死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2011.02.27 06:24
 こんなことを言ってはいけないのかもしれないが、私は基本的に、書くことよりも、仕事をする方が正直好きである。

 しかし、今の仕事は・・・・どうも、合わないですね。
 今まで仕事でつまらないと思ったことはないと記憶しているんですが、いかんせん、自由がなさすぎて鬱屈した気持ちになることもしばしば。今までは自分で仕事を見つけていったものですが、今は「しちゃいけないこと」が多すぎて辟易しているのが現状です。下請けって大変ね。

 まぁ、それで食っていけるんだからそれはそれでありがたいことだと言ってしまえばそれまでだし、世の中には学もなく、オーバーステイのためろくな仕事もつけず、家族の仕送りのために必死に働き続ける中国人のお父さんがいるんですから、なに贅沢なこと言ってんだと言われてしまいそうですが。

 でも、それを言い出したら、キリがないんですよねぇ。あくまでも他人であって、自分ではないわけだし、その視点を忘れるからこそ、「鬱になるのは弱いからだ」とかいう視点が生まれるんでしょうし。


 さて、最近ホットな「売れない物書き」というテーマですが、島本和彦の『吼えろペン※』みたいなのが結局このブログにはないってことなんだよなと仕事中に思ったりしまして。
※「駄作で金をもらってこそ本当のプロ!!」とか「夢があったらあきらめろ!」とか、なかなかシュールで秀逸な言葉が毎回登場する、熱血マンガ。Googleの画像検索をするとそんなシーンがたくさん出てくる。

 そのきっかけも些細なもので、色んな仕事をしてきたけれども、結局、理想を持ちながらも現実と折り合いをつけていったときがいちばん「いい仕事」になる・・・なんてわかりきったことだからえらそーに書いたりしたけれども、このブログをこのブログとして続けていくと、どう考えても、そうはならない!よな、と思って。

 だから、このブログが「面白いね」と言われることがあっても、まったく「売れるね」と言われることがないのも、ヒッジョ~によくわかる。いや、気づくのが遅すぎたのか?
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011.02.18 22:46
 ただいま、漫喫から書いております。

 ・・・・むぅ、ATOKじゃないから使いづらい・・・・。

 そういえば、最新のATOKだか一太郎だかは、USBで指すだけというのがついてるバージョンもあるそうですね。そこまで、外出先で書くシチュエーションがないもので、買おうとまでは思いませんでしたが、こういう場所ではその必要性をつくづく痛感してしまいます。
 が、一太郎までは別にいらないような気もします、うん。最近はEvernote使ったりしてますしね。つか、iPhoneでいいじゃんという話にもなってしまいますが。

 それにしても、なんでしょうね?

 日課というほどでもなく、ほんとに、思いついたときに書くだけのブログですが、時にしょぼく、時にハッとするものがあったりと、品質も量も内容もてんでバラバラで、おっそろしく安定性に欠けるのは昔からちっとも変わりませんね。

 そういう意味で、今日、先日の記事にいただいたコメントを見て「まさに!」な指摘だなと思いましたね。これはもう、逆に腹をくくらんといかんのかもしれませんね。

 
 今日、漫喫にて『乙男(オトメン)』最新刊を読みましたよ。

 1巻をコンビニで見たときから「なるほど、これはいい!」と思っていて、最近レンタルで借りてきてパートナーともども一気読みしたところなので、出たばかりの最新刊を私一人で先に読んでしまいましたが、仕方ないよね、読みたいもん。

 そんな『乙男(オトメン)』12巻に、「銀百合の詩人」という、インスピレーションを受けると「ほっといても詩を書きたくなる」高校教師をしている詩人さんがフォーカスされてましたが、なんていうんだろう、この、『乙男』にも共通する根源的なテーマなんだけど、ヒッジョ~に私の心を捉えて離さないものが今回もビシバシ盛り込まれていましたね。

 結局、人は自分の裡(うち)にあるものに従うほうが心地よく、幸せを感じるのだということ。

 そういう意味で、このような書きたいときにだけ書く、「売れない物書き」ではなく「売ってない物書き」な自分がちっとも「売れる」方向にシフトしないのも、仕方がないのかな、とも思う。

 先々月ぐらいに一気読みした山田玲司のマンガ『絶望に効くクスリ』で、商業主義と作品性の間で格闘して「好きで好きで仕方ないからがんばってマンガ家になったのに、ちっとも幸せを感じない」なんてシーンがありましたが、私の今の状態は、まさにその逆で何にも縛られず好き勝手書いているからこそ、そういう悩みとは無縁だけど、違う意味での悩みが襲ってきたりして。


 とはいえ、結局、自分の幸せなんて結局、自分の心が決めるもの。

 だから、たとえ自分がプロになれても結局はまた悩みは尽きないワケなんだから、そういうことに時間をとられるのはもったいない。もちろん、そういうことを自分で「実感」しないかぎり、人は結局、同じ悩みに振り回されるわけだから、最近、やっとそれが自分の中で消化できつつあるような気がする。そのことは書いてないけど、自分の中では、うん。

 まぁ、そういうのを繰り返しながら人は前進していく、だからこそ、人に何かを言えるような人間になっていくんだろうと思います、たぶんですけど。


 「物書き」と自称するくらいの自由は、この国にはあるわけですから、別にそれがお金につながらなくても、名乗る分だけならタダだからいいかなぁ、って今の私なら思います。
 結局それは「プロ」ではないかもしれないですけど、「プロ」になったらなったで「プロ」になっていくのでしょうから、今はそれを悠然と、待ち構えてるというわけではないんですが、自然と受け入れられるような自分になってきてる感じがします。

 というか、そういう「強さ」を持つことこそ、本当に必要なことなんじゃないかなと思ったり。でなくば、自分の言いたいことを言い続ける強さなんて持てないじゃないですか。その延長線上に「プロ」があるならそれも運命ですし、ないなら、それもまた運命なんでしょう。

 私は別に才能が豊富というわけでもなんでもなく、何事も一所懸命取り組むだけの能無しですが、自分なりにその「格闘」の果てにたどり着いたものは、自分だけの財産になっているわけですから、書き続けることにムリはでないでしょうね。それが誰に届くかは、神のみぞ知る・・・・のかもしれませんが。でも、そういうものなのかもしれません、人間の歴史を大きな視点から見ていると。



 話がこまごまとした方向に行ってしまいましたが、ま、少なくとも、「自殺」だけはしないように生きないとね。やっぱ、それは負けだと思うから。

 だから、自殺しようとしている人に、自殺するくらいなら人を恨んだほうがいいと私は思う。そんなこと、テレビのコメンテーターにでもなったら、絶対に言えないことだろうけど。でも、だからこそ言えることってあると思うから。ちょうど、いいことしか言わない親の方がうさんくさいみたいな、ね。

 マジメに生きていれば幸せになれるわけじゃないから。

 でも、割り切れない人がいることを、私は否定しないし、私自身がそうだから、それに少しだけ、あがいているだけ。だからこそきっと、商業作家にはなれないんかもね。

 潔く教師にでもなるかな。たとえばの話だけど。
web拍手 by FC2
2011.02.16 03:34
 今日は風呂に行き、頭と体をほぐし~・・・・のつもりだが、なかなかほぐれないんだこれが。心と体がリンクしているというのもないことはないのだが、なんというかかんというか、あれやこれやと色んな考えにふりまわされて、結局「コレ!」という決め書きができない。 

 最近は、風呂に行って、リラックスした状態にすると「書ける!」と気づいたと思ったんだが、それもそうそううまくいくものではなくて。

 まぁ、それでもずーっと頭は動き続け、とにかく練って練って練りまくっているんだけれども、それがなかなか形にならないというか。
 練りすぎているかもしれないのに、いつまでも練り続けてもどうしようもないと思いつつも、練って練ってしまう自分がいる。

 それはひとえに、練らなきゃいけないという一種の強迫観念であり、文字通り「デッドライン」の存在しないアマチュアゆえの悩みなんだと思う。
 プロなら、いつまでも練り続けられず必然的に「前進的妥協」をしながら創作するから、そんな練って練って練りすぎる・・・・なんてことはそうそう起こらないし、させてくれないだろう、超売れっ子じゃなければ。

 かといって、「デッドライン」があれば常にいいものが書けるかといったらそうでもない。〆切に追われてダメになることだってあるし、実際、ノルマに追われている人がみんないい仕事をしているかといったらそうでないという姿を見ていればわかることだ。

 反面、「アマチュア」には「デッドライン」がないからこそできる、自由な表現と力強さがやどることだってある。実際、そういう作家も世の中にはいる。メジャーではないかもしれなくても、確実にいる。


 そういったことを鑑みて、自分のこの、アップダウンの根本は、まさにそこにあるんだなと思った。

 練りに練って、煮込んで煮込んで煮込みまくるのなら、目指すのは「アマチュア<プロ」という姿ではなく、「アマチュア≠プロ」という姿勢だろう。

 だが、私が目指しているのが「プロ」であるからこそ、気持ちのアップダウンが生まれてしまう。

 そうしているうちに、そもそもいったい、なんの為に書いてたのかすら、忘れてしまったりする。もはや、プロでもアマチュアでもなく、書いてすらいない人になると。これじゃまさに、「作家になりたいんだ」と言いながらちっとも書かない人と同じではないかと。


 「初心忘るべからず」とはよく言ったものだが、そもそもなぜ、書こうとしてるのか、書き続けようとするのかを見失ってはいけないな、と思う。

 それなのに、それが「必要とされるかどうか」なんてことを不安がったりする時点で、自分の「書きたいもの」を売り渡しているも同然なのだ。まして、それを「応援してくれるかどうか」なんてことを考えても答えなど出るはずもない。

 結局、自分で自分を信じられなきゃ、書くことはできないということだ。

 自分の目標は「プロ」じゃなくて、書くことで世の中を動かしたいというものだ。その過程の中で、「それで食っていけたらいいな」というものが私の中にとっての「プロ」の位置づけだ。

 これじゃ、一生プロになれないかもしれないが、それでも、これを譲ったら書き続ける事なんて、どのみち不可能なのだ、私には。だから、「結果」を人の基準で考えていてはダメになるんだな、と痛感した一日でした。
web拍手 by FC2
2011.02.11 02:53
 新しくブログをはじめて一ヶ月が経過し、最低でも週2ペースで更新しようと思っていたりして、書かなきゃ書かなきゃと焦って書いてると、まったく面白いものが書けず、書いては書き直し書いては書き直しという最近の状況。

 他のも平行して書こうとしては書き直し、これまたちっとも進まないという悪循環。

 それが結局「原因探し」になってしまい、忙しいこととか時間がないことを言い訳にしはじめる。


 では、そもそも、いったい何のために書いてて、何がしたいかも見失っている状況なら、とうぜんのことながら、「今」に流されて、(いいものを)書くことができない、というわけ。「書きたいもの」ってなによって。

 ・・・堂々巡りをくり返して、まったく進歩がないなと鬱々になってきたりするとこりゃさぁ、大変。

 で、自分の体を「借り物」だと思ってから、一度頭を空っぽにしてみて、一切合切「しなきゃ(must)」ってのを捨ててみた。そうすると、思考がシンプルになり、本当に必要なものが見えてくる。mustじゃなくて、wantなものが。

 毎度毎度おなじことで悩み、時間を費やしているけれど、結局、えらそうに「書く」なんて言ってるけれども、これも結局はすべて、自分のためなんだよね。こうやって書かないと、精神が正常に保たれないだけ。

 でも、そういう方がよっぽど、「○○のため」っていういかにもな理由よりも正しいのかもしれない。人のためって中には自分という他者も含むしね。
web拍手 by FC2
2011.02.02 23:47
 「あなた」「できる」でおなじみ(?)のユーキャンでもっとも人気が高いとウワサされる、実用ボールペン字講座を始めてみましたよ。

 おまけでついてきた万年筆は色が薄いし、ボールペンは後ろが重くて「正しい持ち方」で持つと非常に書きづらいというのはご愛敬ですが、とりあえず、買った本タイプのは(1冊はやったけど)なかなか長続きしないので、そろそろ自分の書いたメモが読めないという、物書きとして致命的な問題を抱えているので、読める行書を書く第一ステップとして、ラクに、キレイに書けるようにと始めてみたわけですよ。

 まぁ、すんげー上手くなりたいとは思わないけれど、「これはヒドイ」と言われない字ぐらいは書きたいですからね。特に、今年の正月にのし紙に苗字を兄と一緒に書いてみたら「どっちもどっち」という悲惨な現状だったので、こりゃ一丁、出し抜いてやるかと思ったのも少しはあったり。

 たしか総費用が2万なにがしかだったと思いますが、半年間、かなりのんびりしたペースで(しかも週休二日!)でやればいいという、非常に売れてる理由がわかる教材ですが、効果の方はどれほどになるかはわかりませんが、もう頼んでしまったのでやるしかないですよね。

 ・・・・・で、いつものように企画倒れで終わるのもあれなので、とりあえずブログで報告ってのは、気が向いたときだけ、することにします。そう、この気楽さがないと続かない!・・・・というのがY-CANの教材作りのベースにある気がするので。

 結局、「超」がつくほどの真剣な人だけをターゲットにしていたら、儲からないってことでしょうね。うまくできてるもんです。

実用ボールペン第一回は宛名だけ(笑)金を払ってるだけあって、とにかく至れり尽くせりです。第一回目は、住所と名前を一回書くだけ(笑)。それを送って添削されるんだそうな。

web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。