死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2005.07.23 23:03
二夜連続でオールスターのことを書くとは思わなかったけど、書くことにする。

今日の中継は同じテレ朝なのに、スタンド解説がなかったのは、球場の作りの問題からか? まぁいいけど、やっぱり真弓の出番が・・・振られない限り喋られないという雰囲気を醸し出していた。

しかし、真弓の出番を差しおいてでも、福本&星野仙が普通の解説をしていたので昨日とはえらい違い。矢野→井端の二塁タッチプレイに関しての解説※などは、プロならではの解説で、とても酔っぱらいには無理な解説でなかなか良かった。
※盗塁した川崎に対して矢野が二塁に送球し、遊撃井端が捕球したグラブをランナーの上に垂直に落とすというタッチで、審判の視覚を惑わせてセーフのタイミングなのに思わず「アウト」と言わせてしまう。いつも審判の技術不足に文句を言う星野もやはり元教え子は褒めたいらしい(もちろん、捕球技術があるからこそできるという解説付きだが)。


それにしても、解説陣に若々さがないためか、それとも球場の音声をあまり拾ってないからか、それともうるさいアナウンサーを星野氏が嫌うためか、「デジタル放送で高画質高音質をお楽しみください」というアナウンサーの声が空しく聞こえるほど、音の臨場感を感じなかった放送だった。
やはり、達観しすぎたおっちゃん解説陣もやはりどうなのかとも思う。難しいところだ。単にキャスティングが悪いだけなのか? それとも趣味の問題か? それとも試合の・・・(以下略

余談。
堀内監督が寂しそうにする顔とか、なんかチワワのくぅ~ちゃん見てるみたいで悲しくなったけど、全パの監督であるはずの伊東監督を見てない気がするけど・・・映ったかな? 王監督は映ったけど。
web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/117-88bcd6f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。