死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2009.02.12 22:26

 さて、前回に引き続いて、書店で見つけた本「朝2時間早く起きれば人生が変わる」か、という命題だ。

 実は私、一度早起き生活にチャレンジしたことがあるんですよね。この仕事になってから朝型になるので、ついでにもうちょっと早く起きて・・・と考えてやってみたんですが、あれよあれよと起きるのが一時間遅れ、さらに30分遅れ、最近はもう、一分一秒を争う状態ですよ。まぁ、みなさんも似たような人いると思いますけどね。

 その原因は色々あったんですが、あげればキリがないのでそこはスルーして、この本に引かれた理由を挙げよう。

  • 「早起き」というのは本来起きる時間よりも、いくらか早い(だいたい1時間)というのが普通だが、この本では2時間も早く起きろと言う
  • それはなぜかというと、2時間早く起きるためには、絶対、早く寝なきゃいけなくなるからである
  • ちなみに私の場合、早く寝ちゃいかんのじゃないか、寝る間も惜しんで修行しなきゃと思ってるので寝ずに頑張ろうとして、でも疲れてるので、寝ては起きては寝てという悪循環をしている
  • そのため、本来やるべきことに時間を割けずにいるし、ネット動画を見続けたりと、くだらないことに時間を費やしてしまう
  • それは結局メリハリがないからともいえ、もういい歳なんだし、遅刻したばっかだし、無理なことは無理しないことにしたほうがいいと気づいたわけで
  • それよりも、朝2時間、毎日確実に作ったほうが、たまに集中できる日があって徹夜で作業しても、それが月に一、二度、しかも体調に左右されるよりは効果的じゃないかと思ったわけだ

・・・・とまぁ、だいたいこのような悩みに対しての答えが書かれていたわけだ、この本に。しかも、早起きして作ったその2時間は、夜、睡魔と格闘しながらよりも、作業効率があがるなんて書いてあるじゃないですか!

まだ何事にも振り回されていない頭はさえわたり、それゆえに集中しやすい(本文より)

 当たり前のことなのに、やけに新鮮。今までこんなこと考えたこともなかった。

 いったい誰だろう? 睡魔と闘うことがいいなんて言った奴は(←言ってない)・・・・・それはきっと、私の中で、マンガ家とか作家のイメージが、徹夜で頑張る姿があるからだろう。でも、大事なことを忘れている。あれは、ダメな作家の姿なのだと!! 作品が良くても、人としてダメだと! あと、あれは単に、仕事に追われているからああしてるだけなんだと!

(つづく)

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1190-792c96f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。