死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2013.12.18 00:28
 こんばんみ。
 相変わらず仕事をしまくっているtkiyotoですよ。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 毎日毎日、「仕事をしすぎた」「その割に給料に反映されない」とため息をつく日々ですが、しかしあれですよね、今の自分は、今の自分が望んだ現状になっていることが現実としてはあるんですよね。

 たとえば、「仕事は常に認められるし、周りから頼りにされる」割に固定給だから給料には全く反映されない・・・と思っていたとしても、逆に「仕事で認められないとか頼られないのは嫌」という自分がいてそうなっているわけで、実際にそういう状態になってしまったらとっても不幸ですよね。たとえ給料が良くても。

 そんなわけで、自分が望む人生を生きていると言えば生きているのが人間というわけで、悪いところばかりに目が行きがちだけれど、その悪く見えるようなところも、実はある種の必然であり、それが自分のためになっているという側面があることも決して忘れてはいけないんですよね。


 逆説的に考えるならば、状況を変えたいのならば、自分の行動、その大本の意識から変える必要があるというのはもっともなことで、自分に望むものだけを「on」していくような都合のいい考え方がまかり通らないのもまた、必然なんですよね。

 よくいるじゃないですか、結婚したからと言って配偶者に自分の権利ばかりを押しつけても平然としている人。
 そういう人も発想は、自分という人間が正しさの中心であるという想いから「on」の発想になって、それを積み重ねて行くことでより、相手の立場に立てなくなっていき、自我を強化するあまり、どんどんと精神的な孤立に追い込まれて、たとえばある日突然離婚される・・・なんてこともあるので、物事に対して謙虚な気持ちになることで、自分のしていることを素直に「認められる」ようになる・・・という心持ちも大事だね、と風呂でホッと一息ついたときに思ったりしました。

 皆さんも、思考が堅くなりがちな冬こそ、お風呂に入りましょうね。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2013.12.14 02:29
 こんばんおひさしブリーフのtkiyotoですよ。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 おひさしブリーフと言えばダンディ坂野が映画『SPEC』で特殊能力を披露して大活躍(?)でしたね。ええ、ダンディ坂野というキャラクターに見合った・・・ですが。

 さて、最近の私。
 Facebookというものを登録してみたはいいんですが、ブログもあってFacebookも・・・というのもなかなか使い分けが難しいような気がして、どっちになに書こうなどと考え込んでいたら今日に至った、というわけです。

 まぁ、だからといって答えは出てはいないんですが、一つにまとめることはせず、ブログは個人的な想いを、Facebookは社会的な立場に立って書く・・・ものかなぁと漠然と考えているわけです。

 というのも、Facebookを始めようかなと思ったきっかけとしては、やたらと若い人に「普段何してるんですか?」と聞かれることが多いので、おそらく謎が多く写っているんだろうなぁ、でもあんまり上手く伝えられんしなぁ、と考えて、だったら文章で表現できるもので「私、こうしてます!」とか言えた方がいいかなと、割とフツーに考えてみたわけですよ。
 まぁ、家帰っても仕事してるってだけな気もしますが・・・。

 あともう一つは、毎日の中で若い人の仕事を見ていて「なんか残念」「ここをもうちょっとこうしたらいいのに」とかをアドバイスすることが多いんですが、そういうのって割と共通していることだし、たとえば私が死んだとして、その時に伝え漏れしているのもなんだかもったいないという気もしたので、そういうのを残しておくのも大事かなぁと。別に自分がすべてにおいて優れているとも思わないけど、ここは言っておかないとなぁ〜というところを。


 まぁ、ブログもFacebookも積極的に売り込みの道具として使う人ももちろんいますけれど、プロブロガーの本を読んでこりゃ真似できんなと思ったりもしますし、Facebookで仕事のやり方なんぞをまとめたとしても、行き着くのはちまたにあふれるハウツー本みたいなものになる気もするので、それもやる意味あるんかなぁという気もするので、いまいち遅々として進んでいないわけで、あります。うん。

 でも、個人的な直感として、かれこれホームページ時代からブログと継続(という割に頻度があれですが)してきた中で思ったのは、自分から売り込むことをしないとなかなかアクセス数が増えないよねということがありまして、それがイコール自分の現状かと思ったりもしたんですけど、仕事をしていて、別に売り込まなくても、他の人ができないような仕事をしていれば自然と信用がついて回るような形で自分を売る方法の方が自分に合っている気がするんですよね。
 そういうことを考えると、Facebookのような、自分から売り込むよりも周りの人が拡げて・・・くれるのかどうかはわからないんですけど、ブログよりそうしやすいメディアを使うというのも間違いではないのかなと思って、始めてはいないんですけど始めたわけです。

 まぁ、ネットを検索すればブログとFacebook、あとtwitterとの使い分けを解説してくれる人はたくさんいるわけで、そういう先人の知恵を借りながら、ブログとFacebookの見事な両立を・・・できるかどうかやってみないとあれですが、こうやって書きながらそんな、ブログとFacebookの使い分け記事を読んでいると、やっぱりやる方が「いいね!」という気がしました。

 結局、ブログだと、実名でやっていない分、あまり公言すると問題あることもぼかしながら話せたり、「自分であって自分ではない」言わば新しい自分を見つけることもできますが、実名で打っていく力が弱くなりますよね。おそらく、Facebookの最大のメリットとしては、よく言われるような人と人とが「つながる」仕組みをWebで表現した恐ろしくシンプルで巧妙なシステムを使って、Facebookでしかできないようなつながりを構築することができるというところなんでしょうね。


 それにしても、そういうことを考えると、「システム」って本質を捉えない人が作ると崩壊するのもわかるよねと。そこをわかっていないシステム屋さんや経営者も多いけど。
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。