死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2010.07.06 23:45

  誰だって「猫の手も借りたい!」ってとき、あると思うんですよね。

 でも、人を雇うとなると、いろいろ面倒なことがありますし、「ほんのちょっと助けてほしいだけ」という時に、そんなことしてられないってのが現実だと思うんですよ。
 また、仕事じゃなくても、「今日は風邪引いて出られないけど買ってきてほしいものがあるんだけど」的なときもあると思うんですよ。

 「そんなん友達に頼めよ!」

 ってのはたしかに正論なんですが、いつもいつもそう、友達の都合がつくとは限らないじゃないですか。それに、忙しい人の同世代の人って、基本的に忙しいもんじゃないですか?

 そういった面で、「ちょっとしたお手伝い」ってのを求める人は結構いると思うんですよね。ましてそれが、専門的な技術や、自分にはできない仕事であったりするならばなおさら。

 ひとり暮らしのおばあちゃんが電球一つ取り替えるのも一苦労なのに、今の家電量販店はそんなこと頼んでもやってくれないか、すごい高い出張費用を取る。町の電気屋さんもつぶれてなくなってるし。

 こんな状況で、「謝礼千円払うから誰かやってくれない?」と声を上げて、誰かがやってくれたら、それは、けっこういいことじゃないですか?
 電球変える手間は千円するほどじゃないですけど、プロに頼めば千円じゃ済まないですしね。

 別に電球じゃなくても「謝礼千円」で茶飲み話につきあってくれってのでもいいと思います。「私やります!」って人がいればいんですから。

 

 たしかに、「謝礼金」にあらかじめ金額を指定するなんて失礼な話だって意見もあるでしょうけど、大事なのは、「助け合い」だと思うんですよね。

 規範を守って老人が孤独死するくらいなら、千円を払って「茶飲み相手になる」方がずっといいと思うんですよ

 そこには「金が内在する」からダーティだっていうイメージがあるかもしれないですけど、「千円」って限定してしまえば、それはそれで一つの「サービス」とか「契約」って割り切れませんか?

 しかも、この「千円」ってのがミソで、時給にしたら高いけれど、交通費込みと考えたら安い・・・・ってあたりで頼む方も頼まれる方も、「気楽に」人助けができると思いますし、払う方も、そんなに痛手じゃないと思うんですよね。

 毎日毎日なら別ですけど、時々、千円払って助けてもらえるんなら、そっちを選ぶ人って結構いると思うんです。

 なんだかんだいって、人って、つながっていたいと思うもんですもん。本能的にね。
 ひきこもりがネットで暴走するのも、ストーカーがしつこく追い回すのも、狂人が社会の目を引こうとするのも、つながりを持ちたいからだと思うんですよね。

 

 そういった点から考えると、少なくとも、ペットロボットと接するよりも、あきらかに「儲け」にはならない「千円で茶飲み話」する方が、よっぽど健康的だと私は思うわけです(別にパロにケンカ売ってるわけではありません)。

 「お金」を、もっと、「よりよく生きるための道具」として考えるためにも、こういう運動というか文化を広めたらどうだろう? って思ったわけです。

(つづく)

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1408-4224a66c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。