死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2011.05.31 10:37
 昨日、iPhoneで、以前録画しておいた『チャーリーとチョコレート工場』を観ながら歩いて帰る途中、画面ばっか観て歩いててはダメだなとふと顔をあげると、夜空の星が見えました。

 そこで、もうすぐ夏だというのに星が見えるんだなと思ったときはじめて、こっち来てから星を見てなかったなと思ったワケ。

 引っ越してきてから二ヶ月が経つというのに、はじめて星を見たような気がするのは、それだけ、いろいろと忙殺されたり、心に余裕がなかったということなんでしょうね。

 もともとが都心生まれなものですから、空を見上げても冬じゃなきゃ星が見えない生活をしていたので、空に対する意識というのが強くて。
 ふと立ち止まって、空のスナップ写真を撮ることが多かったんですよね。

 それなのに、ここ最近は、空すら見てないことに気づきまして、しばらく足を止めてしまいました。


 そういう想いになったのは、『チャーリーとチョコレート工場』を観てたからでしょうね。

 日本人的発想から離れられないもんで、拾ったお金で得たチャンスを逃さないという、いかにも大陸的なお話にカルチャーショックを受けましたが(日本人的発想なら、拾ったお金だから最後にはチャンスを返上するオチになると思う)、自分の中の「幸福」の基準が明確であることが大切だなというのは、世界共通かなとおもいまして。もちろん、それが、利己的なものではいけないということも。

 まぁ、そういうことを「キッチリ」意識したのではなく、漠然と感じただけですが、漠然とでもそういう風に心が動いたということがすなわち「作品」の価値というもので、こういう仕事に携わる人の社会的使命の達成でもあるのでしょう。

 「作品」というものは、たとえば大災害などがあったりしたときに真っ先に「いらないもの」にされがちなものですが、実際は、こういうものがなければ、現実にとらわれすぎるがために効率を最優先させ、人の心はすさむばかりなんですよね。

 まさに、空を眺める余裕のない私みたいな。


 今朝も、(珍しく)余裕をもって仕事に出かけた途中、時間的ゆとりと心のゆとりがあるがために、ふっとなんでもない空を見上げることができました。


 そこには、なんの特徴もない空と、けっして美しいとは言えない電線群がありましたが、その、「なんでもなさ」が私の心には妙に興味深く映りまして。

 とても計画性や美的価値など意識したとは到底思えない、いかにも日本的なみっともない(と言われがちな)電線群は、とにかくまず、生活の質の向上を優先していた日本人の意識の積み重ねの象徴なのでしょう。
 一般的にそういうのは、インテリに言わせるなら、日本人の芸術に対する意識の低さの表れだと言われてますが、文化的形式や様式美よりも人に対する「優しさ」の結果だと、そこに感じたんですよね。


 もちろん、スキのない美という要素は当然のことながらカケラも感じませんが、それでも、この、意図的ではない線のひかれ方に、私は妙な感動を覚え、そこに、まったく違う「美」を感じました。

 それはちょうど、真っ白なキャンバスに絵筆のしぶきをつけたような、「その一瞬」でしか作れなかったであろう景色であり、「作品」でもあると私は感じるんですよね。

 そんなことを考えて電線がひかれているハズもないのですが、私のように、そこに美しさを見いだして切り取る人間がいて、それを見た人がまた何かを感じて、それが心を通じて行動につながり、また伝搬していく・・・・そういう作品を創れるようにならないとね。全然修行が足りません!



 余談ですが、この、『チャーリーとチョコレート工場』ですが、映画の中での言葉のセンスが、色んな意味で、いかにもアメリカ的!な感じがしました。

 「金は世の中にごまんとある。毎日印刷されているくらいだ。だが、このチケットは、こんな広い世界にたったの5枚しかない。二度と、手に入らんものなんだ。そこらにいくらでもある金のためにそれをあきらめるのは愚かだ。お前は愚か者か?」
「いえ、違います」
「だったら、そのズボンの泥を払え、チョコレート工場に行くんじゃろ」

 こういうのがあって、チャンスをモノにした上で「選択」ができる・・・ってのがこの作品の「ミソ」で、単なる「マジメが一番」とか「家族って素晴らしい!」って単純な構造じゃないところが、いいところですよね。そういうのがないと、何度も鑑賞するのは不可能ですよね。

 一言で言えば、哲学がそこにあるってことですよ。つまらない人間にそれがないのもそういうことです。
web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1477-101bc726

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。