死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2015.07.09 01:36
 久しぶりの更新。
 Facebookのプチ更新しかしてませぬ・・・いかんいかん。

 現在、今年の目標である「NextStep」の一環である、転職活動をしようとしているのだが、どうにもこうにも自己PRというのに悩まされております。

 いまや3X歳なわけで、いろんな出来ることもたくさんあるけれど、就活生みたいにそんなの挙げはじめたらキリがないような状態になってしまう悪循環。基本、「男は黙って背中で語れ」的な考えで、普段から自分をアピールする習慣もないもので、よくある転職指南の自己PRテクニックを読めば読むほど焦りばかりが生まれ、あーでもないこーでもないと毎日書き直す日々。


 よく、周りの皆さんから、私は「どこへ行っても大丈夫」とか言っていただくんですが、自分でもそう思うんですが(汗)、その「どこ」に入るのかが、私にはいちばん難しい。帰属意識というものがかなり希薄ですし、どこでも生きていけるように生きているから。

 でも、「どこでも生きていける」ということは、「どこでもいい」ということの裏返しでもあるわけで、そんなんじゃ、向こうからしたら「熱意」というのは伝わりませんよね。
 正直、会社に入る「熱意」なんかなくても仕事はできるし、そんなもんない方が挫折しなかったり、いい仕事できることもあるわけですが、やっぱり会社への「熱意」がないと一緒に働きたいと思えなかったり、結局辞めそうとか思われるのかもしれません。

 ま、私でもその立場になってみればそうですが、組織に必要なものを考えるのが自然な行為なわけで、それを考えると私のような人間は用ナシのようにも感じてしまい、なおさら、自己PRしようという気が萎えてきます。
 実際は、ありがたいことに必要としてくれる人は山ほどいるわけで、そんな考えは「杞憂」でしかないのですけど、でも、その、必要としてくれる中でいることも安住することを、私は良いことと思えない。悪い意味ではないですが、居心地の悪さみたいなのを感じてしまいます。「このままで本当にいいのかな?」と。

 新しい環境で、必要とされることが、私にとっては理想的なことなのでしょう。平たく言えば、「真性のドM」みたいな気もしますが、いろんな経験をすることが、自分の人生を豊かにする方法だと思っているからというのもあるでしょう。少なくとも私にとっては。

 だから、どんな仕事でも真剣に取り組むし、それが結果を伴っているだけ。
 それをアピールするのにゴチャゴチャ言っても、空虚なだけに感じてしまうのも当然の話とも言えます。自分にとっては当たり前で、それを人にアピールするのも違くないか?的な。

 そんなわけで、毎日あーでもないこーでもないと行きづまる。
 どうにもこうにもならないので、嫁に相談したところ、自分の中にはなかった答えが返ってきました。

  自分はこんな人間ですと書けばいいだけだよと。
  「やりたいこと」を書けばよくて、難しく考える必要は一切ないと。
  自分が「伝えなきゃいけないかなぁ」と思ってるものは、伝える価値がないものだと。
  もっと打算的に考えないと、相手にとって必要なPRの取捨選択ができないよと。

 それを聞いて、その発想があったのか、まったく自分の中にはなかったなと思いました。
 結婚する価値のひとつに、「自分にないものを自分の中に取り入れられる」というのがありますが、改めて、これがあるから結婚したいと思った時のことを思い出しました。


 言われてみればたしかに、他者に自分を評価してもらうんだから、その、他者の気持ちになるのは自分ではできないから、どうしたらいいのかわからないのも当然で、いくら自分を商品のように分析して、相手に響くようにPRしようとしても、何か決定打に欠けるのも無理なかったなと。

 ちょうど、商品を売るために広告を作りました、というレベルの話で、その市場では何がトレンドで、どんなものが好まれ、どんなものが飽きられ、どんなものが望まれているのか、どんな新しいものが受け入れられるのか、業界にどんなインパクトを起こし、どんな準備をすべきか・・・・などを考えた広告を作ってはいなかったとも言えます。

 「自分の強みうんたら」とかも、よくあるコトバですが、現実問題、PRとは、広く知ってもらうことであり、別にカタログのスペックを提示することでも、売れるようなプロモーションを打つことでもなく、PublicなRelationを築くための活動ですよね。

 端的に言えば、「自分のことを知ってもらいたい」という想いの表現というか。


 こういった文章を書くのも結局は、そういう部分があるのですが、それを細々とやるあたりが、こんな悩みを生むのでしょう。

 でも、逆に言えば、今年の目標である、自分が踏むべき「NextStep」は、そんな今からの「NextStep」、脱却もしていかなければいけないということでもあるんでしょうね。おおよそしてこなかった、人と積極的に関わっていく、というような。
 
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。