死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2009.02.17 22:51

 前回は、早寝しなきゃ早起きは無理だから、「一日の使い方」を見直さなきゃいけないというところで終わった。

 早寝早起きってのは、一度や二度くらいなら誰だってできる。

 この企画も『朝2時間早く起きれば人生が変わる!』というタイトルの本から始まっているが、早寝早起きを一度や二度やったところで人生は変わらない。つまりそれは、ずっと続けなければ意味がないものだし、そのためには、「早寝が当たり前」の生活をしなきゃいけないわけですよね。

 つまり、夜を捨てろと。

 つまり、今までの生活の見直しをしろということですね。

 そこで私は、今までの自分がやってきた生活スタイルをあらためて振り返ってみる必要があると思った。というか、そういうことを漠然とながら思っていたから、どこかに問題があると思っていたから、この本に惹かれたともいえよう。

 私は、文章を書くことを「仕事(work)」とはしているが、生活の糧を手に入れる「職業(job)」が別にある。それはつまり、両方のバランスをとらなければいけないというわけだ。

 今までしてきたことは色々あったからそれをここで述べるのは長くなるから割愛するが、よかった点もあったが、色々問題点もあったわけだ。そして、問題点の方が多いように感じているので、今回のような「抜本的な改革」に踏み切ったわけだ。そこが政治家の主戦場と違うところだ。

 今までの生活をざっとまとめるとこんな感じである(→は問題点)

  • 朝7時15分頃起床、朝食を食べて家を出る
    →まだ時間があるから何かしようと思ってギリギリまで時間を使う
  • 8時開始だが、数分遅刻
    →毎回のことで当然と思いつつも申し訳ないとも思う
  • 15時頃終わって帰る
    →肉体労働なので実は疲れている
  • 書いたりサイト作ったり本読んだりする
    →この日にこれをやるとは決めてないからバタバタする
  • 目・肩・腰が悲鳴を上げる
    →作業に集中しすぎて、それ以降集中できなくなる
  • 睡魔と戦いながらなおも作業しようとする
    →まだ何か出来るんじゃないかという強迫観念に駆られる
  • でも出来ない自分を責める
    →長い夜を有効に使わないと人には勝てないと思い焦る
  • コタツかストーブの前で寝ては起きての繰り返し
    →光熱費の無駄。また、布団じゃないので体を痛める

などなど、こうやってあげると、「たどり着いた」と思っていたことも、ずいぶん穴だらけだったことがわかる。
 いい点は、「集中できたときに大量の時間がとれる」ということだが、でも、現実問題、そんな集中は年に10%もなく、また、体調がジャマしてできないこともある。つまり、あとの日は、非効率な暮らしをしているというわけだ

 自分の性格上「遅刻しても仕方ない」とか「集中しすぎてもしょうがない」とか、なかばあきらめていたことも結構あるからだろう。だから、今のやり方が、今まで自分がン十年生きてきた中で見出してきたやり方が、正しいように思っていたのだが、実は大きな間違いを犯していたことがわかる。

 そもそも、自分は夜型だからと、「夜中に頑張る」ことにこだわりすぎていたところもあるし、その割には結果が伴っていないことなどがそのいい例だ。アイディアは腐るほどあるが小説を集中して書く時間がなかったりしてるから、事実上アイディアは腐っていたりもする(笑)・・・・・笑い事ではない!

 私は、「人がやっていないときにやらなくてどうする」ということを常々思いながら文章を書いている。このブログも、そのトレーニングやエクササイズの一種だ。
 しかし、いつの間にか、あくまでも練習がメインになってるところがある。ブログを書き始めたら止まらない。時間は際限なくある(ように見える)から、夜遅く、夜遅くまで書こうとする。そうして、疲れ、他のことができなくなる。そして文章も完成しない・・・・そうとうな悪循環だ。つまり、キリがないのだ。

 練習だけ熱心にやって試合に活躍できない野球選手ほどクビになりやすい存在はない、みたいなもんだ。

 

 私は他人について学ぶことを好まない。できないことはないし、むしろ優等生になると思うのだが、優等生でありすぎて自分を殺してしまう傾向があるから、すべて自分でやり方を考えてきたわけだが、それがゆえに指摘されることなく来て、「質の高い物を!」とこだわりすぎるがゆえに、ただの練習&ストレス解消&メモのための日記が、逆に自分が本来使うべき時間を削っていることに、今までまったく気が付かなかったのだ。

 いや、気づいていたけれども、どうやってコントロールすればいいのか、皆目見当がつかなかったわけだ。そこで、今回、「早寝」しなきゃいけない状況になって初めて、物事に優先順位を(まるで仕事のように)つけなきゃいけなくなったわけだ。

 優先順位がなぜ必要かって?

 だって、「朝2時間」を作るためには、夜の時間を減らさなきゃいけないわけだし、そして、朝2時間は確実にできるのだから、一番優先することを、朝2時間に持ってこればいい、となるわけだ。そして、今まで「夜頑張ればいい」と思ってたものを、「早寝」のために、どこかでケリをつけなきゃいけなくなる。

 そこで、朝は確かに眠いけれど、少なくとも、肉体労働で疲れた体に鞭を打ちながらの眠さよりずっと、楽なんじゃないのか? と思って、私の新しい生活を考えることにしたわけだ。

(つづく)

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1194-d043efed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。