死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2009.10.18 23:59

 今日は、一日中、『Lの世界』シーズン3(5じゃないよ)を観てましたよ。なにしてんのと言われそうですが。

 なんつーかあれですよね。「愛」ってなんなのかっていうのを女性同士の関係で悩む彼女たちの姿を観ていてとりあえずわかるのは、愛っていうものはやっぱ、愛だなと感じるときはあるけれども、それはきっと愛というのが、「関係」ではなくて「状態」を表わす言葉なのかもしれないということですかね。

 だから、「そこ」にこだわると関係が壊れてしまうと。でも、形のないものだからこそ、そういうところに目が行ってしまう。それを避けるために、結婚っていう「形」を人間は発明したのだろうか?

 一般に「男女」ではないゲイには必要ないと思われる結婚を、必要としている姿を見ると、それでまた問題が大きくなってる姿を見ると、「道具」や「形」に支配されるといけないって思ったりもする。

 とはいえ、現実に生きるってことは、そういったものと折り合いをつけていくことでもあるんだし、逆に、そういった折り合いをつけずに「愛」にまっしぐらな姿が文学的って捉えられるのも、わかる気はする。

 大事なのはバランスと言うけれど、自分の納得のいく生き方をするバランスって、結構むずかしいのかもね。いや、それが答えとして出てるなら、宗教はあんなにないだろうし、ドラマもできないだろう。

 そういう意味で、それを楽しんで見ているだけって生き方のほうが、実はしたたかなのかもしれないね。それが、オバハンなんかもしれんけども。もちろん、そんな人が愛されるってことはないけどね。

 とりあえず、必死な人の方が、誰かには愛される。それだけは言えるのかもしれない。そういう意味で、「愛されたい」って思ってる人は、何かに一生懸命になった方がいいかもしれないですね。きっとどこかで誰かが愛してくれるはず。もっとも、それが、自分の望む「愛し方」と同じとは限らないけれどね。

 だからみんな悩むんだろ!って言われそうだな。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1296-81789638

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。