死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2011.05.31 10:37
 昨日、iPhoneで、以前録画しておいた『チャーリーとチョコレート工場』を観ながら歩いて帰る途中、画面ばっか観て歩いててはダメだなとふと顔をあげると、夜空の星が見えました。

 そこで、もうすぐ夏だというのに星が見えるんだなと思ったときはじめて、こっち来てから星を見てなかったなと思ったワケ。

 引っ越してきてから二ヶ月が経つというのに、はじめて星を見たような気がするのは、それだけ、いろいろと忙殺されたり、心に余裕がなかったということなんでしょうね。

 もともとが都心生まれなものですから、空を見上げても冬じゃなきゃ星が見えない生活をしていたので、空に対する意識というのが強くて。
 ふと立ち止まって、空のスナップ写真を撮ることが多かったんですよね。

 それなのに、ここ最近は、空すら見てないことに気づきまして、しばらく足を止めてしまいました。


 そういう想いになったのは、『チャーリーとチョコレート工場』を観てたからでしょうね。

 日本人的発想から離れられないもんで、拾ったお金で得たチャンスを逃さないという、いかにも大陸的なお話にカルチャーショックを受けましたが(日本人的発想なら、拾ったお金だから最後にはチャンスを返上するオチになると思う)、自分の中の「幸福」の基準が明確であることが大切だなというのは、世界共通かなとおもいまして。もちろん、それが、利己的なものではいけないということも。

 まぁ、そういうことを「キッチリ」意識したのではなく、漠然と感じただけですが、漠然とでもそういう風に心が動いたということがすなわち「作品」の価値というもので、こういう仕事に携わる人の社会的使命の達成でもあるのでしょう。

 「作品」というものは、たとえば大災害などがあったりしたときに真っ先に「いらないもの」にされがちなものですが、実際は、こういうものがなければ、現実にとらわれすぎるがために効率を最優先させ、人の心はすさむばかりなんですよね。

 まさに、空を眺める余裕のない私みたいな。


 今朝も、(珍しく)余裕をもって仕事に出かけた途中、時間的ゆとりと心のゆとりがあるがために、ふっとなんでもない空を見上げることができました。


 そこには、なんの特徴もない空と、けっして美しいとは言えない電線群がありましたが、その、「なんでもなさ」が私の心には妙に興味深く映りまして。

 とても計画性や美的価値など意識したとは到底思えない、いかにも日本的なみっともない(と言われがちな)電線群は、とにかくまず、生活の質の向上を優先していた日本人の意識の積み重ねの象徴なのでしょう。
 一般的にそういうのは、インテリに言わせるなら、日本人の芸術に対する意識の低さの表れだと言われてますが、文化的形式や様式美よりも人に対する「優しさ」の結果だと、そこに感じたんですよね。


 もちろん、スキのない美という要素は当然のことながらカケラも感じませんが、それでも、この、意図的ではない線のひかれ方に、私は妙な感動を覚え、そこに、まったく違う「美」を感じました。

 それはちょうど、真っ白なキャンバスに絵筆のしぶきをつけたような、「その一瞬」でしか作れなかったであろう景色であり、「作品」でもあると私は感じるんですよね。

 そんなことを考えて電線がひかれているハズもないのですが、私のように、そこに美しさを見いだして切り取る人間がいて、それを見た人がまた何かを感じて、それが心を通じて行動につながり、また伝搬していく・・・・そういう作品を創れるようにならないとね。全然修行が足りません!



 余談ですが、この、『チャーリーとチョコレート工場』ですが、映画の中での言葉のセンスが、色んな意味で、いかにもアメリカ的!な感じがしました。

 「金は世の中にごまんとある。毎日印刷されているくらいだ。だが、このチケットは、こんな広い世界にたったの5枚しかない。二度と、手に入らんものなんだ。そこらにいくらでもある金のためにそれをあきらめるのは愚かだ。お前は愚か者か?」
「いえ、違います」
「だったら、そのズボンの泥を払え、チョコレート工場に行くんじゃろ」

 こういうのがあって、チャンスをモノにした上で「選択」ができる・・・ってのがこの作品の「ミソ」で、単なる「マジメが一番」とか「家族って素晴らしい!」って単純な構造じゃないところが、いいところですよね。そういうのがないと、何度も鑑賞するのは不可能ですよね。

 一言で言えば、哲学がそこにあるってことですよ。つまらない人間にそれがないのもそういうことです。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011.05.29 10:10
私より七つぐらい年下の女の子が、小さな会社をやっていて、とりあえずの目標は年商一億という話をしていた。

私は生まれてこのかた会社経営にたずさわりたいと思ったことすらない人間なので、まるで他人事といえば他人事なのだが、話を聞いてると、女の子の方がやっぱり現実的に次はこう、次はこう・・・できたらいいな、と考えているものです。

この、「できたらいいな」というところが、女性特有のバランス感覚のよさで、できなくても仕方ないということも受け入れた上で、ちゃんと、good、better、bestという順をわきまえてるんですね。
これがまあ、女のほうが大人と言われるゆえんで、これがあるからこそ、理想ばかり追いかける男は、なかなかそうもいかないから、女のそういった部分に惹かれて結婚したがることにつながってるんだと思います。

もちろん、そういった理想が最後に来るという女性の性質上、子どものためにたいして好きでもない旦那と一緒にいたり演技しながら義務のセックスができるために、なかなかダメな男との生活に区切りをつけられなかったりするという悪い面もあります。

逆に、男の場合は、理想を追いかけるので、妻に不満があると、他の女の方がよく見えて、すぐ浮気したりしてしまうんですが・・・実際は、相手の本質が見えてないままなのでたいがい「ただの浮気」で終わりますけどね。
浮気相手の女も、「まずは現実に適応しよう」という「女らしさ」のために、男にとって都合のいい存在になりがちですから。そりゃ男からしたら、「女神」になりますよね。


と、話はそれてしまいましたが、こんな感じで考えられるようになったのも、女性に対して「謙虚」になれるからなんですよね。

その、七つぐらい年下の女の子の話を謙虚に受け止めると、自分にはないものを持っていたり、自分がしていないことをしてきたりするわけで、そういったことに対して謙虚になると、きちんとした実像というものが見えてくるものです。

若い頃の私は、そこのところがわかってなかったので、女心を描こうとしてもなかなか上辺だけでとどまってしまってたんでしょうね。


ひたすらマイペースで貫き通すがために謙虚さに欠けるのが私の悪いところで、独り暮らしを始めてからずっと、机の前にいろんな「言葉」を貼りましたけれど、常に真ん中にあったのは、『謙虚』という言葉だったんですよね。自戒の意味を込めて。

いろいろな試行錯誤の上に撤去して、引越ししてからはそういった言葉すらも貼ってない状態が続いていましたが、自分が見つけた、自分には必要な行動指針なのですから、おいそれと捨てるもんではないですよね。

どれだけ謙虚になろうとしても、なりきれる性格じゃないからなおさら。

基本的に、人に道を譲らなかったりする我の強いところがあるので、「謙虚」という調味料がないと、人と接して生きていくのは難しいんですよね、きっと。

ブログのタイトルも「謙虚ライフ2011」にしようかなぁ・・・。

こういう、ころころタイトルを変えるところも、マイペースな証拠ですよね。見てくれたり、ブログタイトルから検索したりしてくれる人に対して、謙虚じゃない(汗)。
web拍手 by FC2
2011.05.28 22:08
先週の話。

仕事の帰りにいつも乗り換える駅があるんですけど、そこ、路上ライブをやったり、なにやら作品を置いていたり、「聞き屋」がいたりと、毎度いろんな、ある種「定番」な人たちがいるんですが、珍しくちょっと足止めしてみたグループがいましたよ。

実はその前に、同じように路上ライブをやってるグループの前を通り過ぎたんですが、歌ってたのは、「ゆず」だったんですよね。しかも五人くらいで。

こういうのが耳に入るだけで私、「路上で他人の曲を歌うのがよくわかんない」と言っていた忌野清志郎を思い出しちゃうんですよね。
たしかに、わからんよねと。

そんな私ですから、その「カラオケ」グループをチラ見して、たしかに声量もあって、カラオケとかでも「うまい」とか言われて、場をもりあげることができそうな人たちだとは思ったんですが、逆に言えば「そこまでだな」とも感じたわけ。

そう思ったのは、私が手厳しい性格だからかもしれないんですが、私が足を止めた、十人ぐらいが立ち止まって聞き入ってる別のグループとの差を見てみると、それも間違ってないよなとやっぱり思ったんですよね。
誰もカラオケグループのことなんて見ちゃいませんからね。


世間の目はとってもシビアだから、無名のシンガーがまったく興味のない人たちに足を止めてもらうのは、ただ、歌がうまいだけではムリだということをまざまざと見せつけてくれる現実です。

冷静に考えれば、夜の9時になろうとしてる時に、疲れて早く家に帰りたい人の時間を、「歌」ひとつだけでひきつけるわけだから、当然といえば当然なんですよね。

にもかかわらず、そのカラオケグループは、私が気になって見に行った路上グループよりも大きな声で歌うもんだから、こういってはなんですが、非常にジャマな感じがしました。
何をそんなに叫んでるのかが、本当によくわからない。本人たちは気持ちいいのだろうけど。

かといって、その、十人ほどの観客がいるグループが、それに負けじと声を張り上げるわけでもなく、あくまで自分たちのペースで、観ている人びとに笑顔を向けながら歌い、病み上がりの顔をしながらギターをひいているワケですよ。

そんな姿を見ると、観客がいるいないの差が出る理由もハッキリと見えてきますよね。

自分たちのための歌か、誰かのための歌なのかという、決定的な違い。

それが、足を止めてもらえるかどうかの差になっていくんでしょう。

観客がいるグループにとっては、歌というものが、あくまでも自分のためだけのものでなく、みんなのものであるという思いがあるからこそ、カラオケグループに対抗することもなく、ただひたすら自分の道を信じ、目の前を通り過ぎゆく人たちに笑顔をふりまくことができるのでしょう。


彼らがシメに歌った歌は、夢をあきらめずに追って行こうよという歌でした。

それは、自分たちに向けた歌でもあるのでしょうが、道ゆく人びとに「伝えたい」歌でもあったのでしょう。
聴く人が、誰一人その曲中に動かなかったのは、それが彼らの心に響いたからだと思うのですが、彼らの姿を見ていて、ある種の感慨を感じもしました。

なんか、自分みたいだなと。

プロ・・・的な方向性というか未来は見えないんだけど、大人気とはいかなくてもファンはいて、コアな人気ではなく内容は普遍的なのに、なぜかこう、メジャーになれない感じが。

なんだろうね?

ある部分、現状で満足してしまう部分があったり、カラオケグループの奴らうるせえなぁ俺らの歌で黙らせてやる!みたいな強い気持ちが少ないからなのだろうか?

なんか、自分のことのように身につまされる想いがした。

さわやかで、誰もが応援したくなる「いい人」やってると、毒がなさすぎてダメなんだろね。


誰もが言えることや、誰かができるようなことやってたって、ダメなんだよね。
そんな人、めちゃくちゃたくさんいるワケではないけど、どっかにいるもん。

それに対して時間を使おうって人は、カラオケグループよりかは多いけど、ものすごくたくさんっていかないのも、せつないけど、わかるなぁ。せつないけど。

そういう意味で、ホリエモンとかが俎上に乗るんだろね。それが正しいとかそういう次元ではなく、人が自分以外の何かを欲する本能みたいなものを刺激するんだろね。

人気商売の闇ってのはこういうところにあるんかもね。
web拍手 by FC2
2011.05.25 02:52
 おひさしぶりです。
 月2ペースでの更新になりつつあるサボり症のtkiyotoです。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 先日、当ブログにこんな報告があったんですよ。

 「とあるブログにてこのブログの内容が盗作されてる」と。

 そんなバカなことあるかいなと思っていたので放置していたんですが、今日、時間があったんでちらっと見てみたんですが、これがもう、すげぇ!

 盗作というか、まんまコピーじゃんか。

 というブログでした。タイトルから記事までまるっと。それも一カ所とかじゃなく、ある一定の時期の記事が全部、私のブログ(しかも古いもの)のまんまコピー。ところによっては、さわりの部分だけのコピーで記事が終了して文章の内容が完結していなかったりと、目的すら不明。

 私がブログを書いているのは、「自分の考えに日付をつけて、見た証人を残す」という目的もあるので、こんな事が起ころうとも全然びくともしませんが、にしても、ビックリです。あたかも自分が考えたように、いいところだけ抜粋しているのかと思いきや、まるごとコピーとは。

 ある種、感動しました。

 そこまでする意味あるのかな?と。しかも大した内容じゃないものだし。

 とくに、引っ越ししました、疲れました・・・って内容だけの日記のコピーって意味あるのか?? 私の方がビックリしましたよ、これがコピーされてることに。何の目的で??


 まぁ、今年の4月の一時期だけ全作私のブログからのコピーだったのでたぶんなんかの病気だったんじゃないかと思うんですが、現在ではその病気は落ち着いたようで、自分の言葉(もしくはまたどっかの誰かのコピーかもしれないが)でブログを書いているようです※。

※新しい記事の文章の一部を検索にかけたら別ブログが出てきました(滝汗)

 いわゆる「普通」の感性でいくと、こういうことばかりしていると逆に自分を見失って心が落ち着かなくなるのでするはずもないんですが、そう言った意味で、冗談抜きで、精神病なのかもしれません。

 ホントに大丈夫でしょうか?? 心配です。


 単に、真似をしたくなったから、力の入ったものから入ってないものまでまんべんなくコピーしたってんならいいんですが、正直、なんか、ある種、違った意味で、怖いです。大丈夫かなと。つーか、楽しいのか?? それとも、単なる毎日やってるとアピールしたいのか?? しかも、広告の一切ないブログなので、一体誰に向かって何を書いているのか??

 ナゾは深まるばかりです。目的が不明すぎて。

コピーされた記事のタイトル一覧(リンク貼るのもめんどいです)
・お節介もためになるか
・女が好む平和の実際
・ガス代の恐怖
・教育自体の本質
・「皇帝」は凡人の去り方をしない
・真実と真理の似たようで違うモノ
・熱が下がった証拠
・ウィンはいつもウィン
・材料費は秘密のケーキ
・いいじゃない?自分のための日記で
・トルコ料理『メルハバ』@大須 
・これはストーカーの歌か?「僕はB型~」
・そうそう
・金と労働が本当に切り離された時代だな

 てか、もっといいものコピーしてくれ・・・・。大須のメルハバなんて、2年前に閉店してるし。

 まぁ、たぶん、淋しいんでしょうね。なんか、せつなくなってきましたもん。
web拍手 by FC2
2011.05.08 02:51
 今年23になる子が、つき合ったことはあるが手をつないだこともないというんで、周りが出逢いを作って、とりあえずデートができそうかどうか・・・・?ってとこまでもっていってる現在。

 で、そんな子だからそもそも、「デートってそもそも何するのか?」という素朴な疑問を投げかけて来たんですよ。んでまぁ、そう言われてみれば、デートとはいったい何なのかを考えて答えてみたわけ。

 その時にとっさに答えたのは、「デートは英語のDATEから来ているから、日付に関係するとかなんとか」というムリヤリ文字数を稼ぐ言い訳くさいものではなく、「そこ」を楽しむ友だちとの遊びとは異なり、「私とあなた」の二人の間に起こる「こと」を楽しむものではないかということ。

 友だちの場合は、「飲み友だち」という言葉があるように、ある目的を達成することで喜びを分かち合う(それがたとえプロ野球の采配のことでも)同士という面が大きく、恋人(未満含む)のデートというのは、場所とか目的とかはあくまでも付随物であり、目的は二人の距離を近めたり、理解し合ったりすることが根底にあるんじゃないかと。

 たとえば、同じボーリングに行くにしても、友達とはスコアの競争に終わるだけでも、デートの場合は、思ったより運動神経悪いんだとか、マイボール持参するような凝り性な人なんだとか、ボーリングはあくまでも「媒体」にしかならないですよね? むしろ、ボーリングのスコアそのものより、その時の想い出の方が強く残るのではないでしょうか?


 そう思ったのは、その、「友だちとしてはいいけど・・・」というタイプのその子のことを考えると、女の子とどうしても深い仲になれないというのは、どこかにそうなれないものが流れているからに違いないと思ったからだが、それを考えてみると、ふいに「いい人なのに・・・」と言われるタイプの人がずっとそのままのポジションでいるのも見えてきたわけだ。
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。