死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2010.12.21 02:29
 おひさしぶりです、tkiyotoですよ。

 最近、めっきり書いてないので、キーボードを叩く手があやふやに・・・っていうほどではないですが。

 さて、気がつけばあっというまに2010年も終わりに近付き、『楽しむぞ2010』というブログタイトルに変更した割には、人生を楽しもうという意識に欠けた一年だったのかもしれないなどと、今更ながらにおもったりなんかり=なんの意味もないタイトル付けだったと。

 そんなことを思ったのは、山田玲司『絶望に効くクスリ』を読んでいるというのもあるけれど、ここ一ヶ月弱の間、「このまま死んだら後悔するな」と思っていたことをちっともやらずにいる自身の不明を恥じていながらの毎日でお腹がうー痛いよーという状態になっているからだ。

 まぁ、お腹の痛さは関係ないかもしれないが、お腹の調子がよくないと、やっぱり元気が出ないもんだ。『ちびまるこちゃん』に出てくる山根がいつも暗いのなんてまさにそうだ。・・・・といって、職なし金なしのためさぼっていた漢方をやらなきゃなと思い、風呂に行って、でも金をおろすのを忘れて結局行けず、あらまぁ困ったちゃんだわというような状態。


 そういうことをくり返しながら、少しずつ前に進んでればそれでいいんじゃないかと思えるようになっただけでも5年、10年前の自分と比べても成長したんだろうと思うが、それと同時に、だからこそ、まだまだ謙虚に学び、考え、試行錯誤をくり返しながら、自分の人生を「デザイン」していく必要があるな、と思ったり。

 本来、「区切り」とかなんてものがないのが世の中だけど、そういったものがあるからこそ得られるモノがあるからこそ、そういった「区切り」が意味を持って、今も大切にされているのだろう。こういった、「年が変わる」というのもそうだ。

 ってなこと言っておきながら、「区切り」の最たるものである「時間」にまったくもってうとい私は、夜中の二時半という時間になって覚醒し始めた頭と指が、こういった、なんでもない文章を、何か1つのテーマがあるようなものに仕上げていってくれるわけで、そういった「悪い」クセがあるがために、「時間」という「区切り」を軽んじる悪いクセが抜けないんだろうねぇ。

 来年のテーマはそういったことを絡めて考えてみようかな。
web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1448-1b0ce6df

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。