死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2010.05.07 23:46

 歓送迎会に行ってまいりましたよ。また別件の。

 同じ職場ではなく、同じ職種の組合の・・・ということなので、私ぐらいの子供がいる方もおられたりするぐらい全体的に年齢が高めの方が多いので、「プ→してます」とか「専業主夫してます」とか言うと、まぁ、色んな見解をしてくださる。

 仕事をされてる年配の女性なんかは特に、「男だから」云々とそんな激しく否定されることはないのはおもしろいところです。若い頃は男に期待しただろうけど、やっぱり男だからといって全部が全部期待できるわけがないと気づいた世代の方は、妙なプレッシャーをかけないのがおもしろい。

 あと、それぞれの方の人生観が表れたコメントも多かったですね。遊びが大事だという人は遊びを大事にしろと言うし・・・・だから、それぞれの意見が、ある部分では為になり、ある部分では為にならなかったりで。

 それはつまり、結局は、自分の人生の責任は自分でとるしかないんだから、とりあえず年長者として言っとくわ・・・・という感じで言ってくれてるだけなんでしょうけど、そういうことを言ってもらえるってのはそれだけでもありがたいと思いますね。

 やっぱ、接してないと言われないことですし、嫌われていたら言われないことですし、なにより、生の経験談を聞けるのは、いい財産になります。自分のときはあーだったとか、息子のときはあーだったとか、自分はどっぷりつかってるから冒険できないとか、色々な話を聞けるってのは、ひじょうに贅沢なことです。家にいてはできないこと。

 世の中、あまりにも合理的に考えると、すべての酒席はムダになりますが、やっぱり、正規職員じゃないので経済的に苦しい立場だったけれども、そういう意味で心から楽しめないときも時にはあったけれども、人の人生に触れるって経験はやっぱ、自分の財産になるんだなとホント思いましたね。

 そういうのがやっぱり「縁」につながっていくんだろうし、そういうものを大事にしてこそ、「縁故」が大きくなるんでしょうしね。

 組合なんて入る気さらさらなかったんだけど、まぁ、流されるまま入っていたのもいい経験だったなって思いますよ。人と接する機会は多いに越したことないですもんね。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1376-e94306b6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。