死ななきゃOK

死んだ方がいい、死にたくない、いろいろあるかもしれんけど、とりあえず、死ななきゃOK。っていつも言えたらなぁ・・・

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
トラックバック(-) | コメント(-) | この記事のURL | 編集 |
2005.12.21 23:55

 上司の予想はピタリと合っていた。

 新しい年上(かなり上)の新人が入ってくる。その面倒について上司は、「A君は年上だから扱いにくいと気にするタイプだから、君頼むよ」と頼んできた。そして実際、A君からも「俺ああいう人(年上元ヤン、でも下っ端っぽい)苦手だから頼む」とロクに話してもいないその人のことを避けていた。

 別に私は元ヤンが好きとか嫌いとかそんなのはないが(ヤンはあまり好きではないが)、よくよく考えてみれば私は比較的どんな人間でもオールオッケーな人間だったような気もする(あくまで比較的)。もちろん、人間として問題がある人はダメだが、基本的にはすべての人を平等に扱うべしと思っているからかもしれない。もちろん、仕事の上下が人間の上下と思ってないからというのもあるが。

 まったく意識したことはなかったが、他の人がする人種や信条に左右される人物評価に不思議に思っていたが、それはそういうことだったのかもしれない。まぁ、私の場合はそれが自分の感情で左右されるから、落ち着いて接すれば、おのずと冷静なそういう結果が導き出されると言うことだろう。

 まぁ、ぶっちゃけた話をすると、私はどんな人にでも浅いから他人のことを気にしないだけなのかもしれない。よく「他人のことなんて知ったこっちゃない」なんて言ってるが、まさにそうだからな(注:自分にとってどうでもいいだけで、他人が死のうがほっとく、という意味ではない)。神経質で嘘ツキというわけだ。
 そう考えると、毛嫌いの多い人は、相手を取り込みすぎるという、いい面が悪い方向に出たということだろうか? ……その逆の私はリストラ役に向いてるかもしれない。

 「別に仲良しこよしになる必要ないのにねぇ?」と思う私がおかしいのだろうか? たぶんそうなのだろう。よく飲みに誘われるのもグループ分けがされているのに、別のグループからも誘われるのは、やっぱりそういうどっちつかずの性格があるから、(ドライな物言いをすれば)向こうもグループの勢力に組み込もうとしているのかもしれない。派閥のメカニズムだ。 次第に勝手にグループ分けして誘われなくなるが、誘われたら行く人間だ。・・・コウモリ人間? いやいや、違うぞ。

 それとも単に私が、おっちゃん、おばちゃん、中国人、フィリピン人、ブラジル人、国立大生、バカ高校生、アーパー女子大生、真面目少年など雑多な人がいるところで働いてきたという経験が生きているからだろうか? そういう平等な視線を身につける努力をしようとしたというのもあって始めた仕事だったからなぁ。結果に結びついたと言うことか。

 なんにしても、A君はそういう欠点があって、私のそんなとこを長所と見た上司は、やはり管理職に必要な能力を持っているんだなぁ、そしてそれが管理職に一番求められてることなんだろうなぁ、としみじみとする。

 そして、こんなことをつらつらと書ける自分はやっぱりドライなんだなぁとしみじみする。 ああ、ヤバイ人生。それでも友達でいてくれる人たちがいるのだから、感謝するしかない。

web拍手 by FC2












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tkiyoto.blog6.fc2.com/tb.php/272-f0d40a51

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。