死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2011.06.16 00:04
仕事での疲労がかなり抜けなくなってきているので、気分転換に徳川園に行ってまいりましたよ。

前回行ったのが雨の日だったので人が少ないなんてもんじゃなかったですが、今回は、梅雨の合間のすごしやすい天候だったせいか、人が多かったですね。まぁ、歩けないほど人がいっぱいってワケじゃないんですが、予想したよりは多かったと。

大半が敬老パスで来るような方ですが、他は、外国人観光客とか、子連れの家族とかでしたね。

それでも、騒がしかったり息苦しいほどいたワケではないので、ちょうど、ファミレスのほどよい雑音みたいな「ゆらぎ」でよかったですけどね。


で、そんな、ほどほどの客入りの中、私はというと、園内を流れる川の音を聞きながら石の上に座って、ただひたすらボーッとしてましたよ。

実は最近、自分で、「水の流れ」とか、その音が好きというか落ち着くなということに気づきまして、昨日も夜中にちょこっと家の近くの川を見に行ったりしてたんですが、今の仕事自体がかなり自分にはストレスなせいか、そういった、一種の「癒し」みたいなのを求めてるようなんですよね。

今まで仕事っていうとストレスよりも趣味みたいな楽しい部分のほうが大きいものでしたが、今の仕事は、相当向いてないんでしょうね、苦痛というか苦行化してきてる気がします。

だから、今まで、仕事がイヤとかグチばっかこぼす人とか、パチンコやタバコでウサを晴らすって人の気持ちがぜんぜんわからなかったんですが、今ならわかる気がします。
ちびまる子ちゃんのお父さん、ヒロシも、きっと仕事で大変だからあんなへべれけになるんでしょう。

そんなわけで、仕事を辞めよう辞めようと思ってはいる状態なんですが、じゃぁなにすんのと。

またしても「ふりだしに戻る」感がありますがそれでもこの、約一年の仕事の経験からわかったことがありまして。

それまでの私は、「なんでもできるようにする」あきらめない行動力というかガンコさでいろんな仕事をしてきたんで、器用貧乏を地でいく人間だと思ってたんですよ。よく、「どこへいってもやっていける」とも言われてましたし。

まぁ、今の仕事でもいつも通り、仕事の本質を抑えてやるので、いつも通りの評価をもらうのはもらうんだけど、今までは苦痛ではなかったことが、妙に苦痛。
必要と言われても嬉しかないし、褒められても満足できない。
数字を追わなきゃいけなくて、コンプライアンス的にはアレげだけど会社の力学的に求められる仕事とか、あれもやらなきゃこれもやらなきゃと様々なものに追いかけられる。

今までもそういうのがなかったわけではないが、ゴールもないだけに、今はまったく仕事に喜びがない。とうぜん楽しくもない。自由がなく規制でがんじがらめなので、当然のことだが、私みたいに自由が大好きな人間にとってはかなり苦痛。


向いてないのは知っていたけど、今の仕事をして感じたのは、「向いてなくてもできるが、向いてないと苦痛」な仕事を選ぶのは間違いだということ。

「向いてる仕事を見つける一番の方法は、向いてない仕事をすることである」と誰かが言っていましたが、まさに至言だなと。

私はマジメな性質なので、仕事があるだけマシとか、向いてないのを言い訳にしてるとか、ついつい自分を責める方にギアを入れがちなんですが、やっぱ、ムリなものはムリですよね。


で、誰も座らないような、小川の川べりの石に腰かけてボーッと川の流れを見つめていると、こうやって人と違うことをしている時の方がずっとラクだなと思いまして。

私は別に、目立ちたくはないので人と違ったことがしたいとは思わないのですが、人に合わせるのがツライので人と違ったことをしてるだけなんですよね。あくまでも結果的に。
本人的には、変わったことをしようとか思ってしてるワケではなくて。

昔っからその性質があるのに、大人になって、できることが増えたせいで自分はなんでもできると勘違いして、ムリしてしまう。
それではいつしかつぶれてしまいますよね。

次の仕事が見つかるまではとりあえず続けるつもりですが、その次が見つからなくて困ってる現状。
とりあえず、人と接するより、一人、黙々とやれる仕事の方が幸せ感じられるんだとわかったんですから、この仕事をやった一年は、ムダではなかったですね。

二度と、こういった仕事をしないと思うし。


人生なんて、こういった試行錯誤や成功と失敗の積み重ねで、ゆらがない自信が作られていくんじゃ、ないでしょうかね。

こういう試行錯誤がなくて「俺は正しい」という、勘違いの自信によって成り立っていると、それがうまくいかないときに人を責めるモラハラや、攻撃に走るDVに行き着くのではないでしょうか? だから、そういう人たちの目の色には深みがなく、放つ言葉も「正論」しか言わないので懐疑的な印象を与えてしまうのでしょうね。

こういうのは、教えられたものだけじゃ、ダメなんですよね。
web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1482-37b4bb74

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。