死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2011.12.31 16:53
気がつけば今年も終わりでしたね。
なんか、歳をとるとあっという間なんてこと言いますけど、ホン・・・認めません!

さて、相変わらずの更新ペースでビックリしてしまうのですが、書けないワケないのに書いてないってどうでしょう?
一念発起しなきゃ書けないなんて思うから余計ダメなんでしょうが、大作主義的な性格は変わらないですね。意味がなさそうなものは作りたくない的な。ま、んなえらそうなこと言ってるけど、他の人にとっては意味のないものだったりするもんですが。


気がつけば人生も1/3が経過し、そう考えると「えええっ!!」って感じですね。
なんかクセのように「やらなきゃ」で仕事してる中で、こうなることがわかりきってるから、大学卒業して、フツーに就職ってのをしなかったのに、なーんか、ホント、わかりきった未来にいる自分がなんだかな、という感じ。

20そこそこの自分からは成長してるんだから、まったくそのころ想像していたものと同じってわけではないけれど、それでも、「停滞」してる感じがしてしまうし、実際に、そうなんだろうと思ってしまう。


今日、職場で仕事が最後の子に、予定があるにも関わらず無理矢理残業してもらった。
それでも不平も言わず、最後まで、こっちを助けてくれようとしてくれた。

かたや、定時になると、というか定時前にすでに帰る準備をしている人もいる。
その行為自体は、労働法的には、間違っていない。ただ、こういう人に限って、言動の端々に「甘え」が見え隠れする。

不平があればすぐキレたり、上を飛び越してその上に文句を言ったり、自分の努力をやたら誇張したり、非を認めなかったり、すぐに凹んで仕事する気をなくしたり、ほっとけない雰囲気を出してケアを必要としたり、とにかく、一言でいうと、甘えてる。
一人で生きられるように見せかけて、一人では生きられないという、甘さが、ホントに目立つ。

もちろん、人は一人では生きられないんだけど、まず、一人で生きてみろよと言いたくなる人というか。

こういう人と、今日辞めていった人との、今後は、大きな差になっていくものである。

たしかに、「やることやったから帰っていいでしょ」的な人は、表面的には、仕事をやっているように見える。

だが、本来仕事とは時間で区切られるものではないはずことを忘れたかのような「定時になったら帰れる」という考え方でいること自体、そもそもどうなのだろう?

「仕事の価値」を決めるのは、自分なのか、他者なのか?
ということだ。

定時になる前に、帰る準備をせっせとするというのは、仕事の価値を、自分で評価している最たる例である。
そこには、仕事というものが個人的なものであり、公的なものではないという発想がある。


私は、仕事とは、公的なものだと考えている。
それは十年前もおなじ考えで、当初はそんな考え方をする人の方が珍しいとすら言われたが、十年経ったいま、大学生のときに考えて、そして行動してきたことは、まちがっていないと、昔と同様、今も思える。


人は、なにかしら目に見える形でしか、物事を判断しない傾向がある。

私でも、さっきまで十年前の自分とくらべて大して変わってないと悲嘆に暮れていたが、それは表面的なものを見ているだけで、確かに昔と同様の仕事をしているように見えてしまう現実は否定できない。

しかし、今日辞めた子に対して、その人の将来を本気で心配する自分がいる。今まで貢献してくれたのだから、力になってあげようとも思える。

それは、自分だけのことを考えて仕事している人には得られないものだ。


大人になって得たもの。

たぶんそれは、何を持ち、何を捨てるかを判断することができる価値基準なんだと思う。

もちろん、それを完全に使いこなせるまでにはまだまだいかないけれど、それでも、同じことをしているような感じがしても、実際には違ってて、そこから、今の自分が何を持ち、何を捨てるかの分岐点まで、立てる位置までこれることが、十年前の自分と違うところなのかもしれない。

それは、一人でなんでもしようとしていた十年前の自分のままでは、けっしてたどり着かなかった考え方。

それを考えると、この十年、自分なりに試行錯誤しながらやってきたことが、けっしてムダではなかった・・・それが言えるだけでも、成長なのかもしれないね。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011.12.14 03:29
 「死にたい」と思うこと、ありますか?

 人に拒絶されたり、拒絶されていると感じたりするだけで「死にたい」って思うことないですかね? 私はありますよ。もっとも、本気の本気で「死にたい」と思うわけではありませんが、「生きてる価値がないんかな」と思ったとき、「死にたい」という発想に至るような気がします。
 なんというか、生きることに絶望するというか。

 決して、死にたいわけじゃないんですよね、誰だって。本当の意味では、死にたいと思っていない。
 前中日監督落合博満の子、落合福嗣がその著書にて(不遜な態度の父親を持つ)有名人の子供としていじめられて自殺したくなったときの想いを、こう語っていました。

「ホントは死にたいんじゃなくて、解決したい。でも、どうしたらいいかわからないから死にたいって表現しかできないの」(落合福嗣『フクシ伝説』

 人間もあくまでも動物であり生物であるから、本能的には「生きる」ことを最優先しているハズである。しかし、それを否定して「自殺」という発想に至るには、なんらかの原因があるはずである。動物として生きていたら起こりえない選択をする原因が。

 ただ、それが本人にはわからないからこそ、その原因の解消方法がわからないからこそ、「死にたい」としか表現できないし、「自殺」という行動でしか表現できない。

 不幸な話だが、これが真実であり、現実であると思う。


 誰だって、死にたくはない。

 でも「死にたい」と言う。

 それは「死」というものが「終わり」を意味するものであり、目の前の「困難」を解決する「死」以外の具体的な方策が見つからないからこそ、「死」という選択をとるしかないという思考にとらわれるからだろう。

 現状を打破するには「死ぬしかない」。

 現実問題、死んだら現状打破もクソもなく、そこで問題を感じている「自分」そのものの終わりにもなるので、論理的にはまったく無意味な発想なのだが、逆に言えばそれを選択してしまう心理状態というのは、かなり危険な状態であるとも言える。
 そんな自分を「おかしい」と思わずに、そんな自分を肯定して、さらに行動に移させてしまう状態が、周りにとっては予期もしないし理解もできない「自殺」を生む。

 しかし、本人にとっては、それは非常にスムーズな流れなのだ。

 そのギャップが、自殺問題を語るときに大きく欠けているファクターではなかろうか?

 だからこそ、

 「死体を処理する人が迷惑だから自殺するな」とか
 「現代人は自己中だ、アフリカ人は自殺しないよ」とか
 「残された人の気持ちを考えたら自殺なんてできないでしょ」とか
 「生きたくても生きられない人がいるのに死にたいなんて贅沢な悩みだ」とか

お門違いの論理が横行しているのではなかろうか?


 そもそも、「自殺」するということは、この世との断絶をすることの意思表示に他ならない。

 つまり、この世で生きていくための方策が見つからないし、当然のことながら、この先、無事に元気よく生きていくことも想像すらできない心理状態であるからこそ、「ならばいっそ終わらせよう」という結論に至り、「本音を言えば、死にたくはないけど、死にたい」という、ある種矛盾した発想が生まれる。

 それは、言ってしまえば、その人にとって、目の前の「困難」が自らの処理能力を超えたサインでもある

 そんな人に対して、

 「がんばれ」とか
 「贅沢な悩みだな」とか
 「そんなんで死ぬなよ」とか

言ったところで、それはムダなことだし、逆に相手を追いつめることにもなりかねない。


 「死にたくはないけど、死ぬしかない」

 そう思っている人に対して、本来「死にたくはない」ハズの人が「死にたい」という結論にまで至ってしまった人に対して、もっとがんばらないと解決できないよ!・・・と言うのはナンセンスであるし、ある種の暴力である。

 「死にたい」というのは、その人の限界を示すサインなのだから、それを感じ取って、そしてすくい取ってあげなければならない。そうでなければ、きっと、救えないだろう。その人の心が救われないのだから。

 もちろん、そういうことを言うと、常に「死にたい」と言ってる人を甘やかすことになるのではないか? と心配する人もたくさんいるだろう。現実的にそういうことがあることは否定できない。

 だが、「死にたい」という気持ちを武器にして人にかまってもらおうとする人もまた、自分では解決できない問題を抱えていることに違いはないのだ。ただ、それを、あなたができるかできないかだけの話だ。

「ホントは死にたいんじゃなくて、解決したい。でも、どうしたらいいかわからないから死にたいって表現しかできないの」

 と言った落合福嗣に対して、その母、信子は、「じゃぁ一緒に死んであげるから、どうやって死のうか一緒に考えよう」と、逆に自殺方法を次々と考え、話し合った。そんなことをしているうちに、福嗣は、死ぬこと自体がめんどくさくなり、バカバカしくなっていったという。

 そんなことで消える気持ちはちっぽけだったと言う人も中にはいるかもしれない。
 だが、「困難」にふさわしいレベルの「解決策」が必要だと考えているのは大間違いだ。その発想こそが、そもそも問題なのだ。

 その「困難」のレベルを決めているのはその人自身なのだから、その人自身が「困難」のレベルを高めすぎてしまえば、それを打破するための「解決策」が自分の発想から浮かばないのも当然なのである。困難のレベルの大小ではなく、困難のレベルを自分で調節して解決できない心理状態にあることそのものを、解決していかなければならない

 そういった点で、他者の手助けというのは非常に有効な手段たり得る。このエピソードは、その最たる例だ。
 母、信子は、自殺手段を二人で一緒に考えながら、自殺することの方がよっぽど「困難」だと、息子である福嗣に伝えた。もちろんそれは計算してのことではなかっただろうが、気持ちの中で、「自殺」することもカンタンではないと思っていた部分もあるだろうし、そういった人々を下に見ていただけでは絶対に生まれない発想であったことは間違いない。

 「死にたきゃ死ねよ。だが、死ぬのも大変なんだ」おそらく、相当数のバッシングを受けてきた落合信子夫人だからこそ、「生きる」ことの難しさと尊さを知っているのかもしれない。死にたいと思うときだってあったハズ。だからこそ、向き合える。だからこそ、救える。


 このエピソードを単なる「母親の愛」とか「逆転の発想」とかでかたづけるのはカンタンだ。

 だが、大事なのはそこではない。
 「死にたくはないけど死にたい」と考えている人間は、逆説的だが「生きる」ことを真剣に考えている人間なのだ。

 生きるための方策が見当たらないからこそ、「死にたい」

 これを、

 アフリカの人は自殺しないとか、迷惑だから自殺するなとか言って押しつぶすことがいかにナンセンスか?
 「こうやれば問題は解決するんじゃないの?」と上から解決策を提示することがいかにナンセンスか?
 自殺はいけないことだと思うから「がんばって生きろ!」と応援することがいかにナンセンスか?

そこを間違えて接するからこそ、本当の意味での解決をできないままズルズルと時が過ぎていくので、救っているようで救えないままになるため「甘えられてる」ような状態が生まれてしまう。そして、「死にたい」と思っている人の心へのアプローチを間違えているのに、いつしかその人が悪い、というそもそもの発想違いが起こる。
 それを言い出したら「ふりだしに戻る」に決まっているだろうに・・・。


 「死にたくはない、けど死にたい」

 本来、人間は動物であり生物である。
 だから、「死にたい」という発想にいたること、そのものが異常な心理状態であり、精神状態である。

 そのことに対して、どこまで、真剣に向き合えるか。どこまで、本当の意味で、その「死にたい」気持ちに寄り添えるか。どこまで、人間として本来持っているはずの「生への執着」を尊重し、信じられるか。

 こういう人と相対したときに、その人の人間性が試される、そんな気がします。

 真剣に生きている人が、「死」を考えるし、そういう人でなければ、「死」を止めることは難しいのかもしれない。だからこそ、「自殺に関する持論」の数々がまったくもって机上の空論で終わるのでしょうね。
 

フクシ伝説 うちのとーちゃんは三冠王だぞ!フクシ伝説 うちのとーちゃんは三冠王だぞ!
(2010/10/18)
落合 福嗣

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2011.12.01 03:30
 よくあることで恐縮ですが、またまたブログタイトルを変えました。

 年々変えてんじゃねーのという突っ込みが方々から聞こえてきそうですが、書くものの内容というか意識によって変化するものなのでご了承いただければ幸いです。

 まぁ、それだけあれやこれや試行錯誤をしているということでもあるのでしょうけども、ね。


 でも、人生ってそういうもんじゃないかね??

 ・・・・なんて言い訳してみた。
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。