死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2013.08.24 02:35
 24時間テレビ直前スペシャル版、『嵐にしやがれ』を観ましたよ、ええ、先週の。

 なぜか要潤が讃岐うどんネタで登場し(※ここでいう「なぜか」は24時間テレビとの関係性についてであって、要潤がうどん県副知事であることではない)、その次に森山直太朗が登場。最近、オネエ疑惑があるけれど、ついつい人前でだけやってしまうが、実際はノーマルだとか、そんな話のなか、いい歌を即興で作ってしまう(けど本人はいつも満足していない)というネタが。

 森山直太朗といえば、最近はファンケルのCMが有名かもしれませんが(私は人に言われるまで森山直太朗だとちっとも気づかず、ファンケルの歌のうまい社員だと思っていました)、やはりそこは森山直太朗。24時間テレビでマラソンをやる、森三中の大島美幸の応援ソングを即興で作るという話になって、1時間半くらいで即興で作った歌は、「タピオカミルクティー」とか「ノーリバウンド」とか出てくるのに、なぜか聴かせる歌になってました
 
 そこで思ったのが、ケネス・ヒルデブランドの「人は、自分の才能を悪しき目的に使ったためでなく、まったく使わなかったことに責めを負うべきだ」という言葉。

 単に歌がうまいというだけじゃなくて、人の心の琴線に触れられる歌を歌える人は、やはり歌を歌うべきなのだなぁと思った。


 それは、どんな仕事でも言えることで、それが「やれる」以上はやはり、やらなきゃいけないのだ。

 私も、なんやかんやと新しい仕事が舞い込んでくるのに対し、お金がまったく増えないという状況について、色々と暗い方向に考えてしまいがちだが、やはり、これも下積みだと思い、自分が必要とされている以上は、「ここにいてはいけない、もったいない」と言われるまで、精一杯仕事するしかないのかもしれない。

 実際、これまでもそうしてきたし、きっとこれからも、そうしていくのだろう。

 そうやって本当に道が拓けていくのかどうかはわからないけれども、少なくとも、私の書いた文章で誰かの人生が好転するのならば、私もきっと、文章を書かなければいけないのだと思う。その形が果たして、路傍に咲く花のように多くの人に知られずに、気づいた人だけにしか意味のない存在になるのか、それともまったく違う風になるのかは自分の行動次第だと思うが、とにかく、その才能の大小はあれど、やはり人は、その才能を使うべきなのだというのは疑いようのない事実だ。


 確かに、才能を悪用する方が、才能を使わないことより悪い感じはする。

 だが、世の中とは、大きな意味では「よき方向」に自然と流れるようになっているものだ。
 それは別に神がそうしているからとか、そういうことじゃなくて、人々の生活が継続し、歴史を紡いで来た行動プロセスがよかったからこそ、それを「よき方向」と人々が価値感づけているだけだ。

 だから、才能を使うことは、悪しき方向に使ったとしても、それは必ず「よき方向」への見えない力が働き、その悪しき方向を正そうとする人や動きに洗われていくのだ。
 もちろん、それがそのまま行くかもしれないし、手遅れな人もいるだろう。

 だけど、「よき方向」に流れる時の河は、そういったものも飲み込んでいくのだろうと思う。


 原発でどうとかこうとかあるけれど、東日本大震災で福島よりも震源地に近かった女川原発は、「未曾有の大洪水」の歴史に学び、そこまでする意味があるのかという周囲の反対もあるくらいの安全性を盛り込んで作られた。

 かたや福島は?

 その結果は、皆さんの知るところで、福島は収集がつきそうもないのは、それに携わった人たちが、「自分のすべき仕事」に最大限の努力をしなかったからだろう。もちろん、今、福島で作業している人たちが最大限の努力をしていないかといったらそんなことはないのだろうが、起こる前に精一杯のことをやっておかないと。起こってからでは手遅れなのだ。

 そういった意味でも、「才能を使わなかったことに責めを負うべき」というのもうなずける。

 その結果として「悪しき結果」を生むことになるのだから。
 そしてそれは、悪いことしか生み出さない。
 
web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1610-b60e248a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。