死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

2005.04.14 23:57
今日、携帯をみていてふと思い出した。

「そういや、Vアプリ入ってたな」

まるで無きがごとくVアプリ(≒携帯ゲーム)のことを忘れていた私。いやまぁ、忘れてたって全然問題ないんだけどね。

そこで久しぶりにやってみた。『テグザー』

テグザーかよ!?

って言った貴方はそうとうなゲームマニアと見た。そう、あのテグザーだ。かなり古いゲームで、85年だったかにPC-88用に出たゲーム。ファミコンにも移植されたから知ってる人はいるかもしれない(パソコンゲームのファミコン移植はろくなできの物が無いという話だが)。

私はさらにマニアックな「テンキーの5を押さないと自機が止まらない」FM-7版を楽しんだ世代だ(とはいえ親戚の家のだからそう長時間やったわけではないが・・・難しいし)。

ファミコンより迫力に欠けるゲームが多かったあの時代、テグザーはまさに革命的存在だった(ハズ)。
thexder1.jpg
Vodafone Vアプリ版(by TAITO)(←動画も見れるぞ)

簡単なテグザーの紹介。
 ・全方向スクロールシューティング(基本は横)
 ・面クリア型
 ・自機はロボット型⇔飛行機型に変形可能
  (マクロスのバルキリーみたいな物)
 ・4連装ホーミングレーザー搭載
 ・全方位バリア搭載
 ・隠しイベントで偽ミンメイ登場

どうだろう?当時のシューティングゲームとは思えないほど高性能な機体じゃないか?しかもこのレーザーがキレイ。七色?に変色する上に、敵を自動的にロックオン。しかも4発同時に発射するので複数の敵に対しても使える。
thexder2.jpg

説明だけ聞くと凄すぎるが、それでもかなりやっかいなゲーム。というのも、敵がかなりカタイ。かなりなんてもんじゃない。何を考えてんだと言うぐらいカタイ(難易度にもよるんだけど)。
thexder3.jpg
このぐらいの距離から撃ち続けても、敵が自機に接触するまでに倒せない(逃げないと!)
thexder4.jpg
おかげでこんな接近戦を余儀なくされることが多い(もちろん武器はレーザーしかない)

しかもレーザーの自動ロックオンはいいんだけど、壁越しだろうがおかまいなくロックオン!
thexder5.jpg

バリアだって、自機のライフゲージを消費するから、いざというときに使えない。

・・・クソゲーだ!とも言いたくなるが、なぜか許せてしまうのはなぜだろうか?やはり、ゲームバランスだけが問題だからだろうか?グラフィックがキレイだからだろうか?レーザーが描く放物線に栄光の架け橋を(以下略。しかも放物線じゃないし。

たしかに、ここまでカッコいい作品もなかなかなかった。
音楽もいいね。なんか格好いい(通常時とゲームオーバーの二種類しかないけど)


昔の、なんというのだろう、ホントに「危険な冒険」としてのベンチャー企業だったのかな。パクリ要素も多々ありだけど、ここまで強烈だったソフトはなかなかないかもよ?

thexder6.jpg
この距離でレーザーを打ち続けても倒せない敵が、ステージの最初に来るのがテグザー。
web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/14-ba8db0d8