死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2009.03.28 23:04

 最近、通販生活の座椅子を色々試したり(返品可なので)、友人からもはや販売中止となった幻の椅子「アーユルチェア」を試したりしてるんですが、なんつーか、どーも、落ち着かないというかなんというか。

 まったくダメってことはないんだけどね。

 座椅子のほうは、私の体が大きいせいかなかなかベネフィットするものがなくて、2万とか出せるかよと思ったりしたりするわけよ。

 で、アーユルチェアの方は、座面が動かないアーユルオクトパスを持ってるけど座面が動くアーユルチェアの方が調子よいよと言うので只今交換してもらってるんだけど、なんかこう、その人が感じたように「首がうまい具合にはまる」という感覚が中々つかめない。なぜだろう、体型ほとんど同じなのに・・・骨格の問題か? 筋肉の問題か?

 今現在、コタツでは「バランス座椅子」という、膝と尻で座るバランスチェアの座椅子版と、机ではアーユルチェアを使ってるんだけど、一番問題があるのは、どちらも、落ち着かない!

 いわゆる「姿勢矯正椅子」という意味での機能は満たしているようには感じるが、作業する気がまったく起きないというのが一番の問題だ。姿勢矯正の効能は個人差があるだろうが、私のようにじっとしていられない性格の人間はすぐ体勢を崩して無意味になるが、お金を払うだけの価値はあるかもしれないので、私がこんなことを言ったからと言って、「やっぱあれはダメかも」なんて思わないでほしい。
 この、アーユルチェアの持ち主は、この椅子のおかげで猫背が直って肩こりにも悩まされず、3時間座りっぱなしでゲームもできちゃうほどなのだから。

 しかし、私が椅子に求めるのは「首肩腰痛の低減」と「作業効率のアップ」なので、体勢を動かすことがあるので、こういう、「理想のフォーム」が一つと決まってるものじゃあかんのかもしれない・・・・・そんなこと思ってたら、いつもハンズに行ったときに無意識に座る、「デュオレスト」というこれまた変わった形の椅子を思い出した。

 無意識=直感なのかもしれないが、この椅子は「極上!」と思うことはないのだが、二枚に別れた背もたれの感触が、なにやら心地よい気もするのだ。いい具合にホールドされて、すぐ姿勢を崩す私のような人間に、そういう体勢を取らせないような工夫がされているように感じる。

 とはいえ、さっきも言ったように「極上!」と思えないのはなにか物足りない気がしたからなのだが、サイトを調べてみると、実はあれ、背もたれの幅も高さも変えられるんだそうな。だから合わなかったのかな? と思って、今度はこの椅子を購入検討してみようかな~なんて考えちゃったりしている。
 何がいいって、ロッキング機構・ヘッドレストがあるのがまた私の心をくすぐるのだ。そして、この、「動く二枚の背もたれ」が、どんな姿勢でも合わせてくれるという宣伝文句に惹かれてしまっている私・・・・ああ、このままじゃ買ってしまいそうだ。

 以上、理想の椅子を探して椅子だらけの家に住む、アホな人間の、どうでもいい話でした。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1212-7cf9518c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。