死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2012.08.24 01:54
 休みの日って何してる?

 よく聞かれますよね、社会人になると。えっ、聞かれない?? 聞かれない人はきっと、自分で喋ってるか、どうでもいい存在かのどちらかだと思いますが(←そんなことはないだろ、失礼な)、私は、あまりにも自分のことを話さないせいか、休みの日の行動から、人となりを理解しようとみなさん思われるようです。

 で、その時に私がどう答えてるかというと・・・「何もしてないかなぁ・・・あとは片づけ?」

 というような答え。これにはみなさん納得されないんですが、今日も、掃除してましたからね。そんなこというと潔癖性で隅から隅まで丹念に掃除したのかと思われてしまいそうですが、実際には掃除機を30分ほどかけて、カメの水槽の水の入れ替えに40分ぐらいかけた程度。
 あとは、洗濯ですかね、ベッドの敷きパッドやら、トイレやキッチンのマットとか、あとアイロンとか。

 ・・・・いや、他にもあるだろうと言われるかもしれませんけれど、今日は眼科いったり、甥っ子の誕生日プレゼント買ったりとか、本当に、趣味っぽいことは何もしていない。だから、何もしてない。

 休日は特に、時間を有効活用してないからダメなんだとお叱りを受けそうなぐらい非効率な行動をしていますので、特に「何かしてる」というワケではない。というか、みなさん何してんですかね?逆に。


 まぁ、今の世の中って、仕事に必死にならないと給料もらえないってワケじゃないですからね。中には、休みの日しか楽しみがない、という人もたくさんいますよね。仕事は、お金を稼ぐ手段(であり、その他ちょっとしたことをくれるくれる場所)。

 人の価値観はそれぞれですから、それが悪いとは思いませんけれど、そういう人から見ると、せっかくの休みに、特に何もしてない私って、とってもヘンなんでしょうねぇ。
 でも、休みの日は、仕事の疲れを癒す日なので、特に何もせずのんびり疲れを癒しながら、マンガ読んだり、家のことしたりってのでいいんじゃないですかねぇ? ダメですかねぇ?


 ・・・そう考えるのは、私の中では(あくまでも私の中では)本業が「物書き」で、週5でやっている仕事は「趣味」と思ってるからで、かといっていいかげんにやるのでもなく、必死に仕事して、その中に遊びを見出したりとかしてるからかもしれませんが。

 普通に考えたら、だったらいわゆる「休み」に本業やれよ、週末作家はたくさんいるぞという風に思いますよね?

 でも私は、そうやらなきゃいけないとは思いつつ、のんび~りしてしまいます。

 いや、書こうと思っても、書けないんですよね(開き直るなよ)。
 むしろ、仕事で外に出てきた日の方がよっぽど書ける。

 それは、感性のスイッチが働いているからっていうのもあるけれど、やっぱ、なにかしらのプレッシャーを感じている方が、気持ちにハリが出るからでしょうね。部活やってた方が、試験も成績良かったですからね。試験中に部活休みにするよりも。

 だからたいがい、図書館とか行ってがんばろうと思っていくんですけど、現実としては、本を見つけて読むだけ・・・って事が非常に多いですね。で、帰ってから、書く気になるというか・・・。なかなか、思い通りにならないんですよね、「書く気」って。

 ま、「気」がつくように、気持ちの問題なので、気持ちが集中できていればどこだろうと書けるのですが、書こう書こうと思っていると逆に、書けなくなることってありますよね。皆さんはありません?


 私もこうやってネットで日記(?)を書いてはや10年以上が経過しましたけど、その中で、やっと「どうやったら書けるのか」っていうのが見えてきましたよ。

 たしかに、「毎日書く」と決めることや、「ネタがなくても画面と向き合うこと」といったことは、たしかに正解なんですが、そもそも、その前段階である、「なぜ書きたいか」「なにを書きたいか」自分の中で明白になっていれば、自ずと指が動くものです。

 そもそも、「書きたい」人が書いているんですから、その、「書きたい」という想いというか、『種火』でしょうかね? それを燃やし続けることこそが、書き続けられる習慣を維持するってことかもしれませんね。

 これは、書くことだけに限らず、「こうしたい」という理想の灯火があるからこそ、種火を燃やし続ける必要があるし、薪をくべたり風を送ったりする必要があるんですよね。


 私がこの、Web日記生活で身につけたスキルは、とにかく、書き出してみると書けてしまうってことです。今日の内容だって、なーんも考えずにはじめたら、こうなりました。

 最初のテーマからかなり逸脱しているように感じるかもしれませんけど、『経験』を積めば、自分の中に書くべき『理由』があれば、自然と書けるものですよね。今、ひじょーに眠いですけど。

 そこから考えるに、私が休みの日に何をしているかというと、パッと見はなーんもしていない。だけど、その中身は、次に書くものの情報を、自然と仕入れるための、日常のリセットをする大切な時間なんですよね。いわゆる「仕事」していては、絶対得られない感覚とか感性とか経験とかってあるじゃないですか? そのための、リセットタイムが、私の休みの日、だということです。

 だから、私は休みの日に風呂に行ったりすることもありますね。

 ほんの少し前まで「休みなんだから書かなきゃ」と想ってちっとも書けなかったですけれど、外部からのプレッシャーがない状態だと、内部からのものだけになるので、どうにもね。

 そんなこと言ってるのは、休みを利用して長編をつくろうっていう『灯火』が、そもそもないからでしょうね。それがあれば、「休み?ラッキー!!」ってなるはずですもんね。

 ま、こんな真夜中に、睡魔と闘いながらこれを書いている人間の言うことではないですけれどね。
web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1569-03308318

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。