死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2005.09.14 23:56

Yahoo!新着を見ていたらこんなものを発見。

ミラクルバナナ - バナナの木から紙を作るミラクルなプロジェクトが映画化。10月に愛知、岐阜で先行公開。

み、ミラクルバナナ? あの、ゲームの?※ とも思ったが、どうも違うらしい。なんてったって「ミラクルなプロジェクト」というんだから、そんなのとは全然違うだろう。
※「ミラクルバナナ、バナナと言ったら黄色→黄色と言ったらレモン→レモンと言ったら酸っぱい・・・」と言って輪になってつなげていく遊び・・・・それは「マジカルバナナ」だ!!

サイトによると、なんでも、バナナの木から紙を作るという30年前じゃ人びとの歯牙にも掛けられないような作品だが、なんと言っても環境志向の世の中だから、にわかに注目を集めているようだ。「からくりテレビ」に出てるアドゴニーが出るからではないはず・・・たぶん・・・きっと・・・。

しかし、「タヒチとハイチを間違えた」大使館員って・・・どんな設定だよ。
でもそれぐらいじゃなきゃ若い女の子がハイチという大西洋に浮かぶ貧国にはいかないよな。もちろん、そういうところに好んで行く女の子も実際には(かなり少ないと思うが)いるけど、そういう女の子を主人公にすると、キャラが勝ちすぎちゃってテーマがぼやけちゃうのよね。特に最近の(日本の)作品はアクの強いキャラよりどこにでもいそうなキャラを通じてテーマに触れさせるという傾向が多いからさ(ないとは言わないけど)。

そう、『白鯨』のエイハブ船長みたいなのは軽く見るのに適さないキャラということで避けられちゃうんだよね。

エイハブ船長「そうか、そうだったのか、嵐を出て嵐へ入って行くのか。よかろう、激烈な陣痛のなかに生まれてきたのだ、人は、激痛のなかに生き、激痛のなかに死ぬ。それでいいではないか。激痛の悲苦にさらされているものがここにいる、よかろう、耐えてみせようぞ」(強調は管理人による)

・・・こんなセリフになかなかお目にかかれないよな。絶対みんな「よくねーだろ!」ってつっこみたがると思うし(読めば言わない、いや、言えないと思うが)。

ま、『ミラクルバナナ』という軽いタイトルで、そんなアクの強いキャラだったらたしかに引いちゃうけどな。
私の住んでる街で先行公開というのだから(理由は公式サイトでも参照してくださいな)、気が向いたら見に行くかな。アクの強い役回りをするであろうアドゴニーに期待して(←えっ、いつものエコロジーは?)

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/170-5815db73

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。