死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2010.03.04 23:21

 「とりあえず、半年なら半年で、何も考えず働いてお金貯めたら?休みなく」

 私のことをよく知る人物にそう言われたのが、二週間ほど前だろうか?

 なぜこういう話が出てきたかというと、私はこれまで、あえて給料を求めずにきたからだろう。正確に言うと、自分の時間のために、都合がつきやすい仕事・・・つまり正社員じゃない道を選択してきた。
 正社員どころか働くこともできない人たちからしたら贅沢なことかもしれないが。

 いわゆる「フツー」に従わずに、自分の考えるままやってきたので、いい経験だったし、自分が思うとおりの技術を自分で身に付けられた自信もついたし。だから別に、後悔もしてない。たとえお金が貯まらなくても、自分自身の、「未来のための財産」は貯まっているわけだし。

 ・・・・・でも、そんなこという時点で、お金を気にしてるかもしれない。

 「お金を気にしてない」という人ほど、お金を気にしてるもんだ。「巨人なんて大したことないや」と言う野村克也みたいな人に限って、本当は巨人に入りたかったもんだし。

 ここが貧乏人の悲しさなのか、やっぱりお金がない生活をしてきたのが苦痛になってきた。とにかくガマンして自分を鍛えるって考えていたこと自体に対する後悔みたいなものがあるのもたしかだ。

 それともう一つ、こういう、「普通に就職」してこなかったことで、大きな問題がある。あまりにも「自分の時間」つまり、「精神的自由」を追い求めてきたがために、なかなか今までのライフスタイルを変えられない。つまり、新しい挑戦をしようにも、できない環境を自らつくっているようなものだ。

 冒頭の言葉は、そんな状況をよく知っているがゆえにこそ、あえて、「何も考えずに働いたら?」という提案がなされたわけだ。私が、金を気にしないと言っておきながら気にしてるのをよくわかってるからだろう。

 だからまぁ、まったく至極当然非常に冷静で客観的な正論なのだが・・・・今の今まで考えてもいなかったな。とりあえず、普通に働けばいいかな、と考えて。

 しかし現実は甘くなく、というかのんびり屋の悪いクセで、あくせくしないもんだからいまだに仕事が決まらない。決まらないというか何するか自体も漠然としてる。

 そうこうしてる内にあっという間に3月になり、来月には職なしの未来が待っている。とりあえず5月からの仕事はあるよという派遣会社の声を頭に置いてはあるけれど、なんつーか、これでええんかなと。
 いや、別にお金がない!どーしよー!ってことはないんだが(お金がないのはないんだが)、これじゃぁなんも変わらんなと。お金がなくても、低収入でも、やりくりしだいでなんとかなっちゃうからね。でもそれじゃ、あかんなと。進歩がない。

 

 ここんとこ、いったいどんな仕事をしたいかの前に、いったいどんな人間になりたいかと考えてたわけ。どういう道を歩んできたんかな、自分はと。

 たとえば、#1でも言ったと思うけど、高校の時、超がつくほど運痴なのに格闘技なんかやって、担任から「早いとこ辞めた方が身のためだ」と言われて反骨心で頑張った。

 たしかに、「楽」なのは、もっと向いてることだったけど、やっぱヒョロヒョロなままじゃイヤだったからこそムリにでもやったわけで、その経験が今も生きてるわけなんだよね。
 子供の頃、騎馬戦で馬にもなれずに一人観客になっていた人間がよ、「運動得意そう」と言われるような体型になったわけよ。過酷な練習に耐え、やり通した結果ね。

 もちろん運痴は運痴だから、試合の結果は残らんかったけど、自分の目標は達成したワケよね。ケンカが怖くない体。まさか、2年で体重が15kgも増えるなどと、誰が想像したか!

 

 ・・・・ちょっと話が飛んだけど、つまり、自分を過酷な状況に置くことは、たとえ向いてなくても自分の為になる、大事なことだな、と思ってね。

 そう考えると、求人誌に毎回のように載っている、高収入がウリの会社でバリバリ働くのもありかな、と思って。

 もちろん、毎回のように載ってる会社なんてまともな会社なワケがなく、聞いたことのある会社名であっても、中はたいがいブラック企業なもんだ。それがわからんほどコドモじゃない。本当に魅力のあるところは、求人しまくるなんてあり得ない。人間と一緒だ。モテない奴ほど、「女の子紹介してよ」と言うもんだ

 しかも、そういうところはえてして仕事がハード。ただし、(会社にもよるが)成績がよければちゃんとお金として返ってくる。ただし、ストレスとの戦いだろう。

 「精神の自由」を大事にしている人間がそんなとこに飛び込んでどうするのかとも思ったのだが、逆に、あえて、こういう環境に身を置いたらもっとたくましくなるんじゃないか?と思ったわけ。人の心を読むのが好きだから、相手の立場に立って最上の提案を・・・という感じで、あえて数字だけじゃない方法も合わせて闘ってみたらどうか的な。

 ほら、私、あんま汚れてないし、大人ならもっとダーティーな部分もいるんじゃないかな、と。目的のためなら犠牲をいとわない厳しさも身につくし。

 そういう、「男らしさ」的なのを身につける機会になって、「全部俺に任せろ、ぶっつぶしてやる」ぐらいの攻撃性が、身につくんじゃないかな、と。しかもお金が入れば、今までできなかったことができる・・・・それはまさに「これか!?」という天啓ではなかろうか?

 しかし、それでええんか??

(つづく)

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1351-f8d0118f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。