死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2010.10.26 02:42
 書くのに時間は必要かと問われれば、必要である。

 が、では、時間があれば書けるかといったらそうでもない。

 そこから導き出される答えは1つ、書こうという意志に他ならないが、最近、これが、なかなか書く気がおきない。いや、いつものことなのかもしれないけれども。

 書く「トレーニング」を怠っていることに対して、対して後ろめたい気持ちを感じないことが、問題だよなぁ・・・・それだけ、「感性」が鈍っているのかもしれないな、無関心になって。

 でも、大人として生きていくってことは、そういった感性を時には麻痺させなきゃいけなかったりするものだ。だからこそ、そういったことに一抹の寂しさと、若いからこそ持ちうるみずみずしい感性を大事にしようとしてくれる教師がいるのもうなずける。

 そういう人との出逢いがあれば、その人の人生は拓けたものになるかもしれないが、そういう人と出逢わなかったら?

 それはずいぶんさみしい人生になるだろう。


 そんなことを考えていると、教師に大切な資質は、教える能力などではなく、自分が生徒よりも先行して生きてきた経験を伝えることなんだと思えもする。そう、文字通り「先生」は「先」に「生まれた」者なのだ。

 だからこそ、新卒でもそのまま教壇に立てるのだ。

 そういったことがわからないで、「自分の子供をこうして欲しい」という要求ばかりの親が、まるで商品を買うように教師を選ぶ・・・なんてことがあるんだろうね。


 ま、バカな親に育てられりゃ、子どももバカだけどね。「どうしても」そこじゃなきゃいけない理由が見いだせないとね。

 それぐらいなら、子どもが自然にすることを追求した方が、よっぽど正攻法と言えるでしょう。だって、才能を伸ばすだけ、なんですもん。大人になると、いろいろなものに囲まれすぎて、それを追求できなかったりするものですから、子どもの時に、そういうものを大事にできることって、大事なことなんじゃないかなぁって思います。

 えっ、まったくまとまってないって? 途中で寝てしまったから・・・・。
web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1438-37406195

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。