死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2008.06.08 23:59

  「股を開いて座骨で座る」と、文章だけではさっぱり説明つかない不思議な形状の姿勢矯正イス、「アーユルチェア(左写真)」(大人気のため品切れらしい)を持ってる友人が家に来たので、私が持っているGarageのイマイチなイスと比較したりしながら、どんな感じだいと聞きながら、「結構調子がいい」「座るのに力がいらない」「家族に『怪しいことに使うイスか?』とバカにされたが座らせたら好評だった」「首が疲れたときに座ると嘘みたいに痛みが消える」「ずーっとゲームしてても疲れない」「座面が動くのでイスに物を置かれずに済む(失笑)」など、相当快適らしい。ただ、欠点として、「座面が動くので落ち着いて仕事しようという気にはならない(ゲームだと気にならないけど)」「座面が動く高い奴はタイヤがないので使いづらい」「背もたれがないのでリラックスするために座るイスではない」などの欠点があるらしい。

 ちなみに、私がこのイスを「買えない」と思っているのは、値段が4~5万するからということではなく、「両袖引き出しのOA机だから、股を開いて座れない」という、机を変えればいいじゃねーかと思わず言われそうな理由からだ。

 んだけども、そういうことを話してみたところ、「足を引き出しの手前で開けばいいんじゃないの」とつっこまれ、「そういわれてみればそうかも」とはたと気づいて、すっかり認知度の高い巨大ゴムボール「バランスボール」を使って、アーユルチェアの座り方のように座ってみたらどうだ! 座る姿勢がよくなったじゃないか! 特に、「エルゴレスト」がある我が家の場合、そこに手を置くと、ホントに自然に、力が入らない状態で座れる。

 まぁ、自分ではイマイチわからんのだけれど、アーユルチェア経験者が横から見て、首が自分で思ってるほど出ていないとか、「背筋を伸ばそう」と意識しすぎるあまり胸が反りすぎるということもないとか、「正しい姿勢は首が前に行きすぎることは絶対ない(前に行かなくなる)」ということが判明。そうすれば自然と首の後ろががピリピリするなんてこともなくなるわけだ。「首がちゃんと座る」ということだね。

  女性の場合は座骨が違うのでわからないが、少なくとも男は股を開いて座った方が自然なのかもしれないなという結論に達した。ただ、慣れてないので大変足に負担があるのが難点だ。いや、だが、その方が「全身で座る=首や腰にばかり負担が行かない」という意味でよいのかもしれないな。

 イスのせいにはしてはいけないんだけど、少なくとも、残念ながらGarageのChairOCは姿勢をよくする効能はなかった。しばらくはこのバランスボールでなんちゃってアーユルチェアにチャレンジしようと思う。これで結果がよければちゃんと紹介しよう。今までそれで一回も「よかったよ!」と紹介してないが・・・・・・。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1007-55e4af5c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。