死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2015.11.23 01:56
昨日、11月22日は「いい夫婦の日」でした。

そんな日に私は何をしてたかというと、そうなっていない状態の夫婦のために「別居合意契約書」を作成し、最近使ってない「スーパークローザー」の技術を使い、とりあえずとしての別居の話し合いをスムーズにとりまとめておりました。


実はその前日、来年結婚することになっている、若い二人のお祝いをしており、これから夫婦になる二人と、これから夫婦をやめるかどうか考えてる二人を連続で見たわけなんですよね。

これから夫婦になる二人には、たんに「好きだから」という気持ちだけでなく、夫婦に大切な、「感謝」「尊敬」「想いやり」がお互いにあるのがよく伝わりましたが、これから別居する二人には、それを感じませんでした。

ホントはきっと、あるはずですし、なければ夫婦なんてうまくいくはずないのですが、それが表に出ることはないし、それに本人たちが「気づく」ことがなければ、周りがアレコレしてもムダなんですよね。
だって、夫婦間が一番密接でないといけないわけだし、夫婦の中で育てていくものなんですから。


今後、別居をする二人がどうなるかはわかりませんが、これまで近すぎて見えなかったことを、この冷却期間の中で、

相手と本当にどうなりたいのか?
今後の人生をどうしていきたいのか?
自分一人で生きていけるのか?

冷静に考えて、自分で答えを出してほしいものです。

幸い、今回の話しあいで、今まで話し合えなかったことについて話ができ、共有できたのは、「進歩」だと思います。


もちろん、別居なんてしないに越したことはないんですが、そういったこともあるのが人生ですし、人生を真剣に考えるから、できることもあるもの。

それに気づいて、前に進めるか、それとも普通に簡単に「一緒にいるのが苦痛だから」と別れを選択するか。

人の生き方はそれぞれなので、どの選択をするのかは自由ではありますが、人は一生、自分の生き方を、問われ続けるものです。

そして、それを写す鏡が、夫婦なんだと思います。


二人でいる時の関係や雰囲気は、決して一人では作れません。

だから、「素敵な夫婦」は誰が見ても素敵だと思うし、そうでない夫婦は、いくら片方ががんばって取り繕おうとしても、周りからは取り繕ってるのが丸わかりで、むしろ心配のタネにすらなる。

結局、「夫婦」なんてのは、社会的な意味とか、国家運営的な意味ももちろんないわけではないんですが、そんなのは微々たる要素であって、一人の人間対人間の、継続的な関係でしかないんですよね。

だから、内心、「コイツとはそのうち別れるし」と思っていたら関係修復のためのアクションなんてするはずもないし、「この人は、お金を渡すと何するか信用できないから渡さない」と思っていたら、信用そのものをしなくなる。
それじゃ、うまくいく方が「奇跡」。

継続するために、何が必要なのか?
譲歩なのか、相談なのか、はたまた分担なのか?

「いい夫婦」はそれができてるし、だから結果的に、それを実感し、成長する喜びを得るプロセスをさらに継続させるから、より、「いい夫婦」となっていく。

それはたんに、「いつも一緒で仲よさそう」という表面的なものではなく、精神的なもの。

だから、「いい夫婦の日」に表彰された夫婦が離婚するのだって、あり得ること。それが「残念」とか「夫婦なんてそんなもの」なんて言うのも、変な話。

夫婦二人が、「いい夫婦だ」と思えることが、周りに評価されるよりも、ホントはずっと大切なこと。
だって、仲がいいように“見せる”ことは誰でもできるけど、夫婦二人が「いい夫婦だ」と思えるのは、お互いが実感していなければ実現しないことだから。


相手のことを見ることで、嫌なことばかりが見えて、ダメになることもあるけど、そのアプローチじゃ、「夫婦」という関係を見ることなんてできない。

『星の王子さま』を書いた、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリは、愛とはお互いを見ることではなく、同じ方向を見ることである」とうまく表現したけど、たとえそれが「別居」であっても、二人の問題を解決するプロセスにそれぞれがアプローチすることで、見える夫婦関係もあると思うし、そうすることで次のステップに進めるのなら、それでいいんだと思う。

同じことを繰り返さないためにも、です。



なお、「いい夫婦」について真剣に取り組むんなら、石井希尚『この人と結婚していいの?』を二人で読むのがオススメですよん。タイトルは過激ですが、中身は過激じゃないのでご安心を。
web拍手 by FC2

このコメントは管理者の承認待ちです

2016.01.27 14:01  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/1640-6249eb72

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。