死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2013.01.30 00:29
 こんばんぐ。

 意味はわかりませんが、とりあえず、Google先生によると誰も言ったことがなさそうなので、言ってみました(そういえば以前、こんばん○を「あ」から続けたら面白くないかと言ってそのままだった気がする・・・)。


 さて、今日は、なにやら。
 私の担当ではないというか、いわゆるライバル企業を担当している(でも同じ部署)企業の研修会の講師として行ってまいりましたよ。良いかどうかは難しいところですが、世間の人は断るでしょうが、やはり大きな目で見た全体の利益ってのも大事なことですからね。それに、違った空気を吸うのも自分のためになりますし。
 実際、「ええっ?」みたいなポールの外から回ってくるような球(質問)も飛んできたので、いい勉強になりました。

 で、そんなこんなで終わったあとに、あちらさんの担当の方が挨拶に来たんだけど、アルバイトしていたときに現場で管理職をしていた方でした。あら懐かしいと。こんなところで出会うとはと。覚えてくれているものです。まぁ、それだけ仕事してたと言ってしまえばそれまでですが・・・。

 そういえば今日も、会社を最後に出て、明日は朝一から本業の方の研修会をするために会社に最初に入るんですが、端から見てると異常なほど仕事してるみたいですね。自分的には、これぐらいやって当然というか、やらなきゃ「仕事した」って言えなくないかなと思っているので、さして「苦痛」とも思いませんが、「目が疲れた」「肩が」とかはあるので、やはり休息をうまくとらないといけないとは思うのは思うんですけど、

 効率化を謳う仕事術から言わせると、「残業するのは無能の証拠」だそうですけど、必要なときに必要なことをやることは大事なことですよね。
 少なくとも私は、「普通」の仕事じゃ満足できないですし、目指しているのも「一流」じゃなくて、「超一流」ですから、他の人がどう言おうと、生み出す結果そのものにしか興味はないです。基本、「愚直に」やるしかないと思うんですよね。たんなる「愚か」では残業しても無意味ですが、

 なので、「仕事」したっ!
 と思いながら帰って、そしてまた明日も「仕事しに行く!」と思いながら今から寝るわけです。


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2013.01.19 00:06
 こんちわ。
 ・・・じゃなくてこんばんはですね、そもそも。

 さて、気がつけば2013年。
 毎年毎年しばらく経つとこんなことを言い始めますが、相も変わらず地球は回り続けているんですが、世界でも日本でも人が死んで、生まれて、また死んで、また生まれて、個人レベルではそう思わなくても、大きな目で見ればそんなことを繰り返しながらこうしてみんな生きているわけですが、そう考えると、ひとりひとりの人間というのはちっぽけな存在だと思いませんかね?

 それを思えば、「正義の鉄槌」をいかにして振り下ろすかと考えていることも、それがたとえ「誰かのため」だとしても、非常にちっぽけな気もします。あっちでもこっちでも「正義の鉄槌」。いやぁ、絵にしてみると怖くないですかね? 鉄槌だらけの世の中。


 で、それとは関係ない話で恐縮なんですけど、最近「計画的」って今年の目標はどうなのよ? いつも通り計画倒れになってるんちゃうの? と気になってる方がいらっしゃるかもしれないので(いるのかなぁ)、途中経過を報告させていただきますが、いつもよりは遙かに進行していると。
 まぁ、まだまだ朝起きられなかったりすることもありますが、それでも、明らかに早起き。しかも以前より早起きなのに、「起きられなかった・・・」と思う当たり、だいぶ意識改革が浸透してきたようです。

 やはり、世の中を支配しているというか、世の中を感じている自分というのを支配しているのは基本的にはほとんどが「意識」であり、それを変えることで世の中や世の中を生きる自分というのも変化するものです。

 たとえば「禁煙」なんてのも、結局は、「意識」の問題で、方法論の問題じゃないんですよね。
 一週間後までに禁煙してなければ「死刑」となっていれば、ほとんどの人は真剣にやりますよね。もちろん、本当に死刑が実行されるような戦時下のようなどさくさが許される社会環境でなければ、その言葉にリアリティはないですけれど、もし、そういう状況であれば? やめられますよね。

 そこで問題になるのが、その、意識を変えるということが、簡単なようで難しいということ。
 で、私はあれやこれや紆余曲折して、進んだんだか進んでないんだかという日々をくり返しておりましたが、自分の人生の中での第一デッドラインの歳になってしまいましたので、急に、意識を変える必要性を感じましたよね。ここまできたら、やらざるを得ないというか、ここでこれまでのやり方を決別する必要があるなと。でないと、第二ステージにならないだろうと。

 そういったことがあるので、今年は冗談抜きで、今までとは段違いで目標に対して進捗している・・・と思っております。
 また、そういうことを目標としていると、言い訳とか、甘えとかを、冷徹に排除していくことになるんですよね。あと、これまで持っていた価値観とか、大事にしていた価値観とか。

 すべてをすべて捨て去るなんてできないほどに人生を歩んできましたので、硬直化しつつあった意識を変えるためには、それを一端捨て去るのも必要だなと。
 でも、これは多くの人が語っていることですが、残るんですよね、その中にも自分というものが。むしろ、そうやって残ったものこそ、純度の高い自分じゃないかと。経験や教育や常識などが作って、方向付けてきた意識とは別の、自分という存在が向かうべき人生の終着駅を本当は自分で知っているというナチュラルな意識。

 それが出てくると、あとの「らしさ」だとか「方法論」だとかなんてのは、いくらでも変えられるものだと。
 むしろ、それが出てこないのに、あれやこれやしても何も変わらないよと。

 だから、「自分探しの旅」に出て、ちっとも自分は見つからなくて、ついでに財布も見つからない、という人も出てくるのかもしれません。誤解を恐れずに簡単に表現すると、単なる旅行をしても「解脱」はできないというところだろうか?(どこが簡単な表現なんだ)


 そんなわけで、ある種の価値観から解き放たれつつあるので、これまでできなかったことができているのではないかな、と自己分析しております。

 自分の可能性を奪うのも、結局は自分なので、自分を変えたかったら、自分の意識を変えるしかないなんて、自己啓発本みたいな話ですが、これって昔から言われてきたことなんだよね、ホントは。

 だからこそ、周りがすべきこととすべきでないことをわからないで「鉄槌」を下そうとするというのは、どうかな? それで進歩があるのかな? というのが正直なところです。

 だって、変わらないでしょ、それじゃ、本当の意味で何も。


 でも、現実、モグラ叩きが好きな人も多いんですよね、実際。目の前のことにとらわれているのでしょうかね。

 とはいえ私も、一日一日できないことをモグラ叩きしてましたが、今は、余裕を持ってできることを計画して、できたらこうやって書く、ということができるようになってきましたよ。

 というご報告がしたかっただけなんですけどね、ホントは。
web拍手 by FC2
2013.01.06 23:00
 こんばんみ。

 巳年だからじゃないですよ。
 特に意味はないです(むしろ巳年という理由の方がいいような・・・)

 さて、今年に入って「計画的に」でどうなんですかというところですが、頑張ってますよ。・・・昨日から?(汗)

 だってほら、腹痛だったし。

 でもほら、この間紹介した本を読んで思ったんですよ。あと、ブックオフで100円で買った『夢を叶える一番よい方法』読んで思ったことですが、「具体的に」することが大事だなと。デッドラインを設けないと、自分に甘えが出ちゃうんでしょうね。

 ・・・ということで、アプリ、入れたんですよ。ToDoの。

 以前も何個か試してみたんですけど、続かなくてねぇ。
 ま、それは、あれですよ。道具のせいじゃなくて、タスク管理ができない人がどんな道具を使っても一緒ということだったんですよ!

 たぶんですけど。

 だってまだ始めたばかりですからね。

 でも、三日やってますけど、今回のToDoアプリは好調ですよ。
 その日の達成率が出る(しかも達成できなかったやつは翌日繰り越し)ので、非常にいいですね。いつも100%とは当然行きませんけど、行きませんけど! 達成率が低いと「やらねば」と思うんですよね。


 人間の意思って、なかなかずっと強くはいられないものです。
 だから、ドライな機械とかに管理されるのも、時には大事だなって思いますよ。

 イチローも、年末のNHK『プロフェッショナル』にて、自分専用のウェイトマシーンで、自分の存在や状態を確認できるみたいなこと言ってましたが、器械は正直ですからね、そういうところ。人間は厳密な意味では客観的にはいられないですからね。

 だから、今年はうまく、「計画的に」を実行するために、「具体的に」スケジュールを決めて実行していきますよ。という予定です。いや、3月までにものにして見せますよ!



夢をかなえる一番よい方法夢をかなえる一番よい方法
(2002/03)
リチャード ブロディ

商品詳細を見る

100円って、古本って安いよなぁ。
web拍手 by FC2
2013.01.04 22:04
こんばんは。
昨日から腹痛に見舞われているtkiyotoですよ。

うう、お腹いたい・・・

古い肉まんがダメだったんだろうか?

まぁ、とりあえずだいぶよくなったので良しとしますが、にしてもあれですな。
「肚に力を込める」なんていいますけど、やっぱお腹痛いときって、どっしりとした考え方ってなかなかできませんね。

それは科学的に見たらどうなんかと言われるかもしれませんが、やっぱ、肚で考えることもありますよ、人間。

というわけで、これでは何もできないのでおとなしく寝てるわけです。
web拍手 by FC2
2013.01.01 01:41
 あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いいたします。

 今年の目標は、消費者金融のCMではありませんけれど、「計画的に」で行きたいと考えておりまして。

 なんでそうなったかというと、年末のスケジュールがかなりタイトで。いや、年末なんだから仕方ないだろうと言ってしまうこともできたんですが、もうちょっと、事前に備えておけばうまくやれたんじゃないかと。それをしていないからこそ、バタバタして、慌ててミスを起こさないように気を遣ったりと、ひどくはないんだけれど、悪循環というわけじゃないんだけれど、「うまくいかせられない」状態が続いて。

 それをすぐに打開するのはなかなか難しかったので、とりあえず、来年の目標として「計画的に」にしようと。

 そんなことを考えて、初詣に行くまでに小銭がないから寄ったコンビニにて、パートナーが、帯を読んで私に「ピッタリだよ!」と(嬉しそうかつ意地悪な顔で)喜んで差し出してきた本があった。その裏帯の内容は・・・

  • いつもギリギリになって慌ててしまう
  • よけいなことを考えて、仕事が先へ進まない
  • “やる気が出ない”“気分が乗らない”
  • 上司や部下の“グズ”にうんざりしている
  • 「休み中にやろう」と思っていることがどうしてもできない
 ・・・というもの。

 四番目以外は耳が痛い!!

 ・・・ということで、軽く読んでみて、まぁコンビニで売ってる本だなとも思いつつも、とりあえず、

『グズな人の問題は「時間管理」だけにあるのではない!』

 という内容もあったので、今年の目標にピッタリだなと(正確には12月31日の23時57分に見たので「来年の」ですが)思ったので、買うことにしました。

 「計画的に」というからには、計画的にやるためにすべきことをしていくべきだろうよと。


「グズ病」が完全に治る本―「言い訳」の生活から「スグやる」生活へ!「グズ病」が完全に治る本―
「言い訳」の生活から「スグやる」生活へ!

(2003/07)
S. ロバーツ

商品詳細を見る

 そんなこんなで、ちょうど、日付が変わり、2013年になってすぐ、0時02分にこの本を買い、新しい年を迎えました。

 まぁ、本来なら、「計画的に」やる年にするんであれば、そういった下準備こそ2012年中にやっておくべきものなんですが、それができないからこそ、今年の目標を「計画的に」というものにしたので、ちょうどよかったですと。

 その結果がどうなるかはわかりませんが、とにかく、やってみます。というか、まず、読んでみます。正月休み中には必ず。
 それが、目下の計画です。


 そういえば、2012年の目標、「自然体で行こう」について、振り返って書く時間がなかったので(←典型的なグズ病です)、大晦日に書けなかったのですが、まぁ、わりと自然体でできた部分が多かったんではないのかなと。
 仕事でも、自分らしい方法で道を切り拓いてきたり、この間転職サイトからちょっと応募してみましたけど、媚びずに割と自然体で応募文も書けましたから。
 あと、その内書きますけど、小説書くより詩形式にした方がいいなと思って書いてみると意外としっくりきたりと、少しずつ「自然体」になりつつあるような気はしてます。

 ・・・・と、こういう、白黒ハッキリしないファジーな結果を語っている時点で、何でも先延ばしの「グズ病」なんだよと、先ほどの本は教えてくれてるようなので、今年はちょっと、そういうところから見直していこうかと思っておりますですはい。

 ちょうどいいタイミングでこういった本に出会えたものです。
 ちなみに、おみくじの結果は末吉でした。
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。