死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2013.05.11 19:37
 世の中、アホだなぁと思うことは往々にしてある。

 たとえば、原発。原発のことを「安い」と言ってる人間は、昔からアホだと思っていた。なぜなら、「原発」そのものしか見ていないからだ。

 冷静に考えれば、物は作って終わりではなく、そこからの維持費の方がコストがかかることは、バブル崩壊でみんなわかったはずなのに、特に原発なんて、廃炉や放射性破棄物という、使っているときよりも長い時間「処分料」が必要になるにもかかわらず、そういうものに対しての感性が、日本人(に限ったことではないかもしれないが)はほとほと鈍いようである。臭いものに蓋、というか。

 とくに、アメリカのような、広大な敷地があったり、ヨーロッパ諸国のように植民地的に使える土地があるわけでもない、海と山だけの地震大国で、原発の「ゴミ」をどうするんだという議論は、いまだに解決を見いだせそうにない・・・というか、解決するわけないのに、頑張って、努力しているわけだ。
 原発の輸出ならまだわかるが、世界最大ともいえる地震国日本で原発を推進するなど、今の時代に生まれた人間からすると「アホの極致」としかいいようがない。

 もちろん、日本が高度経済成長したのは、原発の役割も大きかったし、火力のように汚染を排出するでもなく、水力のようにいつも発電できるわけでもないから、原発のみが、一度起動したらフル稼働するしかないが安定して使えるベースロード電源として活躍していたのは、私が小学生のころから知っている。

 だが、だからこそ、原発の「うまみ」に甘えて、それを見つめ直す時を取らず、それゆえに放置された、原発が抱える闇についても憂えているのも現実だ。


 なぜ人は、いい面しか見ようとしないのか?

 たしかに、書店にあふれかえる自己啓発本のほとんどは「いいところを見よう」とポジティブに訴えかけているし、実際、世の中の「上の方」の人たちは、市井の人たちよりは確実に「ポジティブ」である。いわゆる「成功者」はケチな人より明らかにポジティブだし、貧乏でもポジティブに生きている人たちは幸せそうである。
 ただ、ポジティブになればいいのかというと、そうでもない。先に挙げた原発の問題は、原発をポジティブに考えてなければ起こりえない問題なのが、いい例だ。

 もちろん、「ポジティブ思考」そのものが悪いわけではない。

 だが、「ポジティブ」とは何かに対しての相対的な位置づけであり、だからこそ、その正反対の極致として「ネガティブ」が存在する。
 自己啓発本の「ポジティブ」は、本来は、自己啓発本を読まないといけないと思いこむような心持ち(つまり「ネガティブ」な気持ち)があるからこそ、訴えて響く考え方であり、「ポジティブ」そのものが素晴らしく、正しく、世界を救う手だてなどと喧伝するのは、ちょっとどうかなというのが私の考えである。

 たとえば、美人でスタイルが良くて、周りにも気を使える、頭の良い女性がいるとして、実際そんな女はいないかというといるのはいるのだが、だからといって、その人が人として「完成形」であると考えるのは間違いだ。

 美人でスタイルが・・・・となると、注目度も高いから、過去のこともぐちぐち言われるだろうし、高嶺の花になればなるほどイメージで語られてしまうので、本人がいくら努力しても防げないトラブルに見舞われることもあるし、周りから「美人はいいわよね、お気楽で」などと言われることそのものが、時には美人にとっては負担にもなるだろう。

 このように、一つのことに対して、一面的なとらえ方をしていては見えてこないものがあるのが、本来は「当たり前」であるのだから、そういった意識を心のすみにでも、置いておかなければいけない、ということだ。


 そのことは、みんな知ってはいる。わかってもいる。

 だが、ときとして人はそれを忘れてしまうし、特に、自分の関心にないことに対しては、それこそ、そこに意識をめぐらせることをしない。

 原発の問題も多くはそういったところから来ているし、ずっぽりと社会の仕組みの中に入り込んで、関わる人が多くなって、イノベーションも、リノベーションも起こらないような状態になってしまっていたからこそ、冷静に考えれば小学生でもわかるような「真実」がなおざりにされてきた。

 これは何も原発に限ったことではなく、たとえば、毎年たくさんの人を殺している自動車の速度は未だに遅くならないし、ロボットの技術進化は人を殺せない様にするどころか、操作する人がイヤな思いをせずにゲーム感覚で人を殺せるようになってしまった。

 そんなアホな世の中の中で生きるのだから、ある程度我々も、アホにならなきゃやっていけないのも事実だろう。でないと、とても、生きにくい。生きにくいから、死を選ぶ・・・なんてことも、あるだろう。


 純粋すぎる人が自殺する・・・日本の将来を憂えて割腹自殺(切腹)した、作家の三島由紀夫なんてその代表格なんじゃないかと思うんですが、「生き抜く」ためには、時には汚れることもあるだろうし、泥にまみれることもあるだろうし、でも泥を食らい、汚れを隠しながら生きていくこともまた、違う意味では「純粋」なのだと思う。ただ違うのは、アホになれるかどうかだけ。

 もちろん、アホそのものになってしまってはいけないけど、アホにならなきゃやっていられないこともありますよね。でなきゃ、生きていけないし。

 でも、だからこそ、こうやって、時には真面目に人生と向き合うことも、人間には必要なんじゃないですかね?


 それがある人とない人との差が、本当にアホな人との差、なんじゃないでしょうか?
 
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2013.05.09 08:54
朝風呂ならぬ、朝ブロです。

最近、暑くなってきましたよね。我が社はすでにクールビズがスタートしておりますが、ネクタイだけ外す人の方がまだ多いですね。でもあれ、普通のシャツだと朝から疲れたサラリーマンになっちゃうから、それはどうなの?という感じもします。毎年。

でもいつも思うんですけど、この、クールビズの社内の規定だと、ポロシャツや「かりゆし」「アロハ」(沖縄支店は標準らしい)は書いてあるけど、「着物」の項目がないですよね。

・・・なんて日本だ!(ばいキング風に)

政治家さんたちは、日本をなんちゃらとか、保守派の文化人もグローバルはなんちゃらとか言いますけど、まず、和服着てほしいですよね。

ま、それが大人というものですが。
web拍手 by FC2
2013.05.07 23:45
 こんばんみ。
 風呂の中からArrowsTabでブログを書いているtkiyotoですよ。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 でもあれですよね、フレッツ光でWi-Fiで風呂タブレット生活もはや一年以上たちましたけど、ブログ書いたのなんて初めてです。

 ま、その理由は、タブレットで文章書くのが不便だからなんですが、今日は絶対書くと決めたので、仕方なく風呂で書いているわけですよ。普段は、やはり、風呂はリラックスするところですから、YouTubeとかhuluとか、動画みたり、ネットサーフィンしたり、kindleは文字化けするのでまだ実用的ではないですが、Evernoteが使えるのもいいですよね。やっぱり、リラックスしてこそ生まれるアイディアもあるし。あと、トリプルチューナーのテレビなので、録画番組をDLNAで観てたりもします。・・・というわけで、かなり使い倒してますよ。

 さて、なんで風呂で書く羽目になったかですが、テレビ見てしまったからなんですよ。まぁ、風呂の時間削ればいいじゃねーかと言われそうですが、副鼻腔炎で毎年苦しんでいたものですから、風呂に長時間入ったりして、「冷え」を予防してるわけですよ。風邪ひいた後とか、副鼻腔炎の症状が出始めるときもありますが、何年間も悩まされていたので、風呂に入るとか、マッサージするとかの予防方法も身につけて、おかげさまで調子がよいです。だから、風呂に一時間くらい入ってるわけです。

 だから、テレビを見てしまうと、ブログを書く時間がなくなる、と。


 ま、それだけじゃないですけどね、普段書いてないのは。

 「習慣」に入れないという習慣が続いたことが本来の問題なんですよね。
 実は最近、比較的早起きできてるんですよね。6時過ぎに起きる、的な。7時半すぎに起きてバタバタしてた毎日がウソのように、読書したり弁当作ったりしておるわけですが、そのせいもあって、夜、眠いんですよね。それが一番、書いてない理由。

 基本、23時以降に書くことが多いので、眠くて書けない・・・というのが今のところの、書けてない理由です。

 もっとも、いつもいつも「書けてない理由」はあって、それがコロコロ変わっているだけなので、なんてことはないのですが、要するに、優先順位が変わっていない、ということでもあります。でも、「日記」として考えるんであれば、それはそれで正解だろうし、これぐらいの方が、SNS依存症にならないんじゃないかなと思います。いや、絶対ならない自信があるんですけどね。

 別に、他の人に気をつかっても、どーなるものでもないことの方が、世の中多いですから。

 そのスタンスだけは変わらずに、本日もこうやって、好き勝手書いているわけであります。うん、これでは金にならないね。それも、変わらず。ローリスク、ローリターンな日記。

 ・・・・リターンがローなのか、本当の意味ではわかりませんが、少なくともお金という面ではローですね。まぁ、精神が安定するとか、自分をふり返られるとか、成長を客観視できるとか、目に見えないリターンは、書いてない人よりは大きいので、ローリスク、ミドルリターンってことにしておきましょうかね。意外と聞いたことない言葉ですが、そういうのがないって限定されるほど、世の中は単純じゃないと思いますしね。

 ちなみに、こうやって感性をみがいて、仕事に活かしているので、人ができない仕事もできるようになってますよ。やらないよりは、やった方がいい。何事も、そうですよね。


 風呂を中心とした「冷え」対策で副鼻腔炎予防、というのも、よくよく考えれば「ローリスク、ミドルリターン」な気もします。絶対完治!じゃないけれども、うまい具合につきあえる・・・というような。もちょっとお金の融通が利けば、漢方で体質改善ってのもしようかなとも思いますが、今のところ、こういうステップも大事じゃないかなと。

 全部を一気にやること、つまり「ハイリターン」を期待するから、「ハイリスク」を選択せざるを得ない・・・ってのが本質なのかもしれませんね。
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。