死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2013.10.15 23:50
 こんばんわわわわ。

 連日のふざけた挨拶でごめんなさい、tkiyotoです。

 今日は関東に台風が近づいてきているということで、「日本の一大事」みたいな報道も目にしますが、しかし、関東を通り越して東北の方がよっぽど大変ですよね、真面目な話。

 真面目な話といえば、「雇用の流動化」って、ホントに効果あるんかな?って思いません?

 いわゆる「労働者」をユニット工法よろしくとばかりに、「無駄なく活用」するには最適ではあるんですが、そればっかり増やしていると、新しいものを何も生み出せなくなりますよね。今日も、その、「雇用の流動化」の最たる代表である契約社員(まぁ、私もなんですが)のPDCAシートを見ましたけど、何もプランしていないし、書いてあってもコピペだし、目標も書いてない。

 私個人としては、PDCAで全部解決できるわけないのになんでもPDCAっていうのはどうよ?って思ってはいますけれど、それはあくまでPDCAが乱発されているからであって、PDCAそのものが使えないのはそれはそれでどうかなと。

 でも、仕方ないんですよね。
 真面目に考えれば、「雇用の流動化」をしてしまえば当然、スキルが伸び続けるってことはないです。流動化しないでスキルアップしてた方が絶対に上ですからね。それと勝負して勝てるわけがない。でも、多くの企業はそれを選択してきたし、それで危機を乗り切ろうとしてきた。バブル崩壊の反動から。

 手垢のついた表現だと、こういうやり方していたら当然、iPhoneもiPadも生まれないですけど、それ以上に何よりも、「その先に何があるの?」という気がしてしまいますよね。

 「雇用の流動化」素晴らしい。便利だ。雇用に貢献している。

 でも、その先に何が? 見えるところは何もない。なにせ、そこそこの部品の流用をしているのと同じですからね。それってすなわち汎用品の作り方であり、それはつまり、汎用的な会社、つまり「他と差別化の図れない、淘汰されても仕方のない会社」になるという意味でもあります。


 そこまで未来を見据えて「雇用の流動化」を謳っていたのかは定かではありませんけど、誰にとっての流動化かを考えたら、業績が悪い会社のためのものなので、それで一時的に悪い数字を良くできたとしても、何の改善にも至らないってことも往々にしてあるでしょうね。

 真面目に考えたらわかりそうなことなんですけど、その「便利な言葉」に惑わされた経営者のなんと多いことか。ま、そういうことって、何にでも言えますけどね、「便利なものほど、危ない」。

 理由はカンタンですけどね。
 考えなくなっちゃうんですよ、真面目に。

 原発のことも、「経済が止まる!」って煽ったら、未来のこととか考えなくていいですもんね。すっごい楽ですよね。あと30年も生きられないオッサンたちからしたら、すっごい楽。でもあと80年生きなきゃならない子どもたちからしたら、すっごい苦痛だと思いますけど。

 新聞のワードになるような言葉って、便利なようで、怖さもありますよ、ホントに。
web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1618-3a286a8b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。