死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2013.12.18 00:28
 こんばんみ。
 相変わらず仕事をしまくっているtkiyotoですよ。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 毎日毎日、「仕事をしすぎた」「その割に給料に反映されない」とため息をつく日々ですが、しかしあれですよね、今の自分は、今の自分が望んだ現状になっていることが現実としてはあるんですよね。

 たとえば、「仕事は常に認められるし、周りから頼りにされる」割に固定給だから給料には全く反映されない・・・と思っていたとしても、逆に「仕事で認められないとか頼られないのは嫌」という自分がいてそうなっているわけで、実際にそういう状態になってしまったらとっても不幸ですよね。たとえ給料が良くても。

 そんなわけで、自分が望む人生を生きていると言えば生きているのが人間というわけで、悪いところばかりに目が行きがちだけれど、その悪く見えるようなところも、実はある種の必然であり、それが自分のためになっているという側面があることも決して忘れてはいけないんですよね。


 逆説的に考えるならば、状況を変えたいのならば、自分の行動、その大本の意識から変える必要があるというのはもっともなことで、自分に望むものだけを「on」していくような都合のいい考え方がまかり通らないのもまた、必然なんですよね。

 よくいるじゃないですか、結婚したからと言って配偶者に自分の権利ばかりを押しつけても平然としている人。
 そういう人も発想は、自分という人間が正しさの中心であるという想いから「on」の発想になって、それを積み重ねて行くことでより、相手の立場に立てなくなっていき、自我を強化するあまり、どんどんと精神的な孤立に追い込まれて、たとえばある日突然離婚される・・・なんてこともあるので、物事に対して謙虚な気持ちになることで、自分のしていることを素直に「認められる」ようになる・・・という心持ちも大事だね、と風呂でホッと一息ついたときに思ったりしました。

 皆さんも、思考が堅くなりがちな冬こそ、お風呂に入りましょうね。
web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1622-82fc5de8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。