死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2010.11.30 01:11
 ただいまです。飲みに行ってましたよ。

 ずーっと喉がよくなくて、そもそも都心にすら行かなかったのでアレなんですが、なんか久々な感じがします。

 さすがに久々だからか、そんなに飲んだわけでもないのに、けっこうフラフラとしてしまうような感じで、やっぱお酒ってのは、まったく呑んでないとどんどん弱くなっていくもんだなぁと思ったり。

 そういう意味で、仕事のつきあいで呑みまくって気に入られる人も、それはそれでひとつの「技術」だと思うし、「生き様」でもあるんだなぁと思ったりもしました。まぁ、それで体壊しちゃ元も子もないですが、それで人生が好転するならば、それはそれでアリ、なんでしょうね。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010.11.29 02:31
 こんばんわんこそば、tkiyotoですよ。

 元ネタはいったいなんでしたかね?

 まったくもって記憶にございませんが(政治家風に)、まぁ、記憶になくても問題ないでしょう・・・・・って思ってると、先の「記憶にございません」という言葉が出てくるのでしょう。そう、大物は小さいことを気にしないってアレですよ、アレ。

 最近の政治家が「小物」とおじいさん評論家に言われるのは、そういったところが(昔に比べて)ダメだと言いたいんでしょう、きっと。ジジイはいつの時代も過去に根付いた理想論を語るものですしね(若者は未来を意識した理想論を語る)。


 さて、逐一小話を入れる語りだしではじまることの多いこのブログですが、今日、ふと思ったんですよね。

 冷静に考えたら、こういった語りかけの書き出しって、ヘンじゃないか?と。
web拍手 by FC2
2010.11.28 01:10
 おつかれさまです、tkiyotoです。

 みなさん、お疲れですか? 私はお疲れですよ。

 しかしそれでも「寝てる場合ではない病」が出てしまい、結局夜更かしというか、睡魔と格闘するという悪いクセが出てしまい、ちっとも疲れがとれないという悪循環に陥ったりなんかりして。

 まぁ、それも毎度のことなので、そういう状態になってるなーと気づいたときには、気分を変えて、ムリにがんばらないようにするべきだという風に思えるようになったということが、この悪いクセとの長いつきあいの中で得た知恵というのはポジティブに考えすぎでしょうか? それとも、そういう風に考えられるようになったということが、一番得たものなんじゃないかな、とも思ったり。

 で、気分転換がてら、こうやって久方ぶりにブログを書いていたりするわけです。

 そんなんでいいのかわかりませんが、こうやってムリせず、形にこだわらず、あるがままの自分を受け入れていけば、日記を10年書き続けられるということでしょう、うん。


 なぬ? 毎日書いてなきゃ「記」じゃない??
web拍手 by FC2
2010.11.22 23:07

 今日は、なんかひさびさに休みな感じがしました。

 といっても、四連勤しただけなんだけど・・・・なぜだろ? 忙しかったからでしょうか? それとも、起きたの12時(!)だったからでしょうか?(←そうだろ)

 仕事をはじめてはや、四ヶ月。

 ホントにホント、やっぱ営業向きじゃねえなぁ・・・・とつくづく思ってしまう。

 まぁ、それなりに仕事はしてるんだけど、それでもやっぱ、ナンバーワン営業とかにはなれそうにないなぁと思ったりする。だってほら、相手のペースにシンクロしちゃったり、自社の製品に対しても客観的に批評的に見てしまい、「この商品は絶対スゴイ」という心持ちに全然なれないんで。

 自分が気に入ったものしかなかなか惚れ込まない性格というのも災いしてるんでしょうし、会社の用意した、あたかもプロパガンダみたいなセールストークも、否定的に見てしまうひねくれた性格も災いしてるんでしょう。

 ああ、なんてネガティブなんでしょう!!

 ・・・・・って言いながら、実はそのことで全然悩んでないってこと自体が、一番、「向いてないなぁ・・・・」って思う瞬間ですかね。

 

 あ、でも、インセンティブがつく仕事ってのは、今までの仕事より頑張った感があって楽しいですけどね。やっぱ、要領よく生きなきゃいけないときも、人にはあるのかもね。

web拍手 by FC2
2010.11.20 02:08
 今日、はたと気がついたのだが、私はどーも、大きな間違いをしているんじゃないかと思ったわけ。

 いったいぜんたい、なぜそんなことを思ったかというと、『金スマ』にて、話題の戦場カメラマン渡辺陽一さんの仕事への姿勢を見ていて、この、いわゆる戦場カメラマン的に見えないこの人の姿を見ていて、人間、仕事で大事なのは、「方法論」ではなくて、「目的」なんだなと思ったから。

 人間、結果ばかり求める心の状態の時は、焦りからか、自分のやり方よりも、他人のやり方を重視しがちである。その最たる例が「イチロー本」と言えるだろう。

 稀代のヒーローイチローに学べと言わんばかりに、イチローの真似してカレーばっか食ってる人はいないだろうが、頑固で強情な性格のために、誰も追従できない成果を残し続けるイチローは、教科書にも載せたいぐらいの「お手本」。

 だけど現実的に、イチローの仕事への姿勢を真似たところで、そうそううまく行くわけではない。もしそんなカンタンにみんながみんなイチローになれるのならば、そういった本が何冊も何冊も出ることもないだろう。
web拍手 by FC2
2010.11.17 23:40

 しかし、のどの調子がよくないですね。だいぶよくなってきたとはいえ、咳がまだ出るし。

 ・・・・・って状態なのに、連休だったのに、なぜかこれが医者に行かず、結局ズルズルコースでしょうか?

 そんななか、今日は、アイボリー色のウォーキングシューズを「染めQ」して黒くしていたり、久しぶりに図書館に行ったり、ハンバーグを手作りしていたりしていましたが、やっぱり順番が間違ってるでしょうか??

 私のこれまでの人生をふり返ってみると、手早く済むものから取りかかるのではなく、「自分がやりたいもの」を優先してきているので、こんなことになっているのでしょう。まぁ、ようするに、行き当たりばったりもいいところだと。

 すべてにおいて「自己責任」の人生を送っているからこうなっているといえばこうなっているのかもしれないが、こう考えると、なにかと非難の元になる「お受験」も、大人が子供に「手順」ってものを教えるひとつのモデルではあるんだなぁとしみじみ。

 ってことはなにか? 今さら手遅れ??

 ま、こうやって、親は子供に正論を押しつけるようになるんでしょうが、そうならないようにだけは気をつけないとね。

web拍手 by FC2
2010.11.15 02:14
  • そういえば掃除を念入りにしてない→しても変わらない
 最近、咳が激しい。

 風邪かと言われるが、風邪ではない。

 電子カルテとにらめっこしている医者に行っても「風邪扱い」されるが、風邪ではない。


 前にはこれで、ホクナリンテープを処方されて、あんまりかんばしくない結果が出て、なんやかんやしてるうちに咳も収まった感じでしたが、いったいどうやって改善したんだろう??

 そういう、肝心なことを記録に取ってないから困ったモノだ。いったいなんのためにこういったものを書いているのか。


 そんなわけで、あれやこれやと考えついたもの、対処したものをまとめておこう
  • 喉が痛い、腫れている、咳がとまらない→空気の通りが悪くなって、咳をして気道を拡げようとしているのだと思われる。
  • 熱はない→ただし初期の頃は風呂に入っていられなかったりしたので、スタートは風邪のようだ
  • 風邪らしいその他の症状はない→新しい仕事で、一日中屋内にいるから感想で喉を痛めたのかもしれない(今までそんな仕事をしたことがない)
  • 忙しく、しゃべりっぱなしの仕事→喉が乾燥してるのに水分補給しかケアしていない→結局マスクしながら
  • 加湿器&濡れタオル作戦実行→手遅れのようだ
  • 鼻水が喉の方に行く(後鼻漏)→副鼻腔炎もちの悪いクセが出てきたようだ→鼻・喉の調子がよくない証拠
  • そういえば失業期間中、お金がないのと花粉症シーズンが終わったので(胃腸・喉・鼻の)漢方をさぼっていた
  • そういえば胃腸の調子もついこの間まで絶不調だった
  • そういえば整体も行っていないのでだいぶ猫背だ→気道が狭くなってる、鼻の通りが悪くなっている
  • そういえば運動もしてないし、合気道も行っていない→血行がよくない
  • 養命酒(漢方医おすすめのお湯割り)を思い出したかのように飲み出す
  • 生姜湯を飲んでみる→でも一瞬の満足しか得られない
  • 大根の蜂蜜漬けを飲んでみる→割と症状が改善される→そういえばこれは毎回けっこう効いてた記憶がある
  • 食塩水で鼻うがいをしてみる→鼻が通り、口呼吸をするから咳が出やすいことが判明。家にいる間はそれを維持できるが、話す仕事だから仕事中は百パームリ
  • Dr.コパが、洗面台に塩を盛っておくのは風水的にもいいし、なにより塩水でうがいをすることができる、僕はそれでまったく風邪をひかないと言っていた記事を思い出し、塩うがいにも挑戦→エコで理屈もぴったりなのでDr.コパは天才かもしれない
  • ただし咳がなくなるわけでもなく、医者の処方した「風邪&咳止め」の薬はまったく効いてる感じもなく、やはり最初から「ここはダメだな」と思っていたところではなく、耳鼻咽喉科に行けばよかったと後悔。
  • 結局夜中の二時に寝る生活
  • 症状の改善がいまいちなのと、ガマンの限界と、どうせ鼻&ノドが弱い人間だから、困ったときに使える吸入器を買おうということで注文(明日届くといいな)
・・・・・・とまぁ、そんなとこかな。

 結論から言えば、「現状、まったく治ってない」ということだ。

 とにかく、いろいろと、「生活習慣」から見直さないといけないということだ。そう、いつものことだ。ダメなときは弱いところにくるもんだが、それが私にとっては、鼻と喉ということだろう。
web拍手 by FC2
2010.11.08 23:26

 月9の『流れ星』、なんか、ひさしぶりにいい感じの月9ですね。

 別に月9をこと細かにチェックしてるわけじゃないですが、これは実に、テレビドラマっぽく仕上がってます。マンガチックではなく。

 ストーリー自体は特にひねりがあるわけではないのですが、それでも続きが気になるというのは月9を作る上での至上命題なのかもしれませんが、それをふまえつつも、ムリヤリな展開がないのが(私の観ている範囲だけなのかもしれませんが※)好感が持てます。
 ※そもそもの設定がムリヤリかもしれませんが。

web拍手 by FC2
2010.11.07 23:50

 またしても、久々の更新・・・・・。

 日々、何をしているのか? ひたすら仕事に追われる・・・・日々か?? テレビ観たり、野球観たり、そして悲惨な負け方をして倒れたりしていたりと、とっても!ラッキーマン 忙しそうではない気がするが。

 それにしても最近、もーれつア太郎 のんびりした生活を送っているような気がする。

 そう、まるで、こんなくだらないネタで日記を書くぐらい、のんびりした生活を送っている気がする。

 世間では、2000万の賞金で(一部で)話題のポプラ社の小説大賞に実は水嶋ヒロが選ばれちゃったりしてるというのに、しょーもないオヤジギャグみたいな文章でスペースを埋めていく私の感性はどんどんとさびれていくのか??と、なにやらブルーな気持ちになったりしなかったり。

 もともとそうだと言われたらそうかもしれないが・・・・。

 

 人生とは後悔の連続とは言うけれど、今日の中日の試合観て、「ああ、岩瀬にしときゃよかった」とか後悔してなきゃいいんだけど、後悔しない選択ばかり選べるワケじゃないけれど、後悔しない選択を選べる生き方をすることだけは、忘れちゃいけないよね。

 人生って、思い通りにいかないよね。それってどういう生き方してもきっと。

 オバマも、水嶋ヒロも、思った通りにはなかなか・・・・端から見てる人の思ったとおりと、本人の思った通りってやっぱちがうしね。

 でもそれが、「後悔」につながらなきゃいいかってぐらいの気持ちは大事かもね。

web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。