死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2008.11.16 23:59

 名古屋松坂屋南館、松坂屋美術館にて、北斎展に行って参りましたよ。最終日ですが(←オイ)。

 今回の北斎展は「北斎 富士を描く 冨嶽三十六景と富嶽百景」ということで、大ダコが女をエロい意味で襲ってるとかいう、お金持ちの奥様が見たら卒倒しそうな葛飾北斎ではなく、一般的な北斎の代名詞である「富士山」にこだわった作品展です。

 だから、なんというかもう、「I LOVE 富士」って感じで、この作品展だけ見てると北斎が富士山しか書けないんじゃないのかと思うぐらい、富士山でした。

 そういう意味では、「描けるものはなんでも描く」という姿勢を持ち続けたイカレ老人北斎が、ミュージアム内にもあった「画狂老人卍」という自ら命名した変名の意味があまり伝わらないかもなぁ、と思った。
 私は絵では表現しないけどそういうところはすごく共感できるだけに、北斎の魅力は富士だけじゃないのにともったいない思いもした。まぁ「富士」の展覧会と言えばそれまでだが。北斎の「拡がり」に繋げる展示という点では弱かったように思う(←厳しいなぁ)。

 終わりの臨時ミュージアムショップでそれ以外の北斎とか売ってるんですけど、やっぱり富士だらけでした。当然と言えば当然ですけれども。

 そのショップで眼に止まったのが「ミニ掛け軸」。これがなかなかイイ!

ミニ掛け軸に神奈川沖浪裏下のはキーボードとトラックボール

 他にも北斎の本とか、最近流行りの「風呂敷」とかありましたけど、横長の北斎の絵を風呂敷型の正方形にしても、なんかすごく間抜けな印象なのでやめた。だから、ミニ掛け軸とポストカードだけ買いましたよ。

 さて、そのミニ掛け軸ですが、サイズは42×20cmの縦長のもので、肝心の「絵」の部分がポストカードをつけられるようになっているんですよね。しかも、便利なことに、縦横どちらでも付け替えられるという便利さ。
 お値段は1890円と、お求めやすいお値段でした。柄は四種類。

ミニ掛け軸のおおきさ
 販売形態は丸めて販売されています。サイズ的には、DVDのジャケットぐらいと思ってもらえばいいです。ちなみに下のDVDは、『月刊杉本彩DVD廉価版』です。なんでそんなものがって、コンビニで980円で売ってたから、一体どれぐらいエロいのか観てみたかったからです。・・・・エロくはなかったです。いや、エロいのはエロいんですけど、官能的と言おうか・・・でも、そんなにイイ作品でもなかった気もしますよ、私には。ブンガク的ではありますけど(自身の小説の映像化だから)。あと、おまけ(制作状況)が本編より長い。でもこれは観ていられなかったなぁ・・・・余談でした。

 ミニ掛け軸はこれぐらいのおおきさ
 本題に戻りまして、ミニ掛け軸は広げるとこんな感じです。わかってもらえるかと思いますが、まさにミニ。

ポストカードはテグスで引っかける
 肝心のポストカード(はがき)はどうやってくっつけるかというところですが、テグスがついているので、それに引っかける感じです。縦用、横用の計8本が縫いつけてあります。ちなみに、裏面からはそれが見えないようになっています(巻いたときに引っかかることはない)。

ミニ掛け軸に神奈川沖浪裏
 同じくショップで買った北斎の中で一二を争う知名度を誇る「神奈川沖浪裏」をつけてみましたよ。他にも買ったんですが、白い縁枠なしのものがこれと、「凱風快晴(赤富士)」しかなかったんですよ。やっぱ、縁なしポストカードじゃないと掛け軸っぽくならないですね。ポストカードの白は和紙の白と違いすぎて一体感が生まれないので、ちょん切ってやりたい気分です。

 そこまでミニ掛け軸の見栄えにこだわってるんですけど、じゃぁ実際どこに飾ろうかって考えると・・・・まぁ、基本はトイレですね。サイズ的にもね。でも、それじゃあまりにも普通だし(←普通でイイじゃん)、なによりわが家のトイレは昔のマンションなので、廊下の明かりをとりこんだり、部屋の明かりを取り込んだりするように結構擦りガラスが多く使われてるんですよね。なので、そこにかけるとトイレが暗くなる(電気つければいいじゃんとか言うな!)。
 そんなわけで、私が最初に眼をつけたのは・・・・・

北斎を冷蔵庫に
 冷蔵庫!!

 まさか北斎を冷蔵庫に飾るなんてのは世界に俺一人だろうフフン、なんて思ったりしなかったりですが、どうですか、このアイディア。白物家電の代表である真っ白な冷蔵庫(今時珍しいけどな)にポツリと浮かんだ北斎の富士。

 いやぁ~、素晴らしいですねぇ、この無機質で家庭的なものの代表である冷蔵庫に北斎の見事な荒々しい浪と富士の対比の見事な神奈川沖浪裏ですか・・・・いやぁ、贅沢だ(渡辺篤史風に)

 ・・・・・と冗談はここまでにしておいて、実際こんなんじゃせっかくの巨大マグネット板冷蔵庫が生かせないので、他の、よく目につくところにしようとして落ちついたのが、部屋の境にある柱。

掛け軸は柱に
 ミニ掛け軸なので場所が取らないからこんな使い方も出来ます。ちなみにバックが汚いとか言わないように!

 番外編ですが、縦向きの他のポストカードも入れてみましたよ。

ミニ掛け軸に・・・・ドアラ!
 ドアラのポストカードをつけてみました。・・・・・すげー違和感(それはポストカードの中身の問題では?)。

 いったいこのミニ掛け軸がどこのメーカーのものかさっぱりわからないのですが、同じようなものが多数出ているので、興味があったらさがしてみたらどうでしょう? 同じものを探しても見つからない・・・・松坂屋美術館に問い合わせてみたらいいかもね。
 ⇒似たようなミニ掛軸(でも掛け軸っぽくない)

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1116-4af6429b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。