死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2010.12.27 04:05
 最近、全社的に業績がよくないらしいので(先月が異常なまでによかったんだからその反動で当然だとみんなは思っているのだが)、数字を求めるプレッシャーがかなりある。

 私個人としては、負けず嫌いではあっても、そもそも競争ごとに情熱を注げない人間なので、前年比何パーセント目標だとか、そういった数字主体の仕事を求められるとますますやる気がなくなるのだが(たいがいの人はそうだろうが)、そうも言っていられない部分があるのもまた事実。

 まして私は、どうもマジメな性格が災いし、「しなければならない(must)」に気持ちが引っ張られすぎて、そういうプレッシャーに自分を合わせてしまいがちである。だから、臨時で入ってくる経験豊富な人の姿を見ながら、ああやらなきゃあかんのかなとか、あれに負けないようにやらなきゃいけないのかなと考えて・・・・

 でもやっぱり、やりたくないことと言うのは、身が入らないものである。とにかくガンガン攻めて攻めて・・・的な気にどうも、ならない。というかむしろ逆に、「そうしなきゃあかんの?」とすら思ってさえしまうあまのじゃくな私。

 ついつい、「やってるフリ」をしてしまう。ガンガン稼がなきゃいけない気もするのだが、そうやってガンガンやらなきゃ自分の殻を破れない気もするのだが、やっぱり、な~んか、違う気がするのだ。


 でまぁ、12月の土日も終わり、その、臨時で来てた人に、別れの挨拶をもらったのだが、「テメェ、ちったぁ俺を見習えよ」と言われるかと思ったものの、実際はそうではなく「縁の下の力持ち的に動いているのが伝わりました」と言われたので正直ビックリした。

 自分ではそういうことを特に意識しているわけでもなく、そうしなきゃチームのバランスが悪くなるからしているだけという、年相応の行動だと思うのだが、どうも、若くてガンガン・・・的な人は珍しくない業界だからか、そういうことの大事さというのもヘンだが、価値を逆に実感するということも実際にはあるということなのだろう。
 なるほど、さすがに仕事ができる人は見るところが違うね。「テメェやれよ」と恫喝だけしている人とはえらい違いだ。

 そういえば、以前読んだ「営業」の本だかに、20代はガムシャラに、30代はそれじゃダメみたいなこと書いてあったけど、気がつけば私も20代ではなくなっていたわけで、むしろ、「ガンガン攻める」のができなくなるのも当然と言えば当然なわけで、そんなことしても結果はついてこないんだろうなと実感した。

 視野が広くなり、「ガンガン攻める」ことのデメリットとかが見えてしまうから、できなくなるのが30代なんだから、別にそれでいいんだと思って、非常に気が楽になった。


 私が仕事を好きなのは、こういった、自分だけでやっている時には気づけなかったものをもたらしてくれることがあるからだ。そういう意味で、自分をひたすら押し殺して、染まって、ムリをしないでよかったなとホントに思う。そう、ひとりでやってるワケじゃないんだし、ムリしなきゃいけない人はさせなきゃあかんけど、みんながみんな、同じ仕事していちゃうまくいくもんもいかんしね。

 「船頭多くして船山に上る」というわけだ。


 長所と短所というのはその人のパーソナリティーであり、それはつまり同じモノからできているその人独自の要素である。

 だから私の、「ガンガン攻められない」という短所は、逆に取ってみれば、「バンバン受け止められる」ということだしね。そういったやり方でやる方が自然だし、省エネだよね。

 短所を責めたりしてるよりも、発想を逆転させて、そちらを主体で考えた方が、道は開ける・・・ってもんかもね。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2010.12.24 03:17
 私の所属?している会社は、通常、勤務地が会社ではないので、月に一度「面談」で会社に行かなければいけないというルールというか慣習がある。

 これがまた非常にムダだなという声があっても当然なぐらい内容のない面談もあったり、10分で終わったりと、わざわざ交通費出して集めるよりも、担当者が移動すれば済むことではないのかと思うが、どうもそういう空気にはならないらしい。

 さて、そんなやる気のない面談にて、仕事をくれる会社に対して「これこれこういうことを守りまっせぼくちんは」という誓約書に例のごとくサインさせられ、世の中には、エネルギーの効率的利用ということを考えない人間がいるのだと、つくづく考えさせられる。

 だって、「私は勝手にPOPや資料を作りません」とか、そんなに重要か?

 まぁ、その意図ぐらいわからないほど子どもではないが、問題が起きるたびに、それが「起こらないように」対策を練るばかりで、現在の、誰も読んでいない「規約」とか説明書の注意事項とか、訴えられたら「怖い」からと消極的な発想でもうけられた「義務」に対して、非常に、ムダだなと感じることがあるわけだ。

 問題を起こすようなPOPを作る奴を雇うからだろう、そもそも。そこの責任はとらんで、バカに基準を合わせるのもどうなのだろう?


 そう思うのは誰でもそうだろうし、世の中そんなもんといえばそんなもんだが、ついに金色のガンダムまで登場してしまった、エネルギーに満ちあふれた某国なんかと比べると、この、日本の、というか先進国特有の「閉塞感」は、そりゃ鬱病になる人や戦争で死ぬ人よりも多い自殺者がいるのもうなずける現実でもある。

 それはつまり、「しちゃいけない」ことばかりが多すぎて、だったらもう、死ぬしかないんじゃないかと思うくらい人を追い詰めるようになっている社会だ。そう、太平洋戦争で「お国のために死んでこい」といったような追い詰めが、現代でも当然のように、もっともな顔をして、えらそうにハバをきかせているのだ。人は、進歩しない。


 で、そこで私はどうするのかと言ったら、作るけどね、その、訴求力も説得力もないPOPなんかとは違う、顧客にとって有益な資料を。

 そもそも、そういったものは、企業の利益のためにする行為であり、それを制限した中で、その企業が求める形の中で「なんとかしろ」では、鬱になるだろう、マジメな人ほど。どうしたらいいかわかんないんだもん。

 そこに必要なのは、いわゆる「三味線を弾く」というような柳腰で、処世術だろうと思う。それがない人が病気になり、それを消極的に受け止めてる人が飲み屋でそのうさばらしをし、積極的に昇華しようと努める人がその「くだらない」仕事の中に、楽しさを見いだすことができるのだと思う。


 っていうかそもそも、本当の意味で顧客の利益に、という発想で作られたものがあんまないから、こうなってんでしょ?

 本当に必要なものなら、多少問題があっても許されるもんよ。高度経済成長期の田中角栄みたいな。それが終われば用済みですが。それと同じことですかね。
web拍手 by FC2
2010.12.21 02:29
 おひさしぶりです、tkiyotoですよ。

 最近、めっきり書いてないので、キーボードを叩く手があやふやに・・・っていうほどではないですが。

 さて、気がつけばあっというまに2010年も終わりに近付き、『楽しむぞ2010』というブログタイトルに変更した割には、人生を楽しもうという意識に欠けた一年だったのかもしれないなどと、今更ながらにおもったりなんかり=なんの意味もないタイトル付けだったと。

 そんなことを思ったのは、山田玲司『絶望に効くクスリ』を読んでいるというのもあるけれど、ここ一ヶ月弱の間、「このまま死んだら後悔するな」と思っていたことをちっともやらずにいる自身の不明を恥じていながらの毎日でお腹がうー痛いよーという状態になっているからだ。

 まぁ、お腹の痛さは関係ないかもしれないが、お腹の調子がよくないと、やっぱり元気が出ないもんだ。『ちびまるこちゃん』に出てくる山根がいつも暗いのなんてまさにそうだ。・・・・といって、職なし金なしのためさぼっていた漢方をやらなきゃなと思い、風呂に行って、でも金をおろすのを忘れて結局行けず、あらまぁ困ったちゃんだわというような状態。


 そういうことをくり返しながら、少しずつ前に進んでればそれでいいんじゃないかと思えるようになっただけでも5年、10年前の自分と比べても成長したんだろうと思うが、それと同時に、だからこそ、まだまだ謙虚に学び、考え、試行錯誤をくり返しながら、自分の人生を「デザイン」していく必要があるな、と思ったり。

 本来、「区切り」とかなんてものがないのが世の中だけど、そういったものがあるからこそ得られるモノがあるからこそ、そういった「区切り」が意味を持って、今も大切にされているのだろう。こういった、「年が変わる」というのもそうだ。

 ってなこと言っておきながら、「区切り」の最たるものである「時間」にまったくもってうとい私は、夜中の二時半という時間になって覚醒し始めた頭と指が、こういった、なんでもない文章を、何か1つのテーマがあるようなものに仕上げていってくれるわけで、そういった「悪い」クセがあるがために、「時間」という「区切り」を軽んじる悪いクセが抜けないんだろうねぇ。

 来年のテーマはそういったことを絡めて考えてみようかな。
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。