死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2005.04.17 23:58
新聞を見ていたら、『サン・ジョルディの日』(※)特集ということで、とある女性ユニット(たしかBreezeとかいったかな)のオススメの本の紹介が載っていた。
※サン・ジョルディの日…男は女に花を、女は男に本をプレゼントするというスペイン、カタルーニャ地方の風習。日本でこれを意識したカップルというのはあまり聞いたことはない
こういうと「女に本はいらないのか」という女性もいるかもしれないが、そうではなくて、そうしなきゃ男は本を読まない奴もいるということだろう、きっと。


そこまでならよくある話だが(ないよ)、その中のひとりの本の紹介文が笑えた。吉本ばななの作品『High and Dry(はつ恋)』なのだが、薦める理由が凄い。

「現実逃避したいと思った時に最適」



げ、現実逃避ですか?!

アブナイおもしろいことを言う。しかも現実逃避から脱するためじゃなくて現実逃避するためだからね。

伸びるよこの子は!(さんま風に)


そうか、そうなのか。世の中そんなもんかもしれんよな。いろんな人といろんな需要の絶妙のバランスがしいてはブームを生むんだしね。
ミステリーやサスペンスのサイコすぎるキャラクターも、サイコだから意味があるんだよね。

現実逃避というのは悪いことではない。
なぜなら、それは自分の内在意志が必要としていることでもあるからだ。また、なにやらヤバいイメージがあるが、自分自身がなにより『現実逃避』とわかっているなら帰ってくることができるから大丈夫。ファンタジーも帰ってくるから意味があるんだよね。
『現実乖離』じゃまずいけどね。
High and dry (はつ恋)
High and dry (はつ恋)
posted with amazlet at 05.04.17
よしもとばなな
文藝春秋 (2004/07/23)
売り上げランキング: 26,418
通常24時間以内に発送
web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/17-1cc85a2e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。