死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2012.01.31 23:59
 どうも!

 お久しぶりですみません。

 いやしかし、なんでしょう、テンション上がりますね!!

 今までかなり問題のある人間と一緒に仕事してきたのですが、やっと、やっと消えてくれました。

 ほぼ詐欺みたい(というか間違いなく詐欺的)な契約の取り方をする、異常なまでに数字にこだわる周りが見えない人間なので、救いようがないと判断し、色々と手はずを整えていたのですが、そんな人ですからなかなか思惑通りことが運ばず、ただ、今日、元々消える予定だったんですが、それにも全然従う感じじゃなかったんですが、例によって「キレて※」嵐を起こしたその後で、「(私の)上司を呼んで言い分を聞いてもらえば僕の正しさがわかりますよ」と言ってた上司の呼び出しで消え、そのまま帰らぬ人となりました。
※週に1回以上はキレます。先月末に「次キレたら終わりね」と話していたのにもかかわらず。

 社会人としてそんな去り方はヒッジョ~にかっこわるいことこの上ないのでしょうが、まぁ、ね。

 オオカミ少年で、エラそうで、ペテン師で、バーサーカーで、無責任で、DV野郎※で、爬虫類の目をしたサイコパス・・・・とさんざんな言いっぷりですが、実際にそうなんだからしかたないんです!
※新婚4ヶ月ですが、奥さんを殴ったりするそうです。ちなみに奥さんは彼の髪を引っ張るそうですが。

 世の中には、残念ながら「死んだほうがいい人間」というものはいるものです。残念ながら。

 しかし、「善と悪」という概念があるのだからそれは当然のことで、「善き人」がいれば「悪しき人」がいるのも当然のこと。

 そういう現実に目をつぶり、人を悪く思ったりしちゃダメだとか、耐え忍ばなきゃダメだとか、そんな制限ばかりかけられても、今度はこっちが病気になる。だからこそ、自殺者の数とかうつ病の数も減らないんじゃないんでしょうかね?

 「悪いものは悪い」

 そういった事実はきちんとしておかないとやっぱりいけないですよね。

 今回のことで、ホントにそう思いましたよ。

 もちろん、その彼は口癖のように「僕、間違ってませんよね?」「僕、正しいこと言ってますよね?」「アイツ、おかしいですよね?」と言っていましたが、そもそもその「基準」ってなんでしょね? まぁ、彼にとっては「自分が間違ってるハズがない」という困った信念をお持ちだったということに尽きるのですが。


 そもそも、

 「これが正しい」

 なんて絶対正があるというのなら、誰も勉強しなくていいし、世界に宗教は一つでいい。だが、そういうわけにも現実にはいかない。

 南の島で平和に暮らしていた家族が、大国の核実験により住み慣れた土地を離れなきゃいけなくなる・・・・なんてことも、現実にはある。それでも、大国側の「自分たちの領土だから」という主張を「正しい」と言う人もいるし、「いや人としてそれはおかしいだろう」と言う人もいる。

 それを左右の思想の考え方に分けるのもよく使われている方法論だが、どちらにしろ「正しい」をアピールする人間はそもそも信用に値しないことが多い。それを「疑え」ということを教えてくれるのがいわゆる「高等教育」というやつだ。

 だが、その「正しさ」というものを強く持っているものに惹かれていく人間がいるのも現実。自分の中に強い強い「正しさ」というのを持つのは並大抵ではないから、そこに頼りたくなる。

 それが「宗教みたいな」会社であったり、「宗教」そのものであったりするわけで。

 オウム真理教は端から見たら異常な集団以外の何者でもないかもしれないが、その中にいればそこでの「正しさ」が「絶対正」となっていくのもムリのないことだろう。我々も、日本の中にいれば「常識」のことも、他の国では違うなんてこともたくさんありますよね。


 今回サヨナラしたそのサイコパス君も、体育会系の会社から、その取引先に出向して、その立場でかなり保守的な大手企業の仕事を引き受けているウチの会社の下請け的な仕事をしているのに、それを指示監督する立場の私に対して「オマエ」と言ってくるぐらいだから、そうとう違う世界で生きてきたのでしょうね。

 だから、彼には彼の正義があったのかもしれないが、でもやっぱり、それはそれとして、平気でウソをついたりできる人を、信用することはやっぱりできないんですよね。

 それがめぐりめぐって「信用」になり、それがないからこそ、多くの人から「消えてほしい」そして、実際に消えたら「ホッとした」とされてしまうわけ。

 本当に信用ある人なら、そんな態度とられないですよ、よっぽどひどい所でなければ。

 もちろん、彼にとっては、「こんなに」正しい自分がひどい目に遭わされる方がワケわかんないという感じなんでしょうが、そういう「そちら側の正義」にこだわるんならやっぱり、そっちで暮らせばいいだけだって、誰だって思いますよね。


 そういった「現実」に目を向けずに、自分のやりたいことばかり主張し、追いかけ続けた結果、結局足下から崩れてしまった・・・・ってのが、彼にとってのこの3ヶ月だったんでしょう。仕事をするためには、足下を固めないとダメですよってことですよね。

 そんなこともわからない人が、よく世の中語ってたよなぁ・・・・と思いますが、「営業系」の会社にどっぷり浸かって、数字とお金だけで全部計れると勘違いしている典型的なコゾーだったなと思います。今思えば。

 そんなバラガキに、まともに接したのがバカだったんだなぁ・・・とちょっと反省。

 まぁでも、これ以上一緒にいても人生のムダだったんで、ちょうどよかったです。いい経験でしたけどね。サイコパスって、間接的に相対したことはありますけど、実際に当事者として相対すると、こういう感じなんだなって、非常によくわかりました。

 「社会」に対する感性が著しく欠乏している。
 だからこそ、平気でDVができるんだろうし、ウソとばれるに決まってるウソをついて仕事をとろうとする。しかも、堂々と「目先の利益を追ってちゃダメですよね」と言ったりね。スゴイよねぇ・・・・そういう意味で「病的」でした。

平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学
(1996/12)
M.スコット ペック

商品詳細を見る

 「悪というものは、自分自身の罪の意識を拒否することから生じる」(文中p.285)

 罪の意識がないから、平気でウソをつける。
 「○○さんも僕が正しいって言ってましたよ」⇒その人に確認「そんなこと言うワケないじゃん」・・・・・なんでこんなこともわからないのかとホントに思うのだが、ホントにわからないから怖い!! 想像力がなさすぎて、ホントに爬虫類の脳なんじゃないかと思うぐらいだ。たぶん、自分と仲良く話してるから自分の味方をしてくれると信じて疑わないだけなんだろうが、キライでも仲良く話すよ、特に女はねぇ。

 そんな恐怖から解放されてホッとしている、というワケですよ、うん。

 そんな人間を抹殺せず他に丸投げしたような気がしないかって?

 いや、そういう人間はどこへ行ってもダメですから、まさにその事実こそが彼にとっての「罰」なんでしょうね。ちょうど、人を殺すのが好きな兵士みたいなものです。「俺様が現場で活躍してるから戦争に勝ててるんだ」と言って、時にはレイプしたり掠奪したり軍紀に違反したりと好き勝手して、結局、どさくさに紛れて味方に殺される・・・と。

 「彼らは、真の恐怖のなかに人生を送っている。彼らを地獄に送りこむ必要はない。すでに彼らは地獄にいるからである。」(文中p.92)

 歴史上そういうことがゴマンとあるというのに、こういうことがなんでわかんないのかなぁ~と、高校時代に思って物書きを志した私としては、非常にいい経験をさせてもらいましたよ。

 やっぱり、「バカは死ななきゃ直らない」って死語にならない理由があるんですね。
web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1525-48d35474

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。