。

 そういうわけで試験もきっと、そんなもんですよ。あいかわらずいやがらせ問題ばっかだったなぁ・・・・内部事情を知らない人には絶対わからないだろうというような問題とか。

 ま、世の中そんなもんですよ。

web拍手 by FC2
2008.12.06 23:59

 明日は試験なんで猛勉強ですよ。

 甥っ子とだんご食ってましたよ(←勉強してねーんじゃね?)

 まぁ、いつものことですよ。

web拍手 by FC2
2008.12.05 23:59

 知ってる人は知っている。知らない人はおぼえてね・・・・はミウラのCMだけれど、まさにそんな感じの(どんな感じ?)の傘がある。

 その名も、「ツインアンブレラ」

 その名の通り、「ツイン」な「アンブレラ(傘)」、つまり、相合い傘用の傘だっ!

 ・・・・・・・別にそんなんおぼえなくてもいーよと言われてしまえばそれまでなんですが。これ、相合い傘なんてしない人にもよさげな傘なんですよ。

ツインアンブレラ
 形が不自然でしょ? そして、やたら横に長い。そう、普通のより1.5倍ぐらいの幅があります。

 しかしヘンな形状。頂点がなく、上の方は平ら・・・それはなぜでしょう?

web拍手 by FC2
2008.12.04 23:59

 名古屋は中区・大須(最寄り:上前津)にあるトルコ料理専門店「メルハバ(トルコ語でこんにちは)」に行って参りましたよ。

 昼なので、ケバブ食ってきましたよ。知ってます? 知ってますか。そりゃ知ってますよね。

 ケバブは、ヨーロッパおよびヨーロッパの影響を受けた国(オーストラリアとか)では、ファーストフードとしておなじみなんですが、日本ではあまりそんなイメージがない人もいるかもしれません。

web拍手 by FC2
2008.12.03 23:59

 1,2,3,ダー!の日

 ・・・・に、セブンイレブンの前を通った(←すごく関係ない)。

 最近じゃ、地球温暖化防止のためにコンビニの夜間営業はやめたらどうかという、10年前なら鼻で笑われた提案もやや現実味を帯びてきた時代になりましたが、コンビニ側の主張は主張でわかるんですよね。「明るくて人がいるから安全だ」とかね。

 でも、道路をはさんだ反対側から見ててふと思ったんですよ。

コンビニの明かりは何を照らす?
 「にしても明る過ぎだろ」と。

 コンビニの中をよく見ると、およそコンビニほど使ってるところはないんじゃないかと思うぐらい過剰な本数の蛍光灯がついているのが見えて、その、商品を明るく照らし出す「明るさ」はたしかに、コンビニの内部に安心をもたらすかもしれないけれども、周りの闇をより感じさせる明るさでもあると思う。

 確かに、コンビニにたどり着きさえすれば安心な防犯拠点だと思う。

 だけど、たどり着けなかった場合、いったい誰が、その犯罪に気づくのだろう? そうも思った。

web拍手 by FC2
2008.12.02 23:59

 二日酔いでした。

 休んだろかと思ったけれど、頑張って行きましたよ・・・・ってちっとも誇るところではないんですが。

 さて、あれですよ。私もあいかわらず酒を飲んでも顔色がまったく変わらないんですけど、献血とか健康診断しても、どこも異常な数値が出ないんですけどねぇ? なんなんでしょう、これは。てっきりどっか以上があるのかと思ったんですが、単なる体質なのかなぁ?

 体質というか単に、血行が悪いだけかな。冷え症だしな。足マッサージしないといかんね。冬はお茶を一杯飲んだだけでトイレが近くなるし。うん、それだわ。

web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。