FC2ブログ

死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

2011.10.15 02:32
 えーっと、iPhone3GSを、このたび、発売したばかりのiPhone4Sに変えちゃいました!!

 まぁね、スティーブ・ジョブズが亡くなったんで、「革新的iPhone5!」が出ることももうないだろうとみなさん同様思ったわけで、「3GSの残債も0のまま4Sに変えられるよ」という、ソフトバンクの人の言葉に従うかのように、残り半年分の機種代金を払わない方法を選択。

 「ソフトバンクなんてつぶれてしまえ!」と15年も前から言っていたのですが、まだまだお世話になりそうです。だって、auから出てもなぁ・・・周り誰も使ってねーし。docomoなら間違いなく変えたんだが。


 で、システムダウンとかしてるからえらいてこずったみたいだけど、なんとかかんとかうんとかすんとかアレげでコレげなことをして、およそ30分ほどでとっとと4Sに登録変更完了。いや、拍子抜けするほど簡単。

 でもまぁ、こっからが大変なんですよね、スマホって。

 基本、家でデータ管理をすることを前提としているものですから、アドレスの移行はもちろん、アプリとか、音楽データとか、設定から何から何まで、iPhoneならitunesで移行することになってるわけ。まぁ、仕事中にやってもらったもんだから、そっから空っぽのiPhone4Sになったもんだから、仕事しにくくてしょうがない。
 切り替える人は、ヒマな日で、すぐ家に帰れる時を選んでいった方が良さそうだと思いましたよ。

 仕事が終わって家に帰り、itunesを使ってデータ移行をしよっと・・・思ったんですが、やり方ってどうするのよ??

 で、ネットで調べても、3GS→4Sの移行方法なんてどこにも載ってないし(今日発売だから当然とも言うが)、肝心のSoftBankのサイトに行っても、itunes自体一昨日に更新があったばかりなせいか「ただいま準備中」なんて書いてあって、「やっぱりSoftBankはつぶれろ!!」と心の中で叫んだんだけれども、あれやこれやと格闘している内になんとかできました。

(衝撃の証拠画像)
ソフトバンクモバイルの驚きの発言
今日買った人どうするんだろね??


 まぁ、3GS→4と基本は一緒なんだけれども、紹介されている方法とはじゃっかん違うので戸惑うこと請け合いです。だって、どこを見ても「バックアップして、つないで、復元すればOK」みたいなこと書いてあるけど、実際にiPhone4Sをつなぐと「登録しませう」みたいな画面になるじゃないか。これをどうすりゃいいのかわからずに、最初登録せずにやったらうまくいかなくて、結局登録して、バックアップしてあったものを「復元」という形でなんとか4Sにデータ移行ができたわけ。

 しかし、「復元」そのものが初めてなもんで、きちんと新しい4Sの方にアプリとかが入っていることには感動したが、iPhone上で消したはずのアプリが復活して、しかもさらにそれがホーム画面から2番目の画面に復活するもんだから「えーーっ!!」って感じでしたよ。
 そうなんですね、PC側でデータを管理するのがitunesなんで、iPhone側でアプリをダウンロードして、いらなくなったからといって消したとしても、itunesには残ったままなので、それが再びiPhoneに入れられてしまう・・・なんてこともありましたが、まぁ、消せばいいだけ。

 それよりも驚いたのが、「メール」の設定をまたしなおさなきゃならないこと。

 Wi-Fiの設定ならわからんでもないけど、MMSやEメールぐらい設定コピーしてもいいんじゃない?? 辞書登録とかキー設定とか細かい設定は引き継ぐくせに、肝心のものを引き継がない・・・・パスワード忘れた人は悲惨だぞ、コレは。
 なので、もし、3Gもしくは3GSからiPhone4Sに変えようと思っている人は、まず、itunesで古いiPhoneのデータをバックアップしておいて(別にこれは3G契約解除してコピー直前でもできる)、なおかついらないアプリは消しておいて、メールのパスワードなどを準備しておいて、すぐ家に帰ってこれる日で同期する時間のある日に乗り換えた方が良さそうですね。
 もしくは、itunesを10.5にアップデートした上で3GSにiOS5を入れておいて、iCloudを使って設定をアップしておいてダウンロードとか・・・そんなんやる人いるんかなぁ?(翌日、それに挑戦してアドレス帳が吹っ飛んだ人が職場にいました・・・不具合があったって言ってた影響だろうか?)

 ちなみに現在、「ビットレートの高い音楽を128kbpsにする」にチェックを入れて同期をしているために、ひっじょ~に時間がかかっている状態です。それを入れてなきゃitunes内のデータをコピーするだけなので時間はかからないんですが、16GBなので容量の都合などでビットレート(音質)を落とす設定にしてあると復元時にはそれがコピーされないようなので(おそらく)、音楽だけ新たに同期しないといけない模様。やっぱ32GBとかにしときゃよかった。
 しかも、いままであった「iPod」というアプリがなくなり、iPod touch第4世代や、iPhone4(おそらく)と同じく「ミュージック」と「ビデオ」に別れてしまったのが残念ですね。操作方法がほとんど同じなのにわける意味があるのか?? まぁ、仕様なので仕方ない模様。


 さんざん文句ばっか書いたけれど、3GS→4Sに変えていちばん「これは良かった」と思えるのは、4Sの高速性云々ではなく、3GSの方を「iPod」として割り切って使えることができること。それだけじゃなく、家にWi-Fi環境があれば、ネットも見られるし、動画も見られるのもいい。子供のオモチャにもなるだろう。

 通常は「設定」から「機内モード」にしておけば3Gの電波を探すためにムダな電池も食わないし、ベッドサイドにずーっと置いておいてレム・ノンレム睡眠を計測して起こしてくれるアプリ「Sleep Cycle」とか専用に使ってもいいし、風呂場で防水ケースに入れて音楽聞いてもいいし、iPod対応のカーナビにずーっとくっつけておいてもいいし。AppleIDを同じにしておけば、有料のものでも同じアプリをお金をかけずに入れることも可能だし。

 こういうところが、「基本使い捨て」の普通のケータイと違って、iPhone(およびiPod)がすぐれたソリューションであることの証拠なんだろうね。誰がどう使ってもいいし、使い方に幅が持てるから、長く使うこともできる。

 スティーブ・ジョブズが偉大なのはまさにそこで、誰もが考えるその「当たり前」の理想を、純粋に追求し、妥協せず実現してしまうその知恵と実行力を兼ね備えた人物だったってことだよね。理想だけ立派な人とか、実行力はあるけど理想とほど遠い人とか、片方ずつ持っている人なら結構いるけど、その両方を併せ持って、さらにそれを具現化できる人間ってのが、ホントに珍しい。

 だからこそ、スティーブ・ジョブズが亡くなったというニュースが、人々に与えたショックも大きいんだろうね。
スポンサーサイト



web拍手 by FC2