死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2013.03.22 13:37
おはゆごぜます。
早起きしてブログ書こうと思ったけど、そんな時間もなかったtkiyotoですよ。

あれですね、寝たら頭の中が一回リセットされてしまうので、冷静に振り返るとかなら効果的なんでしょうが、想いを綴る系の記事は、頭の中に何もないので、書く気がまったく起きないですね。

まぁ、起き抜けに想うことは、「眠い」とか、「暖かくなって来たな」とか、「まだ今日は寒いな」とか、「春眠暁を覚えず」とか、どちらかというと、思索じゃなくて詩作に向いてるように思います。

どちらにしろ、書くネタを「朝書こう」と思って寝ても、朝起きる時にはどうでもいいやとなってしまうのは、おそらく、それで一日が終わって、また新しい一日が始まるというプロセスーーつまり生きるプロセスをくぐり抜けた安心感からくるものもあるのでしょう。

そうであるならば、不安で眠れない夜があるとか、朝が来るのが怖いとか、夜中にやたらといけない考えに支配されてしまうとかは、実は、生きるプロセスを正常に送れていないサイン、なのかもしれません。


もちろん、朝起きても悩みが続いている・・・なんてこともあるのは避けられないかもしれませんけど、それでも、朝を落ち着いた心持ちで迎えられることが、ちゃんと生きていると実感できるということであり、それができるように逆算して人生設計をすれば、生き続けることは難しいことではないのかもしれません。

それを思うと、朝、市場に行くとか、朝、漁や畑に出るとか、朝、ラジオ体操するとか、いわゆる「健康的」な生活をすることはやはり、長生きすることに繫がる生き方なのかもね、と思いましたよ。

だから、朝、やることを見つけることは、見つけられている人は、幸せなのかもしれません。

もちろん、義務的な「やらなきゃならないこと」ではなく、できれば、自発的な「やりたいこと」であることがベストなのは言うまでもありませんがね。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2013.03.18 00:29
 こんばんはとこんばんわはどちらが正解でしょう?

 なんて話題でも「『今晩は』が語源なんだから、『は』に決まってるだろ、どこまでゆとりだ!」という、人を小馬鹿にする意見が出たりする世の中なので、まさにすべての人が気持ちよく感じるネタって本当にあるんだろうかと悩んでしまうこともありますが、それでも、今日、「世界フィギュアスケート女子」での、バンクーバー五輪王者のキム・ヨナの滑りは、心が洗われるようでしたよ。

 得点にも反映されましたけど、やはり、なんというか、一人だけ「芸術」ですよね。完成されています。

 まぁ、それが王者と言えば王者なのかもしれませんが、大きな大会に出てないからとかで力が出せないとか、そんなレベルの低いことはまったくなく、練習からすでにスケートをコントロールできる自信がうかがえましたし、滑り出してからジャンプまでの流れ、ジャンプ中の見ていての安心感は、残念ながら他の選手からは感じられないものでしたし、実際、そういった期待を持ってみんな見ているのに、その期待に押しつぶされず、むしろその期待を良い方向に裏切ってくれる演技を成し遂げられるのは、一言、「素晴らしい」と言うしかないですね。

 個人的には、ただただ美しいとしか言えないものを『芸術』というのだと思っていますが、まさに、今回のキム・ヨナ選手の滑りは、国籍や性別を超えて、スケートに興味がない人(私もさしてないんですが)にとっても、少なくとも「見て損をしない」芸術的な滑りだったのでは?と思います。

 「スケート史上最高の!」とまでは言いませんが、どんな立場の人であっても、とりあえず一番だったと瞬時に認めざるを得ない内容でした。それが、スタンディングオベーションを生むのは当然のことです。


 まぁ、国籍や性別を超えても、超えられない「思想」っていうのがあるのがまぁ、残念なところですが、でも、それこそが、「こんばんはとこんばんわの問題」と中身は大してかわらないですよね。
 それぞれの主張だけを尊重しても、世界平和にはぜったいならないですからね。

 ・・・・そうか、「嫌韓」とかみたいな発想って、世界平和を目指していない、ハナからムリだと思ってるから生まれる発想なのか、と感じました。

 まぁ、そういう層がいるからこそ実現しないと言ってしまえばそれまでで、そういう視点の低い発想というのは、いつの時代も変わらないなぁと思うのですが、そういったいつの時代もという長い時間軸で捉えることのできない人の意見もまた、美しさがないし、とても芸術性を感じることもないし、そうなると自然と「レベルの低い議論」となってしまいますよね。
 でも、だからこそ、レベルの高いリーダーがそこを引っ張るべきなんでしょうが、そもそもレベルが低い人は、理想も「現実的と言われる理想」しか追わないので、芸術的なリーダーを見出すことは、まずできないでしょうね。

 スティーブ・ジョブズが復帰するまでのアップルなんてのが、その、最たる例ですよね。


 やっぱり、芸術的なものって言うのは、偉大な人間になりたいと思ったら、触れておくべきです。それは間違いない。くだらない議論に時間を割いてるのは、もったいないですよ。

 「いいもの」に触れて行きましょう、いいものに。それは、世界共通ですよ、やっぱり。表面的な意味ではなく、本質的な意味で、ね。
web拍手 by FC2
2013.03.07 01:05
 こんばんはははは。

 最近、こんなネタばかりですみません、tkiyotoです。

 仕事が忙しくて、ちょっと間隔があいての更新になってしまいましたよ。

 さてそんな仕事について。
 自ら企画して実行した勉強会で相当短い期間に相当量の情報をぶち込ませるという荒技を行いながら、それでも当日には誰も寝させず、終わったときに自然と拍手が起きるという驚異的な仕事を我ながらしたと思うんですが、本日、やっと休みになったので、やっとのんびりできるねと思ったんですが、のんびりというかなんというか、もう、ひたすら、眠い。

 ノドの調子がずっと良くないので、病院行って、やたら混んでるので薬をもらうのに30分以上待たされてる間も、ずっと寝てましたし、夕飯を外で食べてマッサージチェアに乗っていたらやっぱり寝てるし、風呂に入りながらやっぱり寝てるし・・・そして今も、眠い。いや、寝ればいいんでしょうけど、さすがに更新しなさすぎだと思ったので、頑張って書いてるわけですよ。


 そういえば、転職するする言っておきながらその後どうなったのかというと、じぇんじぇん進んでおりません。

 というか、目の前の仕事に集中してしまうと、そっちにエネルギー注げないですよね。
 そんなことしてるから、仕事しても給料上がらないような仕事をずっとしてきてしまうんでしょうけど、そんな仕事も、4月からどうも営業から企画になるようでして。
 日本を代表する超保守的企業の中にあっても、仕事ぶりから、自分のために新しいポジションを作ってくれたことを考えると、自分のしてきた行動が形になっていったわけだから、それはそれでとりあえずは良いのかなと思ったりもしてしまったり。

 ・・・ってなこと言ってるから、仕事の内容のわりにお金がもらえない、ということが発生してるんでしょうがね。そこはまた、やり方を考えないといけないですよね。

 この仕事が忙しくなる前に、ドクター・ジョン・ディマティーニの『ザ・ミッション』という本で、「ワーク」という、考えながらノートに書き出す作業をやったんですが、そこにも、お金のことが載ってたり、お金をどう引き寄せるのかということをワークしてました。
 最初、普段ノート使いしているEvernoteでやってたんですが、ちっともうまくいかず、まっさらなノートに手書きで始めたらスイスイできたので、やっぱり「書く」という行為は、タイプするというのとまた違った行為だなと本当に思いましたね(そういや、Evernoteのパスワードリセットにはビックリしましたね)。

 あ、話がそれてしまいましたが、その、「ワーク」でお金についての意識を改めることができたので、今のこの現状を、「お金がない・・・」「お金が増えない・・・」と思うのではなく、「これはチャンス」と思えるようになったのが収穫でしょうか?(他にも色々収穫はあったのでしょうが、とりあえず、「地に足のついた」考え方ができるようになるのが、この本の「ワーク」をした収穫です。読むだけじゃダメでしたね)


 冷静に考えれば、派遣として営業職で入って、企画力が認められて、企画に入って、営業部全体に影響を及ぼし、その気になれば全国にまで影響を及ぼせるかもしれないチャンスを得たわけですからね。「すぐ」のお金はないかもしれませんが、そういう、目には見えない形の「富」を持っていることに感謝しつつ、どう活かすかを自分で考えて行動することは大切だなと思いましたよ。嘆くよりも。

 なので、「誕生日までに転職する」という、今年の目標である「計画的に」と考えていたもともとの予定とは違うかもしれませんが、「転職してジョブチェンジ」ではなく、「転職せずジョブチェンジ」を勝ち得たので、待遇面ではあれかもしれませんが、本来の目的は達していると考え、そこにいかに「on」していくかが、今後のテーマになるのではないかな、と思っております。

 Facebookでも始めてみようかなぁ・・・・。
 ブログすらろくに更新しないのにどうなのよと思わないでもないですが。

 以上、眠い頭で書いてみました。


 でも、「この資料、一万円で売れますね」と言われたことは、うれしかったなぁ。
 人を動かす物を作れて、なおかつ金になる・・・そんな理想に、近づける気がするからね。


ザ・ミッション 人生の目的の見つけ方ザ・ミッション 人生の目的の見つけ方
(2012/02/17)
ドクター・ジョン・F・ディマティーニ

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。