死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2011.05.28 22:08
先週の話。

仕事の帰りにいつも乗り換える駅があるんですけど、そこ、路上ライブをやったり、なにやら作品を置いていたり、「聞き屋」がいたりと、毎度いろんな、ある種「定番」な人たちがいるんですが、珍しくちょっと足止めしてみたグループがいましたよ。

実はその前に、同じように路上ライブをやってるグループの前を通り過ぎたんですが、歌ってたのは、「ゆず」だったんですよね。しかも五人くらいで。

こういうのが耳に入るだけで私、「路上で他人の曲を歌うのがよくわかんない」と言っていた忌野清志郎を思い出しちゃうんですよね。
たしかに、わからんよねと。

そんな私ですから、その「カラオケ」グループをチラ見して、たしかに声量もあって、カラオケとかでも「うまい」とか言われて、場をもりあげることができそうな人たちだとは思ったんですが、逆に言えば「そこまでだな」とも感じたわけ。

そう思ったのは、私が手厳しい性格だからかもしれないんですが、私が足を止めた、十人ぐらいが立ち止まって聞き入ってる別のグループとの差を見てみると、それも間違ってないよなとやっぱり思ったんですよね。
誰もカラオケグループのことなんて見ちゃいませんからね。


世間の目はとってもシビアだから、無名のシンガーがまったく興味のない人たちに足を止めてもらうのは、ただ、歌がうまいだけではムリだということをまざまざと見せつけてくれる現実です。

冷静に考えれば、夜の9時になろうとしてる時に、疲れて早く家に帰りたい人の時間を、「歌」ひとつだけでひきつけるわけだから、当然といえば当然なんですよね。

にもかかわらず、そのカラオケグループは、私が気になって見に行った路上グループよりも大きな声で歌うもんだから、こういってはなんですが、非常にジャマな感じがしました。
何をそんなに叫んでるのかが、本当によくわからない。本人たちは気持ちいいのだろうけど。

かといって、その、十人ほどの観客がいるグループが、それに負けじと声を張り上げるわけでもなく、あくまで自分たちのペースで、観ている人びとに笑顔を向けながら歌い、病み上がりの顔をしながらギターをひいているワケですよ。

そんな姿を見ると、観客がいるいないの差が出る理由もハッキリと見えてきますよね。

自分たちのための歌か、誰かのための歌なのかという、決定的な違い。

それが、足を止めてもらえるかどうかの差になっていくんでしょう。

観客がいるグループにとっては、歌というものが、あくまでも自分のためだけのものでなく、みんなのものであるという思いがあるからこそ、カラオケグループに対抗することもなく、ただひたすら自分の道を信じ、目の前を通り過ぎゆく人たちに笑顔をふりまくことができるのでしょう。


彼らがシメに歌った歌は、夢をあきらめずに追って行こうよという歌でした。

それは、自分たちに向けた歌でもあるのでしょうが、道ゆく人びとに「伝えたい」歌でもあったのでしょう。
聴く人が、誰一人その曲中に動かなかったのは、それが彼らの心に響いたからだと思うのですが、彼らの姿を見ていて、ある種の感慨を感じもしました。

なんか、自分みたいだなと。

プロ・・・的な方向性というか未来は見えないんだけど、大人気とはいかなくてもファンはいて、コアな人気ではなく内容は普遍的なのに、なぜかこう、メジャーになれない感じが。

なんだろうね?

ある部分、現状で満足してしまう部分があったり、カラオケグループの奴らうるせえなぁ俺らの歌で黙らせてやる!みたいな強い気持ちが少ないからなのだろうか?

なんか、自分のことのように身につまされる想いがした。

さわやかで、誰もが応援したくなる「いい人」やってると、毒がなさすぎてダメなんだろね。


誰もが言えることや、誰かができるようなことやってたって、ダメなんだよね。
そんな人、めちゃくちゃたくさんいるワケではないけど、どっかにいるもん。

それに対して時間を使おうって人は、カラオケグループよりかは多いけど、ものすごくたくさんっていかないのも、せつないけど、わかるなぁ。せつないけど。

そういう意味で、ホリエモンとかが俎上に乗るんだろね。それが正しいとかそういう次元ではなく、人が自分以外の何かを欲する本能みたいなものを刺激するんだろね。

人気商売の闇ってのはこういうところにあるんかもね。
web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1474-362ca9f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。