死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2012.05.26 01:08
信じる、信じない。
それはすべて、自分の問題。
相手が信じられる人かどうかである以前に、
自分の問題。

信じて裏切られるのが怖くて信じられない。それもある。
信じて馬鹿を見るのがイヤで信じられない。それもある。
信じて損をこくのが耐えられなくて信じられない。それもある。

どれもこれも、「信じる」ことができない理由は、自分にある。

だが、「信じる」ことで貴重な人生の時間を棒に振ることもある。

ただ、「棒に振る」ことがイコール、ムダなこととはならないのではないのか?

人生は、ムダと思えることに価値があることだってある。
というよりはむしろ、ムダなことの積み重ねが人生なのだ。

それを避けていたら、人生は拡がらない。
たとえ拡がったとしても、薄っぺらい。

そんな人生を、自分は送りたいのかどうか。


ツラい思い出かもしれないけれども、
思い出すのもキツいかもしれないけれども、
まさに「それ」が今の自分を作っている。

それこそが「事実」であり、
それを乗り越えてきた「事実」こそが、
今の自分を作っているのだ。

そんな自分を、自分自身が愛せなくてどうするというのか。

確かに、自己愛は時として愚かさを生む。
だが、何もしないで愛するのではなく、
愛する必要があって愛することの、一体どこが悪いというのだろう?

傷ついた自分を愛せるのは、自分しかいない。
傷ついた自分を愛してくれる人が、本当に愛ある人ではないのだ。
そんなのは、誰にだって、できることなんだ。
愛情じゃなく、同情でだって、できることなんだ。

愛は、もらうものではない。
つくり出すものなのだ。

信じれば愛が生まれるわけではない。

ただ、
信じなければ愛など生まれるはずもないのだ。
web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1547-ac53325b

-
管理人の承認後に表示されます

2012.05.26 03:40 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。