死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2009.07.27 22:08

 やっと結膜炎が落ち着いてきましたよ。

 えっ? なんで結膜炎なんかにかかったんだって?・・・・・う~ん、なんでだろ?

 

 で、いろんな人と話してたんだけど、どうも、職員旅行で行ったホテルの、一人でやったウォータースライダーが原因じゃないかということに落ち着いた。

 なんで一人で??

 と言われてしまうかもしれないけれど、職員旅行の「手作りしおり」に、ホテルの説明として「150mのウォータースライダーがある」って書いてあったら、水着を持っていかんか?普通?(そうでもありません)

 ってなわけで、なぜか、私一人だけが水着を持ってきていて、一人でウォータースライダーにすべった・・・と。

 なかにはウォータースライダー好きもいるのに、しおり読んでないなんて、必死にしおり作ってきた人にはあまり言えない事実だよなぁ・・・・ま、それが大人かねぇ?

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2009.07.24 22:59

 やあ、ひさしぶり。

 

 ・・・・・何してたって?

 結膜炎になったり、またくだらない月9を観て「やっぱこりゃあかんな」と自分の第一印象は正しかったなと思ったり、ウォークインクローゼットを手作りしたり、職員旅行に行こうとしたらバスが動かなかったり、もう、なんか色々あって大変でしたよ・・・・・っていうことで許してもらおうなんて思ってませんよ?

 さて先日、ネット一人勝ち組の感がある楽天のクレジットカードに入会したんですけど、やっぱり楽天は楽天ですね。

 もう、なんつーか、

 できれば利用したくない

 という感じです。

 イカサマ臭いポイントシステムに、わかりにくいレイアウト、くどいくらいに売り込んでくる宣伝と、利用者の為に存在しているように感じさせといていかに儲けるかしか考えてない匂いがぷんぷんするところとか、もう、なんつーか、こんなに憂鬱な買い物はなかなかないわ! って思うぐらい、不便だ。

 そんな楽天だから、商品数と価格というウリがなければ絶対利用しないのだが、こんで楽天カードなんかに入っちゃったら「ナントカでポイントが○倍!」というキャンペーンに合わせて利用せざるを得ない状況を作ってしまうのだろうけど、なんつーか、ほんと、楽天に魂を売ってんじゃないのかとかさえ思えてしまう気がするのは私だけだろうか?

 人間の心理とはおもしろいもので、いくらでも逃げだすチャンスがある広大な敷地に、ほどほどの人員が監視していても、「工夫」をすれば逃げ出せなくなるものだ。それと同じような匂いがぷんぷんするのだ、楽天には。

 そういう意味で、大変よくできた「システム」だとは思うが、そういう意味でも、人間ってこえーな、と思う瞬間でもある。ポジティブなものが、人を制限したりするようなことだってあるんだからね。

 

 まぁ、それはさておき、とにかく、楽天での買い物は、楽しくない。それは、売り手の側にも、客の「とにかく安く」&「豊富な品揃え」のニーズに合わせながら儲けたいという行動が働くからだろうか? それとも、実体のないお金が蔓延しているからだろうか? そう思うのは私だけだろうか?

web拍手 by FC2
2009.07.15 00:18

 『ブザー・ビート』観ましたよ。

 なんか、山ピー(柿ピーみたいだな)の写っている広告とかブザービートというマンガチックなタイトルを観てるだけでなんか「つまらなそうだな」と思って観たんですが、なんちゅーか、すごい出来でしたね。「は?」というようなつくりで。

 私自身、あまりテレビドラマを観ない方なのであれなんですけど、テレビドラマってこんないいかげんだったか? と思うようなところがチラホラ。というか、視聴者ナメてんのか? と思うようなコドモっぽい演出というか脚本というか演技というか、観ていて「これがドラマだ!」というよりは、無理矢理な展開の少女マンガを、俳優が演じてるようにも感じる。

 えっ? 有名な脚本家なの?

 ・・・・そうかぁ

 なんか、プロバスケットボール選手を観てるはずなのに、高校生か大学生にしか見えないくらい悩みも考え方もショボいとか、薄っぺらい大人たちとか、見え見えのカップリングとか、手垢のついたキャラ設定とか、歯ごたえのあるドラマを期待する私がおかしいのかもしれないが、物足りないを通りこして、ネタ的に楽しむ以外の魅力をまったく感じなかったなぁ。

 「テレビドラマ」なら「所詮」そんなもの?

 とはいえ、これでいいって言う人もいるんだから、別にそれはそれでいいんかね? だいたい、月9を観ない私が語ってもねぇ・・・・・。

 

 そうそう、劇中で月9の代表作『東京ラブストーリー』のBGMが使われてましたね。コスト削減か?と思いましたけど。こういうのも、気になっちゃいますね。本気で「ドラマ」を届ける気があるのかと。

 「とりあえず作っとけ」感が匂う気がしましたよ、私には。

 そんなわけで、ドラマの「神髄」のカケラも感じなかった第1話でしたね。なんか、価値観や時代をリードするような作品にはなり得ない気がしましたけど、こんな仕事してて、楽しいんかね? 関係者が食っていくためにやってるドラマ・・・そんな感じがしましたよ。キツイ言い方かもしれませんけど。

 

 ま、大変なんでしょうけどね、制作側も。でも、それでいいわけしたらプロじゃないですもんね。そういうのに、これから揉まれてよくなると・・・・・思えないぐらい、ゴールが決まっていそうな気がする。ま、いいや。

web拍手 by FC2
2009.07.12 23:59

 おいっ!

 ・・・・といえば、警察の指名手配の「おい、小池!」が有名ですが、あれ、ちっとも捕まらないですね。

 と、そんなのとはまったく関係ない話ですが、本日は「おいっ」子と遊びましたよ、炎天下の中で。

 ・・・・・つ、疲れるねえ、さすがに。

 

 あの、無尽蔵のパワーはどっから生まれるんだと思うんだけど、その分グースカ(←死語)寝るし、結局なんていうんでしょう? 「回路」が単純なのかもねぇ、ONとOFFという。それゆえに、一つのことにすべての力を注げるということができる。

 それはまさに、男の強みにも似たものであって、女が、「男はいつまでもコドモね」と言うのと、同じ構造なのかもしれません。

 そういうことを考えると、姪っ子がいないからちょっとわかんないんですが、もし、姪っ子がいたら、こういう疲れはしなかっただろうなぁ・・・という気もします。

 まぁ、姪っ子の場合だったら、それはそれで、まったく違う疲れ方をすると思いますけどね。変にものわかりがよかったりね。

web拍手 by FC2
2009.07.05 23:07

 なんか気がついたら7月ですね。

 結局毎日書いていないのでアレげですが、まぁ、少し落ち着いてきたのでこれからはちゃんと毎日・・・・もしくは二日に一回のペースで書きたい、いや、書けるといいなぁ、と思っております(←普通逆だろ)。

 

 さて、あれですよ、新居。

 今までと同じ市区町村ではあるけれども、とても同じ街とは思えないぐらい気候もさわやかで、今のところ、私の出身地である都会にあこがれる理由がさっぱりわからんという気分でおります。

 まぁ、しばらくしたらその魅力とやらも、教科書的にではなく心情的に理解できるようになってくるんでしょうけれども、やっぱり、根源的に、都会生活には合わない性格してるからなぁ・・・・別にネオンが恋しいとはまったく思わないし。

 とはいっても、都会育ちゆえのドライな目線というのがそうそう簡単に消えはしないから、このままド田舎なんか行ったりしたら違和感感じまくりだろうから、とりあえずこの、中途半端な感じの発展度の街で、新しい生活を満喫しようかなぁって感じですよ。

web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。