死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2008.12.20 23:59

 やっと日記が現実に追いついた・・・・いや、こっちの話。

 今日はなんか、ひさしぶりに昼寝してましたよ。ひさしぶりか? まぁいいや。

 にしてもスーパーサッカー見てましたけど、ひどくつまらない番組になりましたねぇ、なんか。Jリーグが出来た頃のスパサカ(生島ヒロシ・金田喜稔・ビートたけし・西田ひかる/三井ゆり)はサッカーに興味のない私でもおもしろい、見てみようと思いましたけど、今日見てて、加藤浩次と小倉隆史のつまらないトークもいただけないですが、知らない人からしたら「なんじゃそりゃ」的な話の持っていき方で、サッカーの「魅力」をあまり伝えられないんじゃないのかな、とか思ったりしました。

 個人的感想ですけど。甘えてるなという印象? なんかまるで、サッカーは超メジャーだからなにもしなくても人気がなくならない、と甘く考えている番組に見えました。野球の一チーム応援番組の拡大版みたいな? まぁ、そういうもんか。

 まぁ、サッカー好きのための番組といえばそうなんでしょうけども、だからといってサッカーそのものをマニアックに追求しているわけでもなく、ミーハー的なサッカー番組?みたいな。そういう毛色でいいってことなのかもしれませんけど。取材予算がないのかな? なんかこう、視聴者の想いに応えて発信しいているというよりも、自分たちの好きにしている番組のように感じました。一言で言えば「趣味だろ」みたいな。私だけでしょうかね?

 でもそのおかげで、テレビばっか見てちゃあかんなと、数日前に言った、テレビを見過ぎてしまう私の悩みも、一気に解消されそうです。テレビにはやっぱり時間のムダもあるんだなって。よかったよかった。

 単に、加藤&小倉じゃ二人とも薄っぺらい感じだから、組み合わせが悪いってだけかもなぁ。うん、だから仲良しクラブみたいでつまらないんだろうな。情熱の持っていき方が他にないのかもしれないなぁ。

 そういう意味で、サッカーも野球みたいになってきたってことかな。それがいいことなのか悪いことなのか・・・とにかく、同じ問題が起きるってことだろうね、きっと。排他的というか。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1148-8a6516db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。