死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2011.11.27 00:25
 こんばんは。MacBookAirを買ったはいいものの、いまだにブラウザSafariのブックマークが使いこなせないtkiyotoですよ。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 先日、寒くなってきたけどバイクで風呂に行きましたよというのの続き(というか本編)です。

 前回は、すっかり忘れていたバイクの紹介に終始してしまったので、今回はいい天気にバイクで川沿いを走らせ、途中で停めて河川敷を歩いた時のことをご紹介しますよ。

 まずビックリしたのが、地元の小学生が作った看板ですね。


 これだけなら、どこにでもある看板なんですけど、よく見ると、おもしろいじゃないですか、流れているものが。


「ハルマキ」ってなんですか!? なぜそのチョイス?? だいたい、袋入りの春巻きなんて売ってるんですかね??
 しかも、他もよく見てみると「アヒ本生」とか「ポドチ」だとか、小学生もきちっと「世の中」のことをわかってて名前伏せていたりするんですよね。子どもだからってバカにできないのです。

 さらにおもしろいのが、実はこの看板の向かいにはなんと!


 えええっ、工場が!!

 そりゃ、小学生でも濁点つけますよね、う~ん、大人!

 これは、意図的なのか偶然なのか私にはわかりませんが、とにかく、子どもからしたら、空き缶と言えば、「アヒ本生」の空き缶なんでしょう。もちろん、ア○ヒビール工場の人がこれを見てるかどうかはわかりませんが、おそらく見ていないでしょう。

 子どもって、真実をありのままに表現するので時に残酷だなんて言いますけど、これで地元の小学校が社会見学と称して工場見学とかしていると思うと、まさに「アンビバレンツ」ですね。教科書には載っていない現実です。世の中っておもしろい。


 さて、これが雑誌とかなら「鶴の声」で即刻ボツにされそうな文章はこれぐらいにしておいて、次々と進めていきましょうかね。

 実は、この川、以前の台風の時にかなり増水しまして、もう少し先の上流では決壊までしちゃったんですよ。
 その影響で、川沿いのグランドも壊滅的な打撃を受けまして、バックネットがぐちゃぐちゃになっていたり、軟らかい土の部分が水に浸り、未だに「池」になっていたりと、その爪痕はまだ残っております。流されてきたものが木とかについていたり。

 まぁ、なんというか、美しくない! のです。仕方ないのですが・・・


なにか、色んなものがからみ合った草たち。

 でも、そんな中にあって、「おや?」と思えるものがあったのでよく見てみると、キノコじゃないですか。

 「なぜキノコ??」

 とは思ったんですが、近づいてみたら、やっぱりキノコ。金色に輝いているので、なんか、得体の知れない別のものかとも思ったんですが、触った弾力といい、間違いなくキノコでした。
謎の金色のキノコ

 食べたら幻覚を見そうなくらい怪しげな金色のキノコですが、15cm以上あるものなので、ますます怪しさがぷんぷんしていました。ただ、こんなぐちゃぐちゃな川沿いの中にあっても、ちゃんと生命は生命でそしらぬ顔で生きているんだなと「センス・オブ・ワンダー」してましたよ。


 とまぁ、実際、それぐらいしか書くことがなかったのも事実なので、最後に、増水の記録でも・・・。

 川沿いに自動車学校があったのですが、そこにあった、トラック(の上が監視所みたいになってる)が沈んだ光景です。
沈んでる

 夜中に見に行ったら水が引いて教習所の姿もハッキリ現れてきましたが、一時、かなり増水してたのでビックリしましたね、あのときは。帰るときなんて、完全に冠水していて、立ち往生している車がいたり、車が浮いたりしましたからね。



 そういうことを考えると、日々、生きているってのも、ある種の奇跡なんだなと思いますね。

 どんなまとめだよと言われるかもしれませんが。
web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1516-4da5a9ae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。