死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2009.04.21 22:40

 「ちょっとした気配り」を見つけました。

 今は、物を買うと袋にテープ貼る習慣があるじゃないですか。あれ、万引き予防と落下防止用につけるんだと思いますけど、あのテープってはがしにくいと思いません? つけるなよ! と叫びたくなりません?

 そんな袋についた「うざい」テープですけど、この間買ったところのは、よく見ると、ちっともうざくなかったですよ。むしろ、感動した。

アイシティの気配り わかるかな?
 テープの端が折り曲げられていて、はがしやすくしてあるんですよ。その証拠に、テープが浮いてますよね。

 今どきは、テープを「ギザギザカット」じゃなくて真っ直ぐ切れるというテープカッター台(新製品)も売っていますけれど、業務用のテープ台なんて、たいがい「ギザギザカット」。

 それが、紙袋だとか、ビニール袋についてるわけだけど、その、ギザギザをはがすときのもう、むかつくことむかつくこと。みなさんもそう思ったことが一度や二度どころではないはずだ。
 なに? 切ればいい? 再利用したい場合とかもあるじゃないですか、人に渡すときとか。そんな時も困りますよね、テープの残りカスがついていたり、テープを引っ張ったときに袋が伸びちゃったりとか、紙袋だったら破れちゃったりだとか。

 そんな、「うざい」袋のテープですけど、こうやって、片方を折り曲げておくだけでもう、まったく別のものになったような感じがします。変な言い方だけど、非常に快適。

 そもそも、ブランドショップの紙袋をコーティングしてバッグとして再販することが問題になるほど、ブランドロゴの入った袋を持たせたがる昨今ですが、企業は、「持たせる」袋にはこだわってみせても、客がテープをはがす「苦労」を、なんら顧みてこなかったような気がする。

 客は一度たりとも「袋にテープを貼ってください」なんて頼んでなんかいない

 にもかかわらず、「袋にはテープを貼る、これ常識」と店側は、頼みもしないテープを袋に貼りつづけた。ハッキリ言って、店側の都合で。口の開いた袋で万引きする人が多かったためだろうとは思うが、一般客には、いい迷惑でしかない。ただ、「理解」しているだけだ、そういった店側の都合を。はがすときにイライラを抱えながら・・・。

 それはたしかに当たり前のことなのかもしれないけれど、当たり前になりすぎて、そのことについて何ら配慮がされずに来ているのが現状なんだろう。その根底にあるのは、客を「消費者」という存在としている考えだとまでは言わないが、自分もひとりの客として、「こうしてくれたらいいのに・・・」という想いがあるはずなのに、それを自分の仕事に持ち込めない。持ち込んだほうが絶対「いい」にも関わらず、だ。

 そういったエネルギーというか、発想が生まれないのは、やっぱりどこか、お客というものが、「見知らぬ他人」だという想いがあるからではないだろうか?

 

 この、テープを貼る際の気配りを誰が始めたのかわからない。調べてもきっと、見つからないだろう。だって、簡単なことだもの。ある一人の人だけが発想したことではないと思う。

 私が思わず写真に撮ってしまったこのテープも、この、厳しくてケチな私が人に勧めるほど信頼できる「あまり安くない」コンタクト屋の会社の方針なのか、それとも、私にこの袋を手渡した店員が自分の判断でしたことなのか、それともその店員がどこかで同じようなテープの使い方をされてうれしかったからなのか、それとも従業員の中で話し合ってやるようにしたことなのか・・・・それは私にはわからない。

 しかし、「たかが」テープの貼り方ひとつでも、その小さな行為一つにも「やさしさ」とか「愛情」というものが込められるんだな、という感じがした。

 特にそれは、他のところではあまりお目にかかれないからこそ、なおさらそう感じるんだろう。そして、だからこそよけい、意識しないかぎり、それには気づかない。でも、やさしさとは本来そういうものではないだろうか?

 お仕着せのサービスや、お仕着せの愛情や、見返りを求めるやさしさがあふれている世の中で、本当のサービスや愛情ってのは、マニュアル化された「行為をなぞる」のではなく、そうやって、相手の立場に立って、自分の手間を惜しまないなかに生まれるのかもしれない。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1223-094f3c56

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。