死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2013.08.29 01:01
 今朝、電車に乗っていた時のこと。
 夏休みなので扉の前に小学生の女の子が二人がいたのですが、その前に立ちながらメイクしているOLが。まぁ、まぁね、いますよね、メイクする人。たとえ小学生の前であっても、やる人はやりますよね。

 でも面白かったのが、その光景を小学生がずーっと見ていたこと。「私はあんな風になりたくない」と思ったかどうかはわかりませんが、駅について扉が開いても、人が言わないとどいてくれなかったりするそのOLを見ていた小学生は、「ちょっと、近すぎじゃね?」というぐらい近づいてそのOLを見てるじゃないですか。親子?ってぐらい近く。

 それでも委細かまわずOLさんはメイクをしているのはきっと、余裕が全くないからなんでしょうね。
 私も、メイクとかよりもなによりも、シャツの袖のやや後ろ面に穴が空いていたこととか、シャツの襟元がヨレヨレなのが異様に気になってしまいました。

 「電車でメイク」というのは「美しくない行動」の代表格ですが、それでも立ちながら(しかも結構揺れてるのにも関わらずふんばって)、小学生に間近でガン見されながらでも、メイクを必死にする光景は、知らない世界の人が見たら「彼女はメイクをしないと死刑になるの?」というくらい不思議な光景でした。はい。

 まぁでも、なんでもそんなもんかもしれませんよね。
 ユーザーサポートが悪いのに「なぜ売れないんだ?」とかいう企業とか、市場が縮小しているのに拡大路線をやめないで「数字が伸びない!」といってる企業とか、店員の質が悪いのに酷評した出版社を訴える企業とか。俯瞰的に自分を見られる人になることって大事ですよね。

 とくにこんな夏休みは、どこで未来の大人たちが見ているかわかりませんから。
web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1611-64e91a82

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。