死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2009.03.27 23:35

 ルパン三世vs名探偵コナン観ましたよ。

 おもしろかったですねえ。

 昔、おやつ食べながらルパン三世を観ていた世代としては、ルパン三世の声優陣が全然違うのにビックリたまげた門左衛門(←ああ、世代が・・・)なんですが、全体としてうまくまとまっていたなぁという感じ。五ェ門の出番があまりないのが残念ですが、それが五右衛門のいいところ・・・・・かなぁ? 五ェ門とコナンとの絡みがないのが残念。まぁ、なくてもいいけど(←どっちだよ)。

 ちょっと前のスペシャルだか映画だかでも、銭形の「キレ者っぷり」というのが目につくようになった気がしますけど、昔のテレビに出てた銭形ってこんなんだったかなぁ?という印象もあったりする。

 そんで、調べてみたら、どうも子ども向けになりがちなTVシリーズでの設定よりも、原作者のモンキー・パンチの「意図」を、今のアニメ作家たちが汲み取っているからのようだ(はじまりは『カリオストロの城』の宮崎駿らしい)。

 たしかに、TVシリーズのように、まったくいいとこなしの銭形警部がなぜICPOを首にならないかという、マンガだからつっこむなよというツッコミどころは、大人に近づけば近づくほど変に思うものだろう。だから、今の作家たちが「リアル」さを出すためにそういう設定を組み込むことができるのだろう。

 でも、んなこと言い出したら、コナンの毛利小五郎なんか、いつも寝てておかしいだろということにもなりかねなくて、こういうのも、ルパン三世みたいに十年経ったりしたら、また違う設定を組み込んでくるのかななんて思ったりしたのはきっと私だけかもしれない。

 まぁ、思っただけでどうでもいいんですけどね。

 しかし、なんか、全体的にはあまり目新しくなかった気もしたりする・・・・・ビッグネームを二つそろえりゃそんな冒険しないか。あと、コナンが入ってるからか、悪人の行動が短絡的だし、なんか所々ご都合主義的なものが見えるねぇ・・・・そんなもんかな。ま、いいか、テレビだし。DVDになってまで観たいものでもないかなぁ。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1211-47c62d34

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。